【オンライン診療あり】AGA治療が安いおすすめのクリニック12選!費用の相場も紹介

AGAとは、「Androgenetic Alopecia」の略で男性型脱毛症のことを指します。

成人男性に見られる症状で、生え際や頭頂部の毛が抜けて、薄毛になっていきます。

AGAは放置しているとゆっくり進行していき、やがて髪の毛がほとんどなくなってしまいます。

「もしかしたらAGAかもしれない・・・」と悩んでいる方は、このページでAGAの原因と治療方法を紹介しますので、AGAが進行する前に対策するようにしましょう。

オンライン診療でAGA治療が安い「クリニックフォア」

クリニックフォアではオンライン診療に特化したAGA治療が受けられます。

初月0円、2ヶ月目以降も3,412円(税込)でフィナステリドを処方してもらうことができ、薄毛が気になりだして初めてAGAの治療を受ける人におすすめのAGAクリニックです

公式サイトで好きな日時を選択して予約すれば、オンライン診療でスマホで診察を受けられるのでとても便利で簡単に治療が始められます。

処方薬は毎月配送で届けられるため、定期的にクリニックに通う必要もないので、忙しい方にもおすすめできるクリニックです。

  1. AGAの原因とは?
    1. AGAは遺伝による要素が強い
    2. 日常のストレスも抜け毛の原因になり得る
  2. AGAの種類と進行状況
    1. AGAの種類は3種類
    2. AGAの進行状況をチェック
    3. 年齢別AGAの割合
  3. AGAの治療方法
    1. その他の治療方法
  4. AGAクリニックの選び方
    1. 高額の費用がかからないか
    2. 無理な営業はないか
    3. プライバシーは十分に配慮されているか
    4. 通いやすい場所にあるかどうか
    5. オンライン診療に対応しているか
  5. 【オンライン診療あり】AGA治療におすすめのクリニック12選
    1. オンライン診療49万件の実績「クリニックフォア」
      1. 初診からオンライン診療で最短翌日で薬が届く
      2. 初月1日約55円から治療できる
    2. 初月無料でAGA治療を始められる「AGAオンラインクリニック」
      1. オンライン診療専門のクリニック
      2. 全額返金保証つき
    3. 初月無料で翌月から4,980円(税込)で薄毛治療ができる「AGAスマクリ」
      1. 月々4,980円のシンプルな処方が人気
      2. 初月0円の無料お試しコース
    4. 1日約50円からのAGA治療「Hair’s」
      1. 中、長期処方のランニングコストが業界最安値圏
      2. 高額な治療を強引に勧められることがない
    5. AGA治療費が初月0円「AGAヘアクリニック」
      1. 治療費が初月0円で必要以上の提案をされないので安心
      2. オンライン診療100,000件以上の実績
      3. 全額返金制度で効果がなかった場合は治療費用が返金される
    6. 277万人を超える診療実績「Dクリニック」
      1. 21年間で277万人を超える診療実績
      2. プライバシーが尊重されていて安心できる
      3. 初診からオンライン診療に対応
    7. 発毛実感率99.4%「AGAスキンクリニック」
      1. 全国62院で通いやすさに定評あり
      2. 発毛実感率99.4%
    8. 150万人以上の治療実績「イースト駅前クリニック」
      1. 全国22院で150万人以上の治療実績
      2. オンライン診療対応で47都道府県に対応
    9. 良心的な治療で評判「銀座総合美容クリニック」
      1. 良心的な治療費設定で不要な治療は提案されない
    10. メンズ脱毛でも有名「ゴリラクリニック」
      1. コース料金以外の追加費用がかからずわかりやすい
      2. 無料オンライン相談で直接相談できる
    11. 大手美容クリニック「湘南美容クリニック」
      1. 全国に85院展開のAGAクリニック
      2. 効果がない場合は全額返金を実施
      3. スマートFUE植毛で自毛植毛ができる
    12. 完全主治医制を採用「AGAメディカルケアクリニック」
      1. 主治医制度で担当医に相談できる
      2. 明瞭な料金システムで無理な営業はなし
  6. AGAの治療の流れ
  7. AGA治療に関するQ&A

AGAの原因とは?

AGAのヘアサイクル

AGAが発症する原因は、AGAを引き起こす男性ホルモン「テストステロン」が関係しています。

「テストステロン」という男性ホルモンは、筋肉や骨格を形成するための重要なホルモンです。

このテストステロンが、「5αリダクターゼ」という酵素と結合することで、「ジヒドロテストロン(DHT)」に変換されます。

このDHTが、髪の毛の毛乳頭細胞にある「男性ホルモン受容体」と結合することで、「脱毛因子TFG-β」が増加し、このTFG-βから脱毛シグナルが出され、髪の毛の成長が途中で強制的に終了し、太い髪の毛に育つ前に抜け落ちてしまいます。

通常であれば、髪の毛は初期成長期から2〜6年の間成長期としてその後退行期に入って抜け落ちるのが正常なサイクルですが、AGAを発症すると、成長期が数カ月から1年と短くなってしまいます。

成長期が短いため、太くしっかりとした髪に育たず、細くて短い産毛のような髪の毛が増えます。

さらに、抜け落ちるサイクルが早くなるため、髪の毛の量が次第に減少していき、薄毛となるのです。

AGAは遺伝による要素が強い

AGAを発症する原因となる酵素「5αリダクターゼ」や「男性ホルモン受容体」は、遺伝によって引き継がれることがわかっています。

そのため、親族に薄毛が多い家系の人は、遺伝によってAGAを発症する可能性が高くなります。

ただ、親族に薄毛がの人がいるからといって必ずしもAGAを発症する訳ではなく、あくまでも遺伝はAGAになる可能性を高める一つの要因として考えておきましょう。

日常のストレスも抜け毛の原因になり得る

日常生活におけるストレスも抜け毛の原因の一つとして考えられています。

過度なストレスによってホルモンバランスが崩れ、頭皮の皮脂の分泌量が増えて頭皮環境が悪くなり、抜け毛が増えることがあります。

ストレスがAGAの原因となるという明確なエビデンスはありませんが、頭皮の環境を悪化させないために、睡眠不足や不規則な食生活など、髪の毛にとってストレスになることは避けるようにしましょう。

AGAの種類と進行状況

薄毛の種類

AGAには、薄毛のなる場所の違いや進行状況など、様々な種類があります。

薄毛のタイプや進行状況によって最適な治療の種類や治療期間が変わってきますので、自身の薄毛はどのタイプか、進行状況はどれくらいかをセルフチェックで確認しましょう。

AGAの種類は3種類

AGAの薄毛のタイプは大きく「O型」「M型」「U型」の3種類に分けられます。

O型頭頂部から薄くなり、上から見ると「O」の形になるタイプ
M型生え際の横から後退し、正面から見たときに生え際がM字になるタイプ
U型前頭部から後退して、おでこが広くなっていくタイプ

薄毛になる箇所に違いはありますが、発症した際の治療に使う薬は同じです。

全てのタイプで共通しているのは、上述したDHTによる脱毛なので、治療には日本皮膚科学会も認めている、発毛効果のある「フィナステリド」と血行促進効果のある「ミノキシジル」を用います。

治療薬以外の対策としては、治療薬の効果を高めるために、

  • 頭皮の血流を良い状態に保っておく
  • 睡眠をしっかりとる
  • 5αリダクターゼを抑制する亜鉛を摂取する

などの対策方法もおすすめです。

AGAの進行状況をチェック

薄毛のタイプは3タイプありますが、AGAが進行することで、O型、M型、U型が同時に現れてきます。

薄毛の進行度合いについては、「ハミルトン・ノーウッド分類」によって分類されていて、自分の薄毛の症状が今何型なのかを知ることで、どれだけAGAが進行しているのかを知ることができます。

日本人は、欧米人に見られない、「頭頂部から薄毛が進行する」パターンがあります。このパターンをⅡvertex型に分類し、ハミルトン・ノーウッド分類に組み合わせたものが「高島分類」と呼ばれ、日本ではこの高島分類が広く認知されています。

治療の際にも必ず確認するので、あらかじめ自分が何型であるかはチェックしておきましょう。

I型額の生え際が後退してM字ハゲになりつつある状態
Ⅱ型I型が進行してM字が深くなりつつある状態
II Vertex型Ⅱ型に加えて、頭頂部がO字型の薄毛が見られる状態
III型Ⅱ型がさらに進行し、前頭部も薄毛になっている状態
III Vertex型III型に加えて頭頂部にO字型の薄毛が見られる状態
IV型III型よりも生え際が後退して頭頂部に薄毛が見られる状態
V型IV型がさらに進行、生え際が頭頂部に近づきO字の薄毛の範囲も広がった状態
VI型前頭部と頭頂部の薄毛がつながて側頭部・後頭部のみ発毛が残っている状態
VII型VI型がさらに進行し、側頭部も薄毛が進み頭頂部に発毛が見られない状態
参考 : ハミルトン・ノーウッド分類とは AGAの進行度合いと脱毛パターン

年齢別AGAの割合

AGAは年齢を重ねるごとに発症する確率が上がってきますが、実は20代からAGAを発症する方も全体の約10%ほどいます。

AGAの年齢別の割合のデータを見ると、20代・30代で20%以上の人が発症していることがわかります。

中には10代から薄毛や抜け毛で悩んでいるという人もいて、AGAは若いうちから発症する可能性があることがわかります。

年齢発症率
20代約10%
30代約20%
40代約30%
50代40%超
女性のAGA(FAGA)について

FAGAとは「Female Androgenetic Alopecia」の略で女性男性型脱毛症とも呼ばれます。男性型脱毛症のAGAと薄毛の仕組みは同じです。

加齢やストレスの影響でホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンの一種「DHT(ジヒドロテストステロン)」が活発になります。DHTの働きでヘアサイクルが乱れ、髪の毛の成長期間が短くなることで薄毛の症状を進行させます。

FAGAの初期症状は分け目の広がりや抜け毛の増加です。分かりづらい症状から始まるため、初期症状ではFAGAだと気付ない場合がほとんどです。症状が進行すると全体的に薄毛になり、次第に頭頂部から徐々に薄毛の範囲が広がり地肌が見え始めます。

男性のAGAの場合、生え際やつむじが薄くなる分かりやすい症状なのに対して、女性の場合は全体的に徐々に薄くなるため分かりづらい傾向にあります。

FAGAの進行度は頭頂部で薄毛を判断する「「ルードヴィヒ分類」という分類法によってⅠ~Ⅲ型の3種類に分けられます。男性のAGAの分類で使われる「ハミルトン・ノーウッド分類」と違って、女性の場合は前頭部や側頭部の進行度では判断されません。

AGAの治療方法

AGAの治療は投薬治療が基本

AGAは基本は内服薬による投薬治療が行われます。

治療薬は、薄毛の進行を抑制するものと、発毛を促進するものの2種類あり、AGAの症状が進行している場合は、内服薬に加えて、外用薬を併用することもあります。

主な治療薬

デュタステリド内服薬5αリダクターゼⅠ型およびⅡ型の双方を阻害する働きがある
フィステナリド内服薬Ⅱ型5αリダクターゼを阻害する働きがある
ミノキシジル内服薬発毛を促進する働きがある
ミノキシジル外用薬国内では未承認のため一部の医療機関のみ取り扱いあり
ミノキシジルの内服についての問題

ミノキシジルには内服薬と外用薬があります。外用薬は厚生労働省の認可を受けていますが、内用薬に関しては国内製造や販売が禁止されています。

ただし、内服薬には高い発毛効果が期待できることや、医師が輸入して処方できるため、国内でも内服薬を処方するクリニックもあります。

医療法において、医師が処方することが認められているため違法ではありませんが、AGA治療目的で服用するには副作用のリスクが大きいともいえます。

内服によって、胸痛・心拍数増加・動悸・息切れ・呼吸困難・うっ血性心不全・むくみ・体重増加など、心血管系の障害が発症するおそれがあります。

もともとミノキシジルは血管を広げることによって血圧を下げる薬なので、人によっては心血管系に負担がかかる可能性があります。医師が降圧薬として処方する場合は、他の薬との併用で副作用が出ないようコントロールします。

降圧薬として使用する場合は、血圧を下げるというメリットが副作用のデメリットを上回ると判断されますが、発毛のための処方となるとリスクの方が高くなります。

発毛を促すには安全性が認められているプロペシア等の治療薬があります。そのため、敢えてミノキシジルを使用して心臓に負担をかけることは避けるべきとの考えもあります。

内服薬を使う場合は医療機関を受診し、使用上の注意を確認したうえで服用しましょう。

その他の治療方法

内服薬による投薬治療以外にも、HARG療法やメソセラピー、植毛などによる治療を行なっているクリニックもあります。

HARG治療、メソセラピーはどちらも頭皮に直接栄養を注入する治療法です。

これらの治療方法は効果は期待できますが、非常に高額であることが多いため、まずは内服薬による治療を行い、発毛を実感できなかった場合に検討することをおすすめします。

HARG療法毛髪再生治療で、HARGカクテルと呼ばれる髪の成長に必要な成分を頭皮に直接注入することで自然に髪が生えるようになると言われている。
メソセラピーAGAの治療薬で使われるプロペシアや各種ビタミン、亜鉛などを直接頭皮に注入する。
植毛まだ生えている自毛を採取して薄毛や髪の毛がなくなっている箇所に植えこむ。

AGAクリニックの選び方

AGAクリニックの選び方を紹介

AGAクリニックはたくさんありますが、中には悪質なクリニックもあり、高額の治療を勧められたり、無料カウンセリングに行ったら無理矢理契約させられたケースも複数あります。

広告記載の数万円で施術ができると思っていたら、次々に追加の施術を勧められ、100万円等の高額な施術代金になってしまった」など、勧誘方法や施術代金に納得できないという相談が目立っています。

引用 : 国民生活センター

このような悪質なクリニックに騙されないために、AGAクリニックを選ぶ際は下記のポイントに注意して通うようにしましょう。

高額の費用がかからないか

AGAクリニックの治療は基本的にはフィナステリドやデュタステリドなどの内服薬の投薬治療ですが、クリニック独自でサプリメントや塗り薬、HARG療法やメソセラピーなどの治療を行なっています。

そのため、費用の相場も様々で、オンライン診療で薬だけを処方しているクリニックであれば月額5,000円程度で治療を受けることができますが、高額な費用がかかるクリニックでは月額30,000円を超えるところもあります。

初めてAGAクリニックで受診するという方は、最初から高額な治療はおすすめできません。

まずは内服薬による投薬治療から始めることをおすすめしますので、月額10,000円程度で十分な治療を受けることができます。

無理な営業はないか

無料カウンセリング時にその場で契約を強引に勧められることはないか、複数あるプランの中で相場からかけ離れた高額なウランを勧められることはないかという点もあらかじめ口コミなどを見て確認しておきましょう。

AGAクリニックも当然利益のために契約を勧めますし、できるだけ高額のプランを契約してほしいと思っているのは当然なので、案内をしてくるのは普通です。

ですが、一度断っても営業をやめないクリニックは要注意です。契約をしてしまうと次々高額のプランを案内されて、適切な治療を受けられない可能性があるため、こういったクリニックは避けるようにしましょう。

プライバシーは十分に配慮されているか

クリニックを選ぶうえで、プライバシーが配慮されているかも重要です。

AGAクリニックは定期的に通院する必要があるので、他の患者と顔を合わすことがないように、

  • 個室で診察を受けることができるか
  • 完全予約制で他の患者と会うことがないか

などをあらかじめ確認しておきましょう。

通いやすい場所にあるかどうか

「立地が通いにくい」、「診療時間が短く休みが多い」など、通いにくいクリニックはあまりお勧めできません。

診察に行きたい時に行けないなどで、次第に足を運ばなくなってしまい、治療を中断してしまう可能性があります。

処方薬を郵送で送ってくれるクリニックもありますが、定期的に診察が必要なクリニックを選ぶ場合は、自宅や職場から通いやすく、診療時間が長く通いやすいクリニックを選ぶようにしましょう。

オンライン診療に対応しているか

AGAクリニックの中には、オンライン診療に対応しているクリニックも増えてきて、初診からオンラインで受診できるところもあります。

オンライン診療の特徴として、

  • 投薬治療のみ
  • 費用が安く済む

などが挙げられます。

オンライン診療では内服薬を郵送してもらって治療を行うため、費用も安く済みますが、投薬治療では満足できないという方は通院できる病院を選ぶ必要があります。

オンライン診療に関しては、厚生労働省が発表している「オンライン診療の適切な実施に関する指針」に詳しく書かれているので、気になるかたはこちらをご覧ください。

【オンライン診療あり】AGA治療におすすめのクリニック12選

オンライン診療にも対応しているAGAクリニックを紹介します。

処方薬や価格もそれぞれ紹介しているので、自分に合ったクリニック選びの参考にしてください。

オンライン診療49万件の実績「クリニックフォア」

クリニックフォア公式HP画像
費用月々4,015円〜
所在地東京
診療時間
休診日
オンライン診療
無料カウンセリング

初診からオンライン診療で最短翌日で薬が届く

クリニックフォアは、オンライン診療に特化したクリニックで、AGAの治療も初診からオンライン診療が可能です。

最短翌日で薬が届くので、治療を始めたいと思った時にすぐに薬を飲み始めることができるのでとてもスムーズです。

オンライン診療の予約受付は24時間行うことができ、診察料はかからないので、余計な費用負担なく、思い立った時にすぐに診察してもらうことができます。

初月1日約55円から治療できる

クリニックフォアの治療はフィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルの服用がメインです。

初月は割引で1,760円から治療を開始できるので、安くてお得です。

その後も税込4,015円から治療を続けることができるので、治療費用も業界の中でも最安値圏でAGA治療をスタートすることができます

また、定期配送にすることで15%オフや、他院からの乗り換えで初回のお薬代が20%オフになるなど、様々な割引を行なっているので、費用面の負担が少なくなるのも大きなメリットです。

初月無料でAGA治療を始められる「AGAオンラインクリニック」

AGAオンラインクリニック
費用・予防プラン
3,000円(税込)/月
・AGA初期プラン
6,000円(税込)/月
・発毛プラン
9,000円(税込)/月
・積極発毛プラン
15,000円(税込)/月
所在地東京(オンライン診療)
診療時間24時間カウンセリング受付
休診日年中無休
オンライン診療
無料カウンセリング

オンライン診療専門のクリニック

AGAオンラインクリニックは、オンライン診療専門のクリニックで、24時間無料でカウンセリングを行ってくれているので、仕事で忙しい方や、通院することに抵抗がある方でも気軽にAGA治療を受けることができます。

治療初月は割引を受けることもでき、予防プランであれば初月無料で治療することができるのでコスト面でもおすすめのAGAクリニックです。

全額返金保証つき

AGAオンラインクリニックは治療に満足できなかった場合に全額返金保証制度を利用することができます。

6ヶ月治療を受けた後、治療前の写真を比較して経過を確認して、効果がなかったと双方で判断した場合は費用は全額返金されるので、安心して治療を受けることができます。

初月無料で翌月から4,980円(税込)で薄毛治療ができる「AGAスマクリ」

AGAスマクリ
費用基本コース「フィナステリド1mg + ミノキシジル5mg」
・初月 : 完全無料
・翌月以降:4980円(税込)
所在地東京(オンライン診療なので日本全国対応可能)
診療時間9:00-22:00
休診日
オンライン診療
無料カウンセリング

月々4,980円のシンプルな処方が人気

AGAスマクリ(旧AGAスマートクリニック)は、スマホでのオンライン診療に特化したAGAクリニックです。

スマホ診療だけで不安と思われる方も多いかもしれませんが、医師が診察してくれるため来院での診察と違いはありません。

診察をして治療が必要だと判断された場合は、AGA治療の基本である内服薬による治療で、フィナステリドとミノキシジルを月々4,980円で購入して服用します。

初月0円の無料お試しコース

AGAスマクリでは、対面の診療も可能ですが、オンライン診療を利用すると初月0円の無料お試しコースを利用することができます。

2種類の治療薬が初月0円でお試しできるので、とてもお得です。

オンライン診療実績も2020年に初診オンライン診療の法的緩和が施行されてから154,313件の実績があり、オンラインでAGA診療を受けたいと考えている人にたくさん利用されていることがわかる信頼できるクリニックです。

1日約50円からのAGA治療「Hair’s」

ヘアーズ
費用【フィナステリド】
・月4,000円〜月7,500円(税込)
初月1,500円(税込)
【高濃度ミノキシジル(外用薬)】
月5,800円(税込)
【フィナステリド+ミノキシジル(内服薬)】
3325円 (3ヶ月プランから。1ヶ月あたりの金額)
所在地東京(オンライン診療)・下北沢のクリニックでの診察可能
診療時間24時間カウンセリング受付
休診日年中無休
オンライン診療
無料カウンセリング

中、長期処方のランニングコストが業界最安値圏

Hair’sは、東京にある「クリニック+下北沢」のオンライン診察に特化したAGAクリニックです。

治療方法はシンプルで、フィナステリド・デュタステリドの内服薬と、ミノキシジルの外用薬を合わせた治療を行います。
AGAは進行性の疾患のため、薬の継続的な処方が必要です。

Hair’sは12か月あたりのフィナステリド、ミノキシジル(内服薬)の費用が業界最安値圏のため、続けやすい値段設定になっています。

高額な治療を強引に勧められることがない

プランは複数ありますが、強引な営業をされることはないので、自分の薄毛の進行度に合わせた治療プランを選びましょう。

また、6~12か月毎に郵送血液検査を行い、医師が結果を確認するので、副作用のチェックも安心できるため、継続的に使いやすいサービスになっています。

AGA治療費が初月0円「AGAヘアクリニック」

AGAヘアクリニックの公式HP画像
費用・髪の毛を維持したい
0円〜8,000円
・まずは発毛を実感したい
10,800円〜18,000円
所在地東京、埼玉
診療時間10:00-20:00
休診日
オンライン診療
無料カウンセリング

治療費が初月0円で必要以上の提案をされないので安心

AGAヘアクリニックは、初月の治療費が0円と、不要な治療を提案されることなく適切な治療だけを受けることができるので、余計なお金がかかりません。

希望する人にはサプリメントやシャンプーなどの販売も行ってくれますが、内服薬による治療が中心で、初月以降も月額10,000円あれば十分な薄毛予防の治療を受けられます。

オンライン診療100,000件以上の実績

公式サイトでWEB予約をすることで、初診からオンライン診療を受けることができます。

WEB予約後、専用アプリをインストールして、アプリを使って診察から会計まで全て完結できるので、全国どこに住んでいても診療を受けることができます。

さらに、オンライン診療を利用すると、治療薬が通常価格よりも割引される「オンライン診療価格」になるので、薬のみが欲しいという方はオンライン診療がおすすめです。

治療薬オンライン診療価格通常価格
フィナステリド配合内服薬初回0円・2回目以降3,600円初回0円・2回目以降3,600円
デュタステリド配合内服薬7,200円8,000円
ミノキシジル配合内服薬9,000円10,000円
ミノキシジル配合外用薬12,000円13,000円

全額返金制度で効果がなかった場合は治療費用が返金される

AGAヘアクリニックは、AGAクリニックとしては珍しく、全額返金制度があります。

一定期間治療を受けた結果、治療効果が認められなかった場合は返金を受けることができます。

全額返金制度の条件として、1年以上継続して医師の指示に従って治療を受けているなどの条件がありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

277万人を超える診療実績「Dクリニック」

費用・抜け毛の抑制
12,100円〜15,950円
・抜け毛の抑制+発毛
16,500円〜35,200円
所在地東京、大阪、名古屋、福岡
診療時間10:00-18:00(院によって異なる)
休診日月・火
オンライン診療
無料カウンセリング

21年間で277万人を超える診療実績

Dクリニックは、薄毛治療専門のクリニックとして21年間で277万人を超えるの患者を診療してきた実績のあるAGAクリニックです。

現在も1ヶ月平均17万人と、多くのAGAで悩む人が通院している人気のクリニックなので信頼できます。

初診で生活習慣のヒアリングや、マイクロスコープを使って頭皮の状態をチェックして、一人一人に合った治療方法を提案してくれます。

プライバシーが尊重されていて安心できる

プライバシーも尊重されていて、AGAの治療をしているとわからないように、処方される薬の袋にクリニック名を記載しないなどの配慮をしてくれます。

また、東京・大阪は、男女ごとに専用のクリニックを設置、名古屋と福岡は男女別々の待合室を設置しているなど、女性の方でも通いやすいようになっています。

初診からオンライン診療に対応

AGAの薬は飲みたいけど忙しくて通う暇がないという方は、初診からオンライン診療を利用して薬を処方してもらうことができます。

「ビデオトーク」というアプリを使って受診をし、治療薬は指定場所に配送で送ってくれるので、届き次第飲んで治療を始めることができます。

発毛実感率99.4%「AGAスキンクリニック」

agaスキンクリニック公式HP画像
費用・予防を希望の方
初診3,700円
6,200円/月
・AGAの進行を遅らせたい方
15,400円/月
・発毛を希望する方
38,500円/月
所在地全国に62院
診療時間10:00-22:00(院によって異なる)
休診日年中無休
オンライン診療
無料カウンセリング

全国62院で通いやすさに定評あり

提携院も合わせると全国に62院あり、主要駅から駅徒歩圏内に位置しているため通いやすさも魅力の一つです。

オンライン診療だけだと不安で医師に直接診察して欲しいという人でも安心です。

また、診療時間は22時までと遅くまで診察してくれるので、仕事帰りに通えるというメリットもあります。

最寄の店舗を確認して近くにある店舗で診察を受けましょう。

発毛実感率99.4%

AGAスキンクリニックは4〜6ヶ月の治療で、発毛実感率99.4%とほとんどの方が発毛を実感しています。

治療人数は累計で100万人を超えていて、多くの方がAGAスキンクリニックで薄毛治療を行なって発毛に成功していることがわかります。

150万人以上の治療実績「イースト駅前クリニック」

イースト駅前クリニックの公式HP画像
費用・予防、薄毛改善を目的とした治療
3,800円/月〜
・発毛を目的とした治療
12,100円〜24,300円
所在地全国22院
診療時間10:00-18:00(院によって異なる)
休診日月・火
オンライン診療
無料カウンセリング

全国22院で150万人以上の治療実績

イースト駅前クリニックは、AGAやED治療に特化した男性専用のクリニックで、全国に22院で営業を行っていてそれも主要駅から徒歩3分圏内にあるため仕事帰りや休みの日でも通いやすいのが特徴です。

またこれまで累計150万人以上の治療実績があり、多くの方がAGA治療でイースト駅前クリニックを利用していることがわかります。

オンライン診療対応で47都道府県に対応

イースト駅前クリニックはオンライン診療もできるので全国どこに住んでいても診療を受けることができます。

電話やオンラインアプリを使って受診して、治療薬は郵送で自宅まで配送してくれるため、近くにAGAクリニックがない方や、忙しくて定期的な通院が難しい方はオンライン診療を利用しましょう。

良心的な治療で評判「銀座総合美容クリニック」

費用・AGA治療内服薬(1ヶ月)
7,150円〜19,250円
・ノーニードル育毛メソセラピー
19,800円
所在地東京
診療時間11:00-20:00(曜日によって異なる)
休診日水曜日
オンライン診療
無料カウンセリング

良心的な治療費設定で不要な治療は提案されない

銀座総合美容クリニックは、投薬治療以外にも、メソセラピーなどの治療を受けることもできますが、明瞭な価格設定でわかりやすく、強引な営業も一切ないので、希望する治療のみを受けることができます。

公式サイトにも院長が登場していて、運営理念について書かれていて、とても信頼できるクリニックであることがわかります。

メンズ脱毛でも有名「ゴリラクリニック」

費用・抜け毛の進行を止める
6,600円〜
・毛を強く太く育てる
14,780円〜
所在地全国19院
診療時間11:00-20:00
休診日
オンライン診療×
無料カウンセリング

コース料金以外の追加費用がかからずわかりやすい

ゴリラクリニックの治療内容はわかりやすく、4つのコースから選択することができます。

  1. STOP「抜け毛の進行を止める」
  2. STRONG「毛を強く太く育てる」
  3. GROW「髪を生やす指令を出す」
  4. CLEAN「頭皮環境を整えて発毛・育毛を土壌から支える」

それぞれのコースで治療に使う薬剤は異なります。

基本の治療は内服薬ですが、HARG療法や、ミノキシジルの注入治療などの治療を受けることもできます。

無料オンライン相談で直接相談できる

ゴリラクリニックでは、薄毛の悩みに関して無料でオンライン相談を行っています。

薄毛が気になるけどいきなり病院に行って診察を受けることに抵抗があるという方は、まずはオンライン相談で悩みについて話を聞いてもらいましょう。

ただ、ゴリラクリニックはオンライン診療は行っていないため、実際に診察を受ける際は診察予約をして最寄りの店舗で受診する必要があります。

大手美容クリニック「湘南美容クリニック」

湘南美容クリニック
費用・ARタブレットF、フィナステリド錠
3,000円
・タブレットD
8,800円
・プロペシア錠
8,250円
・ザガーロ カプセル
9,500円
所在地全国85院
診療時間10:00-19:00
休診日
オンライン診療2回目以降○
無料カウンセリング

全国に85院展開のAGAクリニック

湘南美容クリニックは、医療脱毛などで有名な湘南美容外科のAGAクリニックです。

全国に85院あり、主要駅から駅徒歩圏内で通いやすい立地にあります。

また、一度診療を受けると2回目からの診療はオンラインで受診することができ、治療薬も自宅に配送してもらえるため、忙しい人でも治療を受けやすいです。

効果がない場合は全額返金を実施

湘南のフィナス治療は初診1,800円、2回目以降3,000円ととても安い費用で治療を受けることができますが、さらに万が一効果がなかった時ひは全額返金保証制度があるため、返金してもらうことができます。

薄毛の治療にはフィナステリド、ミノキシジルなど、効果のエビデンスがある薬剤を使用するため、実際はほとんどの方が効果を実感できるはずですが、万が一髪の毛が全く生えなかったという場合は返金制度を利用しましょう。

スマートFUE植毛で自毛植毛ができる

湘南美容クリニックでは、投薬治療以外にも、自毛植毛の手術を受けることもできます。

費用は396,000円〜と高額ですが、思った通りにならなかった場合に、再手術を受けることができる安心保証制度も利用できるので、投薬治療で効果が感じられなかった、思い通りの髪型にしたいという方は植毛を検討してみましょう。

完全主治医制を採用「AGAメディカルケアクリニック」

メディカルケアクリニック公式HP画像
費用月々3,630円〜33,000円
所在地東京、大阪、名古屋、福岡
診療時間10:00-20:00
休診日
オンライン診療×
無料カウンセリング

主治医制度で担当医に相談できる

AGAクリニックで診察をしている医師はアルバイトの医師が多く、まともな診察をしてくれないケースがあります。

メディカルケアクリニックは、主治医制度を採用し、患者ごとに担当医がついてくれるため、薄毛の悩みだけでなく、ヘアケアなどの相談を医師にでき、きちんと回答してもらえるため安心感があります。

LINEアプリを使用している方は、LINEで主治医に相談することもできるので気になった疑問はすぐに解決することができます。

明瞭な料金システムで無理な営業はなし

メディカルケアクリニックでは、強引な営業によって高額な医療ローンを組まされる心配はなく、AGAの進行状況によって必要な治療だけを受けることができます。

最新の診断システムによって薄毛の進行状況を正確に診断し、必要な治療を提案してくれます。

AGAの治療の流れ

AGA治療の流れ
STEP
無料カウンセリング

診療の予約ができたら、まずは無料カウンセリングを受けます。

ここでは、薄毛の進行状況や、治療の種類、費用などの説明を受けます。

無料カウンセリングの際に高額の治療や、その場での契約を勧めてくるなど無理な営業をしてくるクリニックはやめておいたほうがいいです。
無料カウンセリングの時点では、契約する必要はないので、内容を聞いて納得すれば契約しても良いですが、悩んでいる場合は一度帰宅してからじっくりと考えるようにしましょう。

STEP
医師による診察

治療プランを決めて契約をすると、医師による診察が行われます。

問診票を元に、現在の薄毛の状態を撮影したり、血液検査をして投薬が問題ないかをチェックします。

STEP
薬の処方

AGAの治療のために内服薬が処方されます。

薬の種類は主に、

  • フィナステリド(プロペシア)
  • デュタステリド(ザカーロ)
  • ミノキシジル

などがあります。

その他、ビタミンや亜鉛のサプリメントを処方するクリニックもありますが、基本的には上記の薬を処方してもらえば問題ありません。

AGA治療に関するQ&A

AGAは何歳から治療できる?

AGAの治療は原則20歳以上の方が対象となっています。

内服薬による治療は、男性ホルモンを抑制する働きがある成分の薬を使用するため、未成年に使用することができません。

まだ成人していない方の治療は、投薬治療以外の方法で薄毛を予防することをおすすめします。

どれくらいで効果がでるの?

どれくらいの期間じ効果を実感できるかは個人差がありますが、一般的には3ヶ月から6ヶ月くらいで一定の成果を実感できる人が多いです。

AGA治療はすぐに変化があるわけではなく、ヘアサイクルが整うまでに時間がかかるため、継続した治療が必要になります。

1年間は続けて治療をすることをおすすめします。

治療を始めてから抜け毛が増えたけど大丈夫?

AGAの治療を始めると、ある時から抜け毛がひどくなることがあります。

AGAの治療をしているのに抜け毛が増えて多くの方が逆効果なんじゃないかと不安になり、中には治療を中止してしまう方もいますが、心配ありません。

初期脱毛は、AGAの治療薬が作用してるため起こる現象で、新しく生えてきた太くてしっかりとした髪の毛に、AGAによって成長が阻害されている細くて短い髪の毛が押し出されているために起こります。

そのため初期脱毛はヘアサイクルが正常化しつつある証拠でもあるので、治療を止めることなく継続するようにしましょう。

髪の毛が生えてきたら薬は飲まなくてもいい?やめるとどうなるの?

AGA治療のデメリットとも言えますが、AGAの治療薬は、服用をやめてしまうとまたAGAが進行してしまいます。

そのため、髪の毛が生えてきても薬を飲み続けた方が良いでしょう。

ただし、継続して治療薬を服用するのはお金もかかるため、満足する状態になったら一度服用をやめて、またAGAが進行してきたタイミングで再開するという方もいらっしゃいます。

個人輸入で買える薬でも効果はありますか?

海外の通販サイトや個人輸入のサイトでAGAの治療薬を購入して飲むことはおすすめしません。

AGAの薬は、見た目だけ同じ偽物が数多く出回っています。

偽物の薬を飲んだことで健康被害が起きたという報告もあるため、必ず病院で処方してもらうようにしましょう。

通常、薬を飲んで副作用などの健康被害が起きたときには、「医薬品副作用被害救済制度」を利用することができますが、個人輸入で購入した薬や国内未承認の薬などは、制度の対象となるのでおすすめできません。

薬を飲むと副作用はありますか?

AGAの治療薬は、いくつかの副作用が確認されています。

全ての人に副作用が現れる訳ではありませんが、薬ごとに副作用が確認されています。

もし副作用が出た場合は、服用を続けるか中止するかは自分で判断せずに、必ずかかりつけの医者に相談するようにしましょう。

薬の種類主な副作用
フィナステリド性欲減退、勃起不全、射精障害、睾丸痛、蕁麻疹、発疹、抑うつなど
ミノキシジル全身の毛が太くなる、むくみ、動機、めまいなど

AGAの治療薬を服用することで、体毛が濃くなったケースは非常によく耳にします。

ひげや肩や腕の毛、指の毛が濃くなることが多いようで、これは治療薬が全身の毛根に対して影響を与えることが理由です。

体毛が濃くなるのは嫌だと言う方は、脱毛に通うなどして体毛の処理をしましょう。

AGA治療に保険は適用されますか?

AGA治療は保険が適用されない自由診療です。

保険が適用されるのは日常生活を送るために治療が必要な怪我や病気ですが、AGAは治療が必要とみなされていないため、保険の適用外です。

円形脱毛症やびまん性脱毛症、脂漏性皮膚炎などの脱毛症は、治療方法によっては保険が適用されるケースもあります。

AGA治療薬の併用禁忌はありますか?

AGA治療薬の中には併用禁忌薬はありませんが、併用注意が必要な薬は存在します。

併用禁忌・注意とは、飲み合わせをしてはいけない、または飲み合わせの際に注意が必要な薬を意味します。併用禁忌・注意の薬を飲み合わせると、重い副作用を引き起こす可能性があるため注意しましょう。

AGA治療薬で代表的なミノキシジル外用薬には併用禁忌・注意はありませんが、内服薬には併用注意薬がいくつかあります。ミノキシジルはもともと降圧剤として開発された薬で、血圧に作用する薬との併用には注意が必要です。

フィナステリドには併用禁忌・注意はありませんが、デュタステリドには併用に注意しなければならない薬があります。

独自の判断でAGA治療薬を服用するのは危険です。治療方針を決める際には必ず専門クリニックを受診し、医師の指示を仰ぎましょう。

タイトルとURLをコピーしました