Medium 5c22b29ee92ae39d

スーパー糖質制限で1か月4kgのダイエットに成功!方法は?

今まで色々なダイエット方法を試してみましたが、糖質制限ダイエットは「お腹いっぱい食べられて」「特別な運動も必要なく」「生活習慣も変えることができる」点で私には合っていました。実践して感じたことと注意点を紹介します。

ライター:ちゃんさき  カテゴリー:短期集中  投稿日:2017/01/06

1ヶ月間「お腹いっぱい食べて」-4kg減量に成功!

Medium 2a8becd10f32c0bb

「糖質制限ダイエット」って恐らく一度は耳にしたことがありますよね。皆さんはどんな印象をお持ちですか?辛い?おなかいっぱい食べられない?私も以前そんな印象を抱いていました。しかし糖質制限=糖質を一切摂らないというものではありません。

今回私は「スーパー糖質制限ダイエット」なるものを1ヶ月間チャレンジした結果、49kg → 45.2kgとおよそ4kgのダイエットに成功しました!今までの食習慣や考えも変えることができました。今回はその方法と、やってみて感じたことを紹介していきます。

私が実践した糖質制限の方法

糖質制限ダイエット実践中、避けた食材は次の通りです。

  • 炭水化物(ごはん・パン・麺類)
  • いも類(じゃがいも・さつまいも・長いも)
  • 果実類(リンゴ・バナナ・みかん・桃etc)
  • 菓子類
  • ジュースや牛乳

糖質摂取量は、60g/日に設定しました!30~60g/日という量は糖尿病患者の方が食事療法の際に指示される量だそうです。

制限された食材を極力摂取しなければ、おなかいっぱい食べても大丈夫!(あくまで適量ですが)私は3食しっかり食べ、間食もしていました。

市販品を食べるときは糖質量をチェック!

Medium 9abb92ecbd639ff0

1日当たりの糖質量を設定したものの、計算が面倒なので、口に入れるものすべての糖質量チェックはしませんでした。

注意が必要なのは、ちょっと何か飲みたい・間食を摂りたいと市販のものを食べるとき。私は必ず商品の糖質を見るようにしました。今までカロリーばかり気にしていたのですが、「カロリーオフ」とか「ヘルシー」と書いてあるものに限って糖質量が多いことに気が付きました!

この習慣を癖づけると不思議と「甘いものを食べたい!」欲がかなり抑えられました。例えば、クッキーは1個食べただけでほぼ1日分の糖質を含んでいるものもあります。糖質量チェック、おすすめです!

糖質制限ダイエットを実践するうえで注意したこと

脂質・タンパク質・野菜をしっかり摂るよう意識

Medium 7b18bebc3537bca7

これは基本ですが、糖質が少ないからと言って「ささみだけ食べる」「豆腐だけ食べる」「野菜だけ食べる」は絶対におすすめしません。「〇〇だけダイエット」ほど危険なものは無いと私は知っています。

私は、いくら痩せたくてもごはんは絶対おいしいものが食べたいと思っていました。だから、コンビニのささみだけ食べて過ごすなどはしませんでした。

以前はうどんだけ、麺類だけ、どんぶりだけ、といった食事が多かったのですが、糖質制限食にすると使用できる食材が限られてくるので、自然と野菜・肉・魚を色々食べるようになっていました。

どうしても自分で作るのは大変、という方はこんな組み合わせがおすすめ。

  • ささみ+コンビニサラダ
  • タンパク質・脂質多めのコンビニ惣菜+コンビニサラダ

おいしい糖質制限食ならきちんと続くし、そもそも制限されている感じもなくなってくると思います。

糖質制限食が私に合っていたのは、量はしっかり食べてもOK!肉魚もたくさん摂れる!という点。また油も気にしたことはありません。「制限食」とは言いますが、私にとっては「苦しくつらい」制限はなかったです♪

衣をつける揚げ物には注意

天ぷらやコロッケ、カツなどは衣やパン粉に糖質が多いため要注意。その糖質量まで計算して範囲内であればもちろん大丈夫ですが、計算できない方は食べないほうが良いと思います。揚げ物なら、

  • 野菜の素揚げ(塩やレモンで♪旬の食材は甘味があっておいしいですよ)
  • 唐揚げ(衣は小麦粉でなく大豆粉を使うと◎ソースには糖質が多いので、既製品の唐揚げ粉を使用し仕上げはレモンのみにする)

がおすすめ!もちろん設定した糖質摂取量の範囲内なら天ぷらやコロッケもOKですよ。

適度な間食の摂取

糖質制限ダイエットには間食をすることがとても重要です。1日のうち仕事や勉強で脳のエネルギーを使うので、糖質を制限している状態だと食事と食事の間にエネルギーが足りなくなることがあります。そのエネルギーを補給するために間食が必要なのです。

もちろん食べ過ぎは禁物。私が実際に食べてみて美味しかった、低糖質な間食をご紹介します!

チーズ(明治北海道十勝ボーノ)

Medium b519afe10cefc662

出典:www.meiji.co.jp

1口サイズで個装になっているので、外やオフィスでも食べやすい!風味も良くもっちりとした食感がたまりません。おすすめはモッツァレラです。

ナッツ(共立食品 4種ナッツのデラックスミックスナッツ)

Medium c0878e5a64f584e9

出典:fresh.lawson.jp

共立食品で製造され、ローソンで販売しています。雪塩とオリーブオイルで味付けしてありすごくおいしい!

ラカント(SARAYAの自然派甘味料)

Medium bae773e530a5959c

出典:toushitsu.jp

ヨーグルトは糖質制限中でも食べられますが、加糖ヨーグルトやフルーツソースが付いているものだと意外と糖質量が多いです。

無糖であれば問題はありませんが、食べづらいので自然派甘味料「ラカント」を使用していました。砂糖と同じような甘味ですが、糖質は体内で代謝されないエリスリトールと呼ばれるものが使われています。

寒天ゼリー カロリーゼロ(ファミリーマート)

Medium 2dc9613516a4f4f8

出典:conveni1042.com

ファミリーマートで販売しているこのゼリーは「糖質2gでカロリー0」です。ボリュームは多め。こちらはネット販売はしていないため、店舗で直接ご購入ください。

スーパー糖質制限で意識が変わった

スーパー糖質制限ダイエットを実践して、ダイエット効果だけでなく私の意識にも変化がありました。

  • 毎日グミ・ソフトキャンディ・チョコを食べていた→食べる必要性もないかな、と感じて食べなくなった
  • お米でお腹いっぱいになり野菜は食べない→副菜系(サラダ、おひたし、酢の物)っておいしい!
  • 糖質制限は、食べられるものが制限されて辛そう→思ったよりも色々食べられる!味付けや使う食材を工夫すれば辛くない。

以前は炭水化物が好きすぎて、先にご飯を食べてしまいおかずを食べられず残してしまっていました。ダイエット後は炭水化物も摂取していますが、自然とおかずから先に食べるようになり、野菜を中心とした副菜も食べる習慣がつきました。

上記の変化はダイエットを終えた後も続いています。私には糖質制限ダイエットが合っていたようです。ただし、糖質制限ダイエットが身体におよぼす影響は未だに議論がなされています。

糖尿病の治療中で服薬している方は低血糖に陥る可能性があるので実践しない方が良いようです。妊娠中や成長期の方も、身体に悪影響をおよぼす可能性があるので行わないようにしましょう。健康な方でも、体調の変化には注意して実践するようにしてくださいね。

この記事のトピック

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事