Medium 94942d217e2c3212

1日30分の筋トレで洋服が2サイズダウン!ダイエット方法

ダイエットには筋トレが効果的。わかってはいるけどそんなに大きな効果はなさそう・・・とやる前から挫折している人は多いのではないでしょうか。確かに地道ではありますが、私は1日30分の筋トレで洋服が11号→9号になりました!その方法を紹介します。

ライター:成瀬京子  カテゴリー:運動  投稿日:2017/01/06

この体験談を書いた人

608910a50af657b8 成瀬京子

ダイエットと書かれていれば、とりあえずチェックするタイプです。運動は苦手。

どこでもできるのが筋トレの魅力!

Medium fb89ae621cfefc76

私が今までのダイエット人生で一番効果を感じたのが筋トレ。自宅でもジムでもどこでもいいので、定期的に筋肉を動かして鍛えると効果的です。

最近では、トレーニングは毎日やるよりも1日おきにやった方が効果的という説もあります。とにかく定期的に長く続けることが重要です。

ジムに通っていれば、マシンでサーキットトレーニングができます。自宅なら雑誌や本、YouTubeやダイエットをサポートするアプリを見れば、誰でも手軽にトレーニングができます。

私が実践して効果が出た筋トレの方法

当時、定番になっていたダンベル体操の本を見つけたのでやってみたのがきっかけです。基礎の体操に、腹筋運動やウェストひねりなど、いくつかの筋トレをプラスしていました。

実践していたのは、ごく標準的なコースです。腹筋運動の回数を増やすなどはしましたが、慣れてきてもメニューを大幅に変えたり、増やしたりすることはありませんでした。

ダンベル体操の標準的なコースについては、下の動画が参考になります。

ダンベルの重さは2kgです。当時はこれでちょうどいい重さでした。今は無理そうです。毎晩、お風呂に入る前にトレーニングをしていました。合計で30分弱、テレビを見ながらゆっくりやっていました。しっかりやると意外に汗をかくので、お風呂に入る前がおすすめです。

当時、食事制限はほとんどしていませんでした。ケーキの食べ放題などあまりにもハイカロリーなものは食べないようにはしていましたが、食事は普通にとっていました。

筋トレの消費カロリー

筋トレの内容や、実践している人の年齢・性別・体格(身長や体重など)により、大きく変わります。体重50kgの人が30分筋トレをした場合、210kcalほど消費するとも言われますが、これは腹筋や腕立て伏せなどハードな筋トレを行った場合です。

ダイエット目的で身体を引き締める程度のトレーニングでは、それほどのカロリー消費は望めないでしょう。カロリーを消費して体重を落とすならば、ランニングなど有酸素運動や食事制限を行う必要があります。

筋トレで実感したダイエット効果

Medium 7903b6c690aee5fa

筋トレを始めてから、洋服のサイズは11号から9号に落ちました。ウエストや腹筋などの体操に力を入れたので、ウエスト周りはもう少し落ちています。腕を動かす運動が多かったので、腕には特に効果がありました。脚はそれほど落ちていません。

当時は体重を気にしていなかったので、計っていませんでした。筋トレはボディラインの引き締め効果が大きかったので、体重よりも洋服のサイズを基準にしていました。

メタボ検診などの対策として、どうしても体重の数字を減らしたい!というなら別ですが、見た目が締まっていれば体重は減っていなくても構わないと思っています。着たい洋服のためにダイエットしたい!なら体重よりも洋服のサイズが大事ですよね。

実践して感じた筋トレのメリット&デメリット

メリット:ボディラインがきれいになる

Medium f5c4c5782f6ebeca

ウエストや脚など、筋トレをしていた頃が一番キレイなラインだったと思います。食事制限も組み合わせればもっと効果が出たかもしれません。

ただし、筋トレをしていれば、食事制限はかなりゆるくて済むと感じました。多少食べ過ぎても、影響は少なかったです。普段の食事も、カロリーを気にせず食べられました。

筋トレは、運動している気分になるので「ダイエットをしている」という意識を維持できます。特に、ジムで行う筋トレは費用がかかりますが、雰囲気もあって大いにやる気になるでしょう。

でも、私はジムに行ってトレーニングした後にメイクをして帰るのがイヤだったので、自宅派でした。当時は雑誌や本を見てやっていましたが、今ならYouTubeやダイエット支援アプリもあるので便利ですよね。

デメリット:効果が出るのに時間がかかる

筋トレはこつこつ続ける必要があります。毎日、もしくは1日おきなど、定期的に続ける必要があります。かなりの根気が必要です。ある程度決まった時間にトレーニングの時間を確保する必要があるので、生活リズムも改善しなくてはいけません。

効果が出るのはかなり遅いので、気が短い人では効果が出るまでに挫折するかもしれません。早く効果を出したいなら、食事制限や、もっと負荷の高い運動(ランニングなど)と組み合わせる必要があります。

デメリットはありますが、私には筋トレが一番効果的でした。最近ダイエットの必要性が出てきたので、また筋トレを始めようかなと思っています。毎日お風呂の前に30分の時間がなかなか取れないのですが、頑張ります。

この記事のトピック:

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事