Medium d5c3189e85fdaa57

食前○○ダイエットで効果のあった食材2つ・なかった食材3つ

食事の前に○○を食べるだけで太りにくくなる!そんなダイエット法、たくさん耳にしますよね。結局、どれが一番効果的なんでしょうか?実際に色々試してみた結果を、ダイエット効果・美容健康効果・続けやすさ・コスパの視点から評価しました!

ライター:こうちゃんママ  カテゴリー:食事  投稿日:2017/01/06

この体験談を書いた人

8beea8124bc2edb0 こうちゃんママ

35歳、1児の母です。158cm47kgの普通体重ですが、運動が大嫌いなのでダランとした体形で、数値より太って見えることが悩みです。産後太りを解消すべく、簡単にできるダイエット法を模索しています。

食前○○ダイエットって種類多すぎ!結局どれがいい?

Medium 80f54738cd7d4a20

食べることが何より大好き!食事制限なんて絶対やりたくない。授乳中で、食べても太らないのをいいことに1日3食ご飯たっぷり、おやつは1日2回(夕方と夜中)。こんな生活を続けていたら、さすがに太り始めました。

それでもやっぱり食事制限はしたくないので、「食べる前に何かを食べることで食べすぎを防ぐ」というダイエットに取り組むことにしました。でもその方法を調べるとあまりに種類が多く、一体どれを選んだらよいのかわからなくなってしまいました。そこで、メジャーなものを片っ端から試してみることに。

  • 豆乳
  • キャベツ
  • バナナ
  • ヨーグルト

調べてみると、このあたりの食材がよくおすすめされています。どれもスーパーで簡単に手に入るものなので実際に試してみました!

食前○○ダイエット、効果があった食材2つ

実際に行った食前○○ダイエットの方法は、夕食の30分前に食材を摂るだけ。期間はそれぞれ2週間と設定しました。ダイエット効果・美容健康効果・続けやすさ・コスパの視点で、それぞれの食材を評価しました!

①豆乳

Medium e627ce9ab88b9a10

食べる前に豆乳を飲むダイエット法は、昔会社の先輩が試して「1ヶ月で2kg痩せた!」と言っていたことから社内で流行り、一時は会社の冷蔵庫が豆乳だらけになったこともありました。

そのことを思い出し再び食前豆乳ダイエットに挑戦。色々な食材を試した結果、豆乳が一番おすすめできると感じました!

ダイエット効果:★★☆ -1kgできた!

私が飲んでいたのは「紀文 無調整豆乳」。無調整豆乳には美味しくないものも多いので、私はこちらの商品一択でした。食前にゆっくり時間をかけて飲むと満腹感があり、食後にデザートを食べたい気持ちがなくなりました。元々が食べすぎだったのでそれだけで1kg減。

紀文無調整豆乳は1本118kcal(ご飯お茶碗半分くらい)なので、決して低カロリーではないのですが、毎日のように食べていた食後のジャンボプリン(約300kcal)よりはましでした。

美容健康効果:★★★ 貧血症状が治った!

産後すぐの血液検査では、ヘモグロビン値が正常の半分にまで落ち込んでしまい毎日点滴をしていました。その後も立ちくらみやめまいといった貧血症状は続いていたのですが、豆乳を毎日飲むようになってから症状が和らぎました!

豆乳には1パック1mgの鉄分が含まれています。ほうれん草1/4束分に相当します。鉄分を多く含む、ほうれん草・小松菜・レバーなどの食材は毎日摂るのは大変。豆乳なら飲むだけなので鉄分を手軽に補給することができました。

続けやすさ:★★★ 手間・味の面で◎

豆乳を飲むだけのこの方法は、手間がかからないのも魅力。200mlパックだとつい買い忘れてしまうことがあるので、1リットル入りのお得パックを常に2,3本ストックしておくようにしました。

味にもクセがないので、毎日飲んでも苦になりません。麦茶や牛乳を毎日飲んでも平気なのと同じです。飲みやすく調整してあるフレーバー豆乳なら、逆に飽きてしまったかもしれません。

コスパ:★☆☆ 安くはない

豆乳ダイエット、唯一の難点はコスパ。もし200mlパックで続ける場合、1本80円程度するので1ヶ月で2,500円ちかくかかってしまいます。1リットル入りなら1本200円くらいなので1日40円程度に抑えられます。

②キャベツ

Medium a9a83cc4fcdd7ce6

肥満治療の専門医、吉田俊秀先生が考案したのが食前に生キャベツを1/6玉食べるというダイエット。食前○○ダイエットを調べると必ずお目見えするのでこちらもチャレンジ。

ダイエット効果:★★★ 満腹感はNo.1

キャベツ1/6は食べてみるとかなりの量です。しかも、正しい方法でキャベツダイエットをすると油の入ったドレッシングの使用もNGなので、ひたすら味のないキャベツを食べることになります。飲み込むのにも時間がかかるので食べているうちにどんどん満腹中枢が活動し始めます。

よく、「お腹いっぱいにするためにはよく噛んで食べましょう」と言いますが、バナナやヨーグルトは噛もうと思っても自然に飲み込んでしまいます。よく噛んで食べるためには、キャベツのように「噛まないと飲み込めない」食材を取り入れる必要があるなぁと感じました。

満腹感と、キャベツの食物繊維による便秘解消で1kg減。体重の減少以上に、身体がスッキリする効果を実感しました。

美容健康効果:★★☆

豊富な食物繊維のおかげで、便秘が治ったのが一番うれしいポイント。キャベツ1/6玉には約2.7gの食物繊維が含まれています。ただし、食物繊維をたくさん摂ったせいか、お腹が張ってしまうのはマイナスポイントでした。

続けやすさ:★☆☆ 手間・味ともに△

毎日キャベツを洗って刻むのはけっこう面倒。期間限定だから何とか続けられましたが、毎日ずっとやり続けるのは無理だなぁと感じました。

茹でキャベツに好きなドレッシングをかけていいならまだしも、生キャベツでドレッシングNG、となるとかなり食べにくいです。味がしない葉っぱを噛み続けるのは苦痛です。毎日食べるのが憂鬱になってしまったくらいです。

コスパ:★★☆ 旬の時期なら・・・

キャベツって年間で価格の変動が大きい野菜の一つですよね。旬である春~夏頃ならスーパーの特売で1玉98円くらいで購入できるのである程度コスパが良いと言えますが、秋~冬は高いと1玉250円くらいになってしまうことも。

キャベツが高い時期に実践するのはちょっと二の足を踏んでしまうダイエット法かもしれません。

食前○○ダイエット、効果がなかった食材3つ

これ以降は、効果としてはイマイチだった食材です。食前ダイエットに挑戦したい人には、あまりおすすめできないと思いました。

①バナナ

  • ダイエット効果:減量効果はなし。食物繊維が豊富なイメージなので満腹感を得られるか?と思いましたが、意外とお腹にたまらず。
  • 美容健康効果:バナナにはオリゴ糖が豊富に含まれているので、便秘解消効果は見られました。
  • 続けやすさ:美味しいので続けるのは苦ではありません。ただ、買い置きができないのでいちいち買いに行くのが面倒。
  • コスパ:特売だと一房98円で売っており、4~5日持つのでコスパは◎。

②ヨーグルト

Medium f76e4597df8a1092
  • ダイエット効果:減量効果はなし。1回200g程度食べても、さらっとお腹に入ってしまうので満腹感が得られず食事量が変わりませんでした。
  • 美容健康効果:特定保健用食品に指定されているプレーンヨーグルトを毎日食べていたのでお通じは改善しました。
  • 続けやすさ:元々ヨーグルトが好きなので続けるのは簡単です。
  • コスパ:1パック150円程度の500g入りプレーンヨーグルトを約2日で食べてしまうので少々お金はかかってしまいます。

③水

  • ダイエット効果:コップ1杯の水をゆっくり噛むように飲むと良いというのを聞いて実践しましたが特に満腹感は得られず。
  • 美容健康効果:デトックスや便秘解消に効果的らしい、と聞きましたが特に効果は感じられず。
  • 続けやすさ:水があまりおいしくないので楽しく続けるという感じではありませんでした。わざわざ買ったものでもないため忘れがちでした。
  • コスパ:水道水をわかして飲んでいたので費用はほとんどかかっていません。

以上、食前○○ダイエットの体験談を紹介しました。一番効果があり、健康的にもメリットがあった豆乳は現在でも意識して飲むようにしています。無駄な間食や食べ過ぎを防げるのでおすすめです!

この記事のトピック:

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事