40代の着痩せコーデはテクニックでカバーする!お手本細見えコーデ

40代になると体のラインが崩れてくるもの。部分的な変化や、肉付きの場所も人それぞれですが、ファッションの選び方次第でみんな着痩せすることが出来ます。今回は、体重はそんなに変わらないのに太って見えちゃう原因と、40代向け着痩せコーデテクをご紹介します。

編集部Cちゃん
編集部Cちゃん
【この記事を書いた人】
元ファッションアドバイザーの経歴を持つ
編集部Cが解説します!

40代が着痩せする方法とは?太って見えるのは何故?

20代、30代にも同じような服を選んでいたのに、40代になった途端なぜか太って見えてしまう・・・。その原因は、年齢と共に体型の変化に応じた服の選び方を知らないからです!

1.体と年齢に合った服選びを行う

40代らしい服選び
着痩せは清潔感から生まれます。痩せて見える女性には、爽やかな印象があるはずです。できるだけジャストサイズのものを選んで、清潔感のあるコーデを心がけましょう。

それから、40代の大人の女性ですから高級感(安っぽくない程度でOK)のある服を身に付けましょう。上質な素材を身に着けることで、自分の気分が上がりますし、きちんとした印象を持たれて清潔感が増します。

▼一緒に読まれている記事▼
40代に人気レディースファッション通販10選!おすすめ大人カジュアルブランドを厳選

2.素材とカラーに注意する

素材とcolorに注意する

厚手の生地や、レザー、スタッズ、大きなフリル、などゴテゴテと固そうな生地は、太って見えるので避けましょう。とろみやハリを感じさせる柔らかいシャツ素材を選べば、体にフィットしても体のラインが出にくいので、着痩せ効果が実現します。

また、ネイビーやブルーなどの寒色系や原色に近い色を使うと、着痩せ効果が期待できるのでおすすめです。逆にピンクやレモンイエローなどのパステルカラーは膨張色なので要注意。使いたい場合には、インナー差し色として使いましょう。

3.コーデのラインを意識する

40代の着痩せコーデ

体のラインを細く長く見せることができれば、着痩せ効果が生まれます。ボトムスに沿って広がるAラインや、ウエストの部分で引き締めるXライン、全体を同じ色に統一するとか、ロングカーディガンを羽織ることで直線的なフォルムを生み出すIラインなどは、着痩せ効果抜群です。

さらに、細く見える部分をチラ見せさせることで、体全体を華奢な女性に見せる効果があります。例えば、手首や足首をロングスカートやパンツなどの裾から見せることで、細い体の女性という風に見てもらえます。細い手首や足首は女性らしさの象徴ですから、フェミニンな印象のコーデにもできるでしょう。

▼一緒に読まれている記事▼
40代女性の”脱おばさん”体型カバーファッション!コーデのコツとおすすめ補正アイテム

40代おしゃれさんの上手な着痩せコーデ♡

・大人可愛いAラインワンピース

大人可愛いAラインワンピース

出典:WEAR

Aラインのフォルムを作り、全体的に縦に流れるようなラインを作ることによって、全体的に着痩せして見えるコーデです。特にお腹まわりのお肉が気になる40代の女性なら、ウエスト部分が気にならないジャンパースカートがお助けアイテムとなります。ネイビー

のロング丈のジャンパースカートなら、体のラインをすっぽり隠してくれるのでおすすめです。

・ワンカラーで統一させて長く見せる

ワンカラーで統一させて長く見せる

出典:WEAR

モスグリーンのロング丈ワンピースを選ぶことで統一感ができ、体に無駄なラインが入らないので着痩せを実現しています。小物やサンダルなどもベージュやアースカラー系で、同系色を徹底。洗練されておしゃれにも見え、縦のラインが強調されることで足が長く見えるようなコーデを完成させています。

・お尻が隠れる羽織でカバー

お尻が隠れる羽織でカバー

出典:WEAR

上下くすんだ色のピンクのセットアップの上に、涼し気なレースのロングカーディガンを合わせたコーデです。ピンクは本来膨張色ですが、鮮やかなピンクではなくくすんだ色のピンクをチョイスすることで膨張して見えません。その上に、レーシーな白のカーディガンですっぽり体を覆っているので、お尻まで隠れて着痩せ効果は抜群。

・ゆったりしすぎないちょうどいいサイズ感

体のラインを拾わない、でもゆったりしすぎないちょうどいいサイズ感

出典:WEAR

体のラインが出ないレイヤードTシャツに、ロング丈のスカートを合わせたコーデです。Tシャツは余裕があるサイズですし、レイヤーが入っているので視線がレイヤーに行き、体のラインが気になりません。ロング丈のスカートもタイトではなく、幅広のデザインなので、こちらも体のラインを拾わず、着痩せ効果を期待できます。

・ロング丈は前を開けて縦のラインを作る

出典:WEAR

白のTシャツにライトブラウンのチノパンを合わせたコーデです。黒のロングシャツが締め色の役割を担い、引き締まって見えています。ブラウンのチノパンは大人カジュアルな印象で、40代の大人女性にぴったりなアイテムです。半袖ロングの羽織は、夏でも使えて涼しげに見えます。

・ふんわりとタイトのメリハリを付ける

ふんわりとタイトのメリハリを付ける

出典:WEAR

ピンタックのピンクベージュ系のチュニックブラウスに、ブルーのスキニーデニムを合わせたコーデです。チュニックブラウスがお尻まですっぽりカバーしてくれるので、ぽっちゃりになりがちな40代女性のウエストラインを隠してくれます。ふんわりとしたブラウスとは対照的なスキニージーンズを合わせることで、メリハリのあるコーデとなっている着痩せコーデです。

太って見えるデザインやカラーはある?NGアイテム

太って見えるデザインやカラーはある?NGアイテム
40代になると、お腹まわりやお尻のお肉が気になってくるので、これらの部分を隠すオーバーサイズのブラウスやチュニックなどをどうしても選びがちです。確かに、体のラインをすっぽり隠すようなオーバーサイズの服は、体のラインが分からなくなるので痩せて見えるように思えます。しかし、オーバーサイズ過ぎる服は、大きな体の女性という雰囲気を醸し出す危険性がありますし、だらしない印象にもなりがちなので気をつけましょう。

ピンク イエロー 服

また、ピンクやレモンイエローなどのパステルカラーは膨張色なので、トップスに持ってくるのはNGです。あくまでも差し色にするか、ボトムスで使うようにしてください。

40代、体のラインが気になるのはみんな同じ!

40代の着痩せコーデ
40代になると、ウエストやお尻のお肉が気になってくるので、ファッションによっては太っているように見えがちです。しかし、Aライン、Xライン、Iラインなど、全身のラインを意識したり、上質な素材を取り入れたり、着痩せして見えるネイビーなどの寒色系の色を使うなど、工夫することによって着痩せ効果を実現することができます。

ウエストやお尻など気になる部位をすっぽり隠してしまう隠すコーデも良いですが、隠し過ぎると大きく見える事もあります。「見せる」と「隠す」を上手に使い分け、体のラインを気にすることなくファッションを楽しんでくださいね!

The post 40代の着痩せコーデはテクニックでカバーする!お手本細見えコーデ first appeared on beamy.

タイトルとURLをコピーしました