Medium 27c3bfd2a800bc89

丸顔を解消するために私が実践し、小顔効果を感じた方法3つ

丸顔だと標準体型でも太って見えてしまいがち。でも顔だけはなかなか痩せられないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか?丸顔を解消するために筆者が実践し、効果があったエクササイズを3つご紹介します!

ライター:coco26  カテゴリー:部分痩せ  投稿日:2017/01/06

丸顔になってしまう原因2つ

Medium 416eb0e231735759

顔が大きく見えてしまう原因というのは主に次の2つが考えられます。まずは原因を知って、正しい方法で丸顔にアプローチしましょう!

①顔の筋肉が衰えている

表情筋と呼ばれる顔の筋肉が衰えてくると頬やあごが緩んでくる上、脂肪がつきやすくなります。また、表情筋の筋力低下によってほうれい線が目立ったり目が疲れているように見えたりというマイナス面もあります。

そもそも日本語は表情筋の20%を使うだけで事足りる言語だそうで(ドイツ語は80%!)、日本語を使う私たちは顔の筋肉を使わずに過ごす傾向にあるのだとか。

さらにパソコンに向かって一日中作業している、常にスマホの画面を見ているという人は要注意です。というのも、パソコンやスマホを見ていると無表情になって顔の筋肉を全く使わなくなってしまうからです。

②むくんでいる・老廃物がたまっている

リンパの流れが悪くなると、老廃物や水分が上手に排出されずに体にたまっていきます。これがむくみの正体。

顔には多数のリンパとリンパ節(老廃物をろ過する場所)が存在しているほか、すぐ近くに体の中で最大のリンパ節である鎖骨リンパ節が存在しており、しっかりとむくみを解消することで顔のサイズダウンを図ることができます。

私はマッサージをしても顔の大きさがあまり変わらないので、①の筋力低下が大きな原因ではないかと考えました。そこで丸顔を解消する以下の3つの方法を試してみました。

丸顔解消法① 顔ヨガ

顔ヨガとは日本発のフェイシャルトレーニング法です。丸顔になる大きな要因である筋肉の衰えにストップをかけるため、表情筋を効果的に使うエクササイズをおこないます。

顔ヨガは別名「変顔ヨガ」とも呼ばれていますが、これは表情筋に効かせる表情で数秒制止するためです。ポーズによってそれぞれ効く筋肉は違うのですが、私はどのポーズでも共通して以下のポイントを守っていました。

  • 鏡で自分の表情を確認する
  • 姿勢を正し、呼吸に意識する
  • クリームを塗る

基本的に顔を洗った後の朝と夜に行っていました。中でも丸顔のフェイスラインに効いたと感じたのが以下の2つのポーズです。

顔ヨガオススメ① こめかみリフトのポーズ

Medium a49fc4991ba3e806

出典:dietsite.biz

方法
①右手を斜め45度まで持ち上げます。左手の薬指を右側の目尻に、中指をこめかみに置く。
②首を左に倒して、右手と一直線になるようにぐーっと伸ばします。
③首を左に倒したまま、舌を左側斜め下に思いっきり出します。
④右手は斜めに伸ばしたまま手のひらをグーにします。その後親指、人差し指、小指だけ伸ばします。3本の指を順番に伸ばすとき、顔から首の違う筋肉が伸びるのを感じましょう。

顔ヨガオススメ② 三角舌のポーズ

Medium 44c4611a740eb352

出典:antenna.jp

方法(1セット3回)
①顎を引き上を向きます。のどが伸びているのを感じましょう。
②舌を出して鼻に舌の先をつけるように伸ばします。
③舌先の裏側が三角形になったところで10秒キープ。

丸顔解消法② 舌まわし

口まわりの筋肉を鍛えるためにおこなったのが舌まわし。舌を回すだけで小顔効果が期待できるということで、『世界一受けたい授業』や『あさイチ』でも紹介された方法です。

方法(3セット)
①口を閉じた状態で右回りに舌を回します。歯に沿ってゆっくりとおこなうのがポイント。20回。
②同じように左回りに20回行います。

舌まわしも顔ヨガと同様に表情筋を使うエクササイズ。口の周りの「口輪筋」や首の「顎舌骨筋」が鍛えられ、特に顎から口まわりにかけてのシェイプアップに効果的です。さらには以下のような嬉しい効果も期待できます。

  • 滑舌の改善
  • 快眠効果
  • ほうれい線の解消
  • シワ・シミの予防
  • 脳の活性化

私は最初10回まわしたくらいから顎がつりそうな感覚を感じていました。そのようなときは一度に3セットおこなわず、数回にわけておこなっていました。

丸顔解消法③ うがい

歯を磨いた後におこなう「うがい」にも丸顔の痩せ効果があると聞き、おこなってみました。そのポイントは以下のとおり。

  • 少量の水を含む(多すぎてはいけない)
  • 15〜20分くらいぶくぶくうがいをする
  • 水は途中で変えてOK

口の筋肉をしっかりと使ってぶくぶくとすることで、口周りが痛くなってきます。あごや頬の脂肪に効くのでフェイスラインが丸い人にはぴったり。他にも嬉しい美容・健康効果が期待できます。

  • ほうれい線の防止・軽減
  • 唾液分泌の増加で口臭予防
  • 顔の血行がよくなる

確かに長時間口を動かしていると口周りがだるくなってくるのが感じられます。口を動かすことですっきりできるので、私は朝起きてすぐ、週に2〜3回おこなっていました。

油でうがい?オイルプリングも効果的

また水の代わりに食用油を使ったオイルプリングもオススメです。オイルプリングはインド由来の自然療法、アーユルヴェーダの健康法の一つでモデルの道端ジェシカさんも実践している方法なのだとか。

オイルプリングの方法
①オイルを口に含みます。およそ大さじ1杯。
②その後口を閉じたままぶくぶくとうがいするように動かします。15〜20分ほど続けて。
③口からオイルを出したら、お湯でしっかりと口をすすぎます。

私は水もオイルプリングも試しましたが、どちらでも顔痩せの効果は同じだと思います。しかし、オイルプリングをした後には口の中がよりすっきりしているように感じました。これはオイルが口内の細菌やウイルスなどを解毒する効果があるからだと考えられます。

なお、オイルプリングで使用するのはごま油やオリーブオイル、ココナッツオイルが良いとされています。私はごま油が一番クセもなく使いやすいと感じました。

丸顔解消法で顔が小さくなった!

Medium 74794340219dc8b3

丸顔脱却に向けて以上3点をおこなっていたところ、数ヶ月ぶりに会う友人に「頬のラインが小さくなった」と驚かれました。また、写真で比較してもフェイスラインが前よりもシャープになったと感じることができました。

どの方法も効果は実感できますが、続けやすさの点から考えると顔ヨガが一番オススメです。舌まわしは3セット、うがいは15〜20分と時間が必要なのに比べて、顔ヨガは朝のメイクアップ前や夜のリラックスタイムにちょこっと行うだけでいいのがよかったです。

今でも顔ヨガは毎日おこなっており、ちょっと食べ過ぎた・むくんでいるというときには舌まわしやうがいを追加するようにしています。

筋肉は年齢に関係なくトレーニングを続けるとしっかりと鍛えられます。顔の表情筋も同じで、毎日のエクササイズが丸顔脱却につながるのです。コツコツと続けて別人級の小顔を手に入れましょう♪

この記事のトピック

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事