Medium 52c30908f2dabe44

1か月ヨーグルトダイエットの効果は?4つの商品を食べ比べ!

美容や健康にいいとよく話題になるヨーグルト。もともとヨーグルトが好きな私は、食べ方を工夫するだけで好きなものがダイエットにつながるなら嬉しい!と思い、ヨーグルトダイエットを1ヶ月間実践。実践して感じた効果や感想をまとめました!

ライター:りぃ  カテゴリー:食事  投稿日:2017/01/06

私が実践したヨーグルトダイエットの方法

Medium a8b19ac7de1cf951

ヨーグルトダイエットをしよう!と思い立った時、ただやみくもに摂取するのはやめようと思いインターネットで色々と調べてみました。調べた結果を踏まえ、「食べるタイミング・食べ方・ヨーグルトの種類」の3点に注意して摂取することにしました。

食べるタイミング:食前

「便秘解消」なら、食後、「ダイエット」なら食前がおすすめです

出典:rosamayumi.com

ヨーグルトを食べるなら、ダイエット効果を高めるためにも、食前がお勧め。食前にヨーグルトを食べることで、食欲が満たされ、一回当たりの食事量を減らすこともできます

出典:interesting-content.net

ヨーグルトと言えば、乳酸菌が腸内環境を整えて便秘を防止する効果が有名ですよね。食前にヨーグルトを食べると、食欲を抑制し食べ過ぎを防ぐ効果も期待できるんだとか。そこで、なるべく食前にヨーグルトを食べるようにしました。

食べ方:ホットヨーグルト

ヨーグルトは温めて食べるとよりダイエット効果があるそうです。腸が温まるとダイエットに効果的なカルシウムの吸収率が向上するためです。

体内のカルシウムが欠乏すると、副甲状腺ホルモンが分泌され体内に脂肪を蓄積しようと働きます。すると腸から脂肪を吸収しようとし、太りやすい体質になってしまいます。

温かいヨーグルトを食べると腸が温まって活発に働き、カルシウムの吸収率をアップしてくれます。その結果副甲状腺ホルモンの分泌を抑制し、太りにくい体質づくりに繋がるそうです。

そこで、ヨーグルトを食べるときはなるべく耐熱皿に入れラップをせずにレンジに30~60秒チンしてから食べるようにしました。

ヨーグルトの種類:自分と相性のいいものを!

ヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類はさまざま。乳酸菌は全部で数千以上の種類があります。腸内環境を整える働きをすることは同じですが、菌によっては美肌効果や免疫力効果があるものもあります。

この付帯効果に注目して自分の目的に合った乳酸菌をもつヨーグルトを選ぶこともできますが、もっと注目すべきは乳酸菌と自分の身体の相性。相性がいい乳酸菌ほど整腸作用の効果が表れやすいそうです。

自分との相性を確かめるためには、1週間ほど続けてみて効果を見るのがいいようです。私は1ヶ月で計4種類のヨーグルトを試しましたが、確かに種類によって効果は違いました!

ヨーグルトダイエットを実践した感想

Medium 6bf6243f4be6eb18

上記の方法でヨーグルトダイエットに取り組んでの感想は、

  • 手軽さ:★★★☆☆(外食の場合、食前にホットヨーグルトを食べるのは難しいです)
  • 体重への効果:★★☆☆☆(1ヶ月では短かったのかもしれませんが、大きな変化はありませんでした)
  • ボディラインへの効果:★★★★☆(食べ過ぎでも翌日にはお腹周りはすっきりに戻ってルンルンでした)
  • 美容・健康効果:★★★★☆(肌の調子や体調がよくなりました)

食べるだけなので簡単♪ただし、毎日続けるのは意外に難しい…

ヨーグルトダイエットは食べるだけ(温める手間はありますがレンチンするだけなので簡単です)なのでとっても簡単。値段も1食分で100~150円です。大きい容器のものを買って小分けにして食べるとさらに値段も抑えられます。

ただし、食前にホットヨーグルトを食べるのは外出先だと難しいです。仕事が忙しく夕飯を外で済ませがちな方や飲み会の多い方などはこの方法だと毎日は続けにくいかもしれません。

私も、「ホットヨーグルトを食前に」という方法では食べられない日が何日かあり、「あー、今日できなかったな」という気持ちから続けるのが面倒になるときもありました。そんなときは、ヨーグルトを食べるだけでも続けようと少しルールを甘くしてみました。

体重への影響はさほど大きくはない…

1ヶ月という期間の短さもあってか、残念ながら体重に大きな変化は見られませんでした。

「食前に食べることで食欲抑制になる」という話から食前に摂取するようにしていましたが、私の場合空腹時にヨーグルトを食べるとさっぱりした後味によって逆に食欲が湧いてしまいました。そんな人は食前ではなく便秘解消効果の高い食後のタイミングで食べるようにしてもいいかもしれませんね。

便通が整いおなかまわりがすっきり♪

ヨーグルトダイエットを始めてから毎朝同じ時間にお通じがくるようになりました!食べ過ぎた日の翌日お腹がポッコリしているとそれだけで少し気分が沈みますが、毎朝ルンルン気分で迎えることができました。

朝の時点ですっきりしたボディラインでいられると、今日も一日これを保とうという意識が生まれ、自然と食べる量の調整に繋がったような気がします。

肌の調子や体調もばっちり!

ヨーグルトダイエットを始めてから肌つやが良くなり、母からも「最近肌きれいだね?」という嬉しい指摘をされました!また、身体の調子もよく、風邪などをひきにくくなりました。

健康的な状態でないと「ダイエットをしよう!」というモチベーションもわいてこないので、ダイエットに取り組む基礎づくりとしてもヨーグルトダイエットは向いているかなと思います。

4種類のヨーグルト食べ比べ!

私は1ヶ月間週替わりで4種類のヨーグルトを試してみました。乳酸菌の種類との相性は個人差がありますが、味やホットヨーグルトにしたときのおいしさなどもまとめましたので参考にしてみてください。

①明治ブルガリアヨーグルト

正統派プレーンヨーグルト。使われている乳酸菌はブルガリア菌2038株とサーモフィラス菌1131菌です。これらの乳酸菌は整腸作用の他に美肌効果が高いことで有名です。

味は他の商品に比べて酸味が強いのが特徴です。私は牛乳くささが苦手なので酸味が強い方が食べやすく助かりました。ホットヨーグルトにしても酸味が残ります。プレーンなのでハチミツなどを少量加えないと少し食べにくい人もいるかもしれませんが、その方が加糖ヨーグルトよりも優しい甘さになります。

②明治ヨーグルト R-1

使われている乳酸菌はOLL1073R-1です。免疫力強化に効果的なことで有名で、インフルエンザ対策としても人気があり受験シーズンには売り切れ続出なんてことも。その人気もあってお値段は他の商品と比べて少し高めです。

ブルガリアヨーグルトほどではありませんがこちらも酸味が強めです。加糖タイプのものですがホットにすると少し甘みが物足りない感じがします。しかしもともと砂糖が入っているため追加するのは気が引けて、味としてはもう一歩というところでした。

③メグミルク ナチュレ恵

使われている乳酸菌はガセリ菌SP株とビフィズス菌SP株で、生きたまま長く腸に留まってくれる乳酸菌として他の乳酸菌よりも整腸効果が強いことで有名です。内臓脂肪・皮下脂肪の低減効果もあります。

酸味は弱くクリーミーな味が印象的でした。ヨーグルトの酸味が苦手という人にはいいかもしれません。ホットヨーグルトにすると他のヨーグルトよりもやわらかい口当たりになります。はちみつよりはジャムなどしっかりした味のものと相性がいいです。

④ダノンビオ プレーン・加糖

使われている乳酸菌はBE80。こちらも生きたまま腸まで届く、高生存ビフィズス菌として有名です。胃酸や腸液でも死滅せず腸まで生きたまま届き整腸効果をもたらします。

酸味はなくこってり濃厚な味が印象的です。あたためるとよりとろっとなめらかな口当たりになりますが、濃厚な分甘みの物足りなさが出やすいです。

私は酸味の強い無糖のものとハチミツを合わせるのが一番体に合い、味も好みでした。お好みに合わせてご自身に合ったヨーグルトを見つけてみてください!

美味しく、ダイエット食品としても優秀なヨーグルト。みなさんもぜひ試してみてください!

この記事のトピック

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事