Medium 6fa79db7edb5eba2

生理前豆乳ダイエットは本当なのか?実際に試して効果を検証!

生理前に1週間豆乳を飲むだけで、生理が終わったときには2キロ体重が落ちていると話題の「生理前豆乳ダイエット」!実際に試したところ、本当に2キロ落ちました◎体重が減少した理由と注意点を紹介します。

ライター:koharu  カテゴリー:短期集中  投稿日:2017/01/06

この体験談を書いた人

D4ce75dc5c03dcbc koharu

大の甘党で、たくさん食べながらも痩せる方法はないかと常に探しています。ダイエットしたいという気持ちを後押しするような記事を書きたいです。

生理前豆乳ダイエットの効果

Medium 109e861931c06b3e

生理前に1週間豆乳を飲むだけで痩せると聞いたことがありませんか?私も豆乳が好きで普段からよく飲んでいたのですが「生理前」に飲むのがいい◎と聞き、ダイエットとして挑戦してみることに!飲むだけで体重が落ちるなら試してみたくなりますよね♪

生理前に豆乳を飲んで感じた効果は以下の通りです!

  • 体重が2キロ落ちた。
  • 見た目がすっきりとした。

2キロ落ちる!と知って挑戦してみると、本当に2キロぴったり落ちて驚きました。見た目がすっきりとしたのも嬉しいポイントです◎

生理前豆乳ダイエットのやり方

Medium 95391c9476151187

生理前豆乳ダイエットのやり方はとても簡単です!生理1週間前から、毎日200ml(1パック)の豆乳を飲むだけ。調理をする必要もなく、スーパーやコンビニで手軽に手に入るので、1週間楽に続けることができます!実際に行っていた豆乳ダイエットのやり方をご紹介します。

生理前豆乳ダイエットのやり方
①生理1週間前から毎日200ml(1パック)の豆乳を飲む。
②調整豆乳ではなく、無調整の豆乳を飲む。
③飲むタイミングは「朝食前」「食前」
④生理が来たら豆乳を飲むのをやめる。
⑤食事は揚げ物やお菓子は控え、ヘルシーを心がける。

1日200ml(1パック)がポイント

豆乳には「大豆イソフラボン」と呼ばれる女性ホルモンの「エストロゲン」に似た働きを持つ成分が含まれています。大豆イソフラボンを摂取しすぎるとホルモンバランスが崩れ、生理が遅れるという説があるんです。

大豆イソフラボンの1日の目安摂取量は「75mg」です。豆乳200ml(1パック)に含まれる大豆イソフラボンの量は無調整豆乳「56mg」調整豆乳「43mg」なので、豆乳で摂取する大豆イソフラボンの量は1パックでじゅうぶんといえるでしょう◎

1日1パック飲めばいいと分かれば、生理前に豆乳を1週間分買いこんでしまえば続けることは楽なので、毎日忘れずに飲むことができました♪生理前豆乳ダイエットのメリットは「買い込んでしまえば楽」というところにもあると思います。

生理前豆乳で痩せた理由を分析してみた

そもそも、生理前は「むくみ」やすく、ダイエットをしても体重が落ちない時期といわれています。そのため、どれだけ食事制限をしてもなかなかダイエット効果を実感しにくいんです。

理由はプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンが、「赤ちゃんを育てやすい環境を作る」ために脂肪(栄養)を蓄積しようとするため。代謝が落ちて老廃物や余分な水分を排出しにくくなるので、むくんでしまうんです。豆乳を飲むことで、それらを解決することができます◎

①大豆サポニンによる中性脂肪の低下

豆乳に含まれる大豆サポニンには、中性脂肪を低下させる働きがあります!食べ物で摂取したブドウ糖を腸内で脂肪と合体させないように作用するので、体脂肪が蓄積するのを防ぐ効果があるんです◎

高脂血症・動脈硬化症・高血圧症の患者さんに大豆サポニンを投与したところ、中性脂肪が88%改善したという報告もあります。実際に見た目がすっきりしたのは生理前の「脂肪を溜めこみやすい」時期を豆乳で改善できたからだと思いました◎

②カリウムによるむくみの解消

Medium 6de5bc2aeae1264a

カリウムには体内に蓄積された老廃物や余分な水分を外に排出する働きがあります!

長時間の立ち仕事や運動不足、塩分の取りすぎなどにより血流が滞ると、老廃物や水分の排出がスムーズに行えなくなってしまいます。

カリウムを摂取することで、むくみの原因を体の外へ排出できたので生理前のむくみを改善できたのだと思います◎

③「生理後」のダイエット効果向上

女性ホルモンの影響で生理前はむくみやすく、脂肪を溜めこみやすい時期だと分かりました!ホルモンのサイクルを考えると、ダイエットに適している時期は「生理後」1週間~10日間といわれています。生理前の「むくみやすさ」「脂肪の溜めこみやすさ」を改善しておくことで、生理後のダイエット効果もあがります♪

本来ならダイエットに向かない時期といわれていた「生理前」にむくみや脂肪の溜め込みを抑えることで、効率的にダイエットできます。その後も続けたい!と思えるダイエットになりました♪

無調整豆乳と調整豆乳どっちがいい?

Medium 301088b295f7f496

生理前豆乳ダイエットを始めたい!でもどの豆乳を飲めばいいの?と悩んでしまいますよね。私が調整豆乳ではなく無調整豆乳を飲んでいた理由をまずは成分の違いからご紹介します◎

無調整豆乳と調整豆乳の成分表(1パック:200mlあたり)
カロリー カリウム 大豆サポニン 大豆イソフラボン
無調整豆乳 115kcal 425mg 80mg 56mg
調整豆乳 117kcal 329mg 77mg 43mg

無調整豆乳と調整豆乳にカロリーの差はほとんどありませんが、ダイエットに効果のある大豆サポニン、大豆イソフラボン、カリウムの量は無調整豆乳のほうが多いです。無調整豆乳は調整豆乳とは違い、大豆の匂いがして飲みにくいと感じる人も多いと思いますが、ダイエットとして飲むなら無調整豆乳がおすすめです!

豆乳で「生理が遅れる」ってほんと?

大豆イソフラボンには女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きがあり、過剰に摂取することでホルモンのバランスが崩れ、生理が遅れるという口コミがあります。

口コミがあるだけで科学的な根拠はありませんが、生理が遅れる心配がある場合は過剰摂取にならないよう、1日200ml、つまり1パックの量を守ることがポイントです!

私の場合は生理が遅れることがなかったため、あまり気にしていませんでした◎

生理前豆乳ダイエットについて、実際に挑戦したやり方から、痩せた理由、生理が遅れるかも?という疑問までいろいろとご紹介しました!生理前豆乳ダイエットを行う時は1日の摂取目安量を守って、過剰摂取にならないよう気をつけることがポイントです!

なによりも、豆乳を飲むだけ!というのが続けやすい魅力的なところですよね。ダイエット方法としては他の大豆製品を食べるよりも簡単です♪ぜひ参考にしてみてください。

この記事のトピック:

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事