Medium c9b458603cc7e96e

車の中や家でもできるカラオケダイエットを考案!方法と効果

カラオケは好きですか?私は、今はほとんどやりませんが、昔はよくやっていました。最近はカラオケボックスに行けないので、車の中や家でできるカラオケダイエットを考えました!方法と効果を紹介します。

ライター:成瀬京子  カテゴリー:産後・その他  投稿日:2017/01/27

私がやっているカラオケダイエットの方法

Medium 823a137e4c5ee070

カラオケと言いながらカラオケボックスには行きません。自宅や車の中で歌います。昼間に1人でカラオケ屋に行ってもいいのですが、安いカラオケ屋が家のすぐ近所で、小学校の学区内にあるので少し気が引けます。誰が見ているかわかりませんから。

運転中は声を出して歌う

声を出して歌えるのは、車に乗っているときです。近所のスーパーよりも、ちょっと距離のあるところに往復するときがいいです。

音楽を聞くのには、スマートフォン+Google Play Musicか、iPodを使っています。そのどちらかとカーオーディオをケーブルで接続すると、カーオーディオから音を出すことができます。

1人で乗っているときにやるので、ちょっと大きな声を出しても大丈夫です。大きな声を出して歌えるのは、かなりストレス解消になります。

家では声を出さない

家の中では、さすがに近所迷惑なので声を出さないで歌います。洗濯物を干しているときとか、掃除のときなどに歌っています。音楽を出すには、車の中と同じようにスマートフォン+Google Play Musicか、iPodとイヤフォンを使っています。

特にカラオケ用のボーカルオフの音楽ではないのですが、あまり気にしていません。

声を出さないで歌うというのはちょっとわかりにくいですが、口と腹筋は動いているけど、声は出ていない状態です。腹筋は声を出すときと同じように動いていて、息も同じように吐いています。これも、あまり家族に見せられる姿ではないので、やれるのは1人のとき限定です。

カラオケダイエットで実感した効果3つ

Medium ccbe5e31aa86bc33

①腹筋に効く

腹式呼吸で歌うので、腹筋は鍛えられます。下腹部の脂肪には効果があります。

もちろん、カラオケだけでお腹がぺたんこになるわけではありません。スカートがちょっとキツくなった、どうもワンサイズアップしたらしい、というときの調節に使っています。

腹筋運動は苦手という方でも、大きな声で歌うだけならやる気になるのではないでしょうか?

本格的にカラオケダイエットをするなら、カラオケボックスでしっかり声を出したり、立ち上がって踊ったりすれば、身体全体を動かせるので、全身運動になります。歌うだけよりも、カロリーは消費できそうです。

②顔の筋トレになる

カラオケのときには、口を開けたり閉めたりして、顔の筋肉をよく動かします。すると顔の筋トレになって、顔が少し小さくなることが期待できます。できれば大きく口を開けて大きな声で歌うと、より効果的です。

小顔にするためにいろいろなグッズを使ったり、マッサージしたり、顔の筋トレをする人もいますが、楽しんでカラオケをするだけでも充分代わりになります。

顔の筋肉を動かすことで、顔のシワを防止することもできます。特にほうれい線には効果的です。私はアラフォーですが、まだほうれい線はできていないです。

③ストレス発散になる

好きな曲を歌ったり、大声を出したり、振り付けを踊ることで、ストレス解消になります。

食事制限や厳しい運動でストレスがたまっている人も、カラオケでスッキリすることでストレスを解消できるので、ダイエットのサポートになります。

本格的なカラオケダイエットのポイント

歌うことで消費するカロリーは、曲によってさまざまです。平均的には10kcal程度ですが、曲によっては20kcalくらい消費できます。

20kcalと言えば、ウォーキング10分くらいの消費カロリーになります。これに振り付きで歌う分を加えると、しっかりとした運動にもなりそうです。

カラオケで本格的にダイエットしたいという方のためにポイントを紹介します。

腹式呼吸で大きな声を出して歌う

中学時代、合唱の時間などに言われた「お腹から声を出して歌う」ということです。口も大きく開けたほうがいいでしょう。腹筋を使うことにもなりますし、喉で歌うよりも疲れません。歌もうまくなります。

腹式呼吸のトレーニングには、こちらが参考になります。

腹式呼吸の方法

方法
①息をスーッと吐く
②吐き切った状態で2秒間キープ
③鼻から息を吸う

立ち上がって振り付きで歌う

座ったまま歌うだけよりも、全身運動になります。アップテンポな曲を踊りながら歌うと、それなりにカロリーを消費できます。人といる時にはちょっと恥ずかしいですが、盛り上がります。

演歌、アニメソング、バラードを選ぶ

他の曲よりも、声をよく出して腹筋を使う曲が多いそうです。他の曲の合間に挟んでみてください。

おすすめグッズ

音楽を聴くのに使う機械は、スマートフォンでもミュージックプレイヤーでもかまいません。自宅では好みのイヤフォンがあればいいです。

車の中で聴くには、イヤフォンやヘッドホンでは危険です。自分の車のカーオーディオに接続できる装置はどれかをディーラーなどで聞くか、外付けのスピーカーを使いましょう。

Floveme防水スピーカー 吸盤式

Medium 417d3729b55851b6

出典:www.amazon.co.jp

ワイヤレスで防水タイプなので、お風呂などでも使うことができますし、雨の日でも気兼ねなく使えます。1つあると便利です。

カラオケダイエットの注意点

食べ物や飲み物のカロリーに注意

カラオケボックスではフリードリンクのところも多いですが、いろいろな飲み物を飲んでしまうと、カロリーの摂り過ぎになります。特にジュースを飲むと、歌った分の消費カロリーはすぐになかったことになってしまいます。

特に飲み会の後のカラオケでは、ついそのままビールなどを飲んでしまいがち。カラオケでダイエットしたいなら、飲み物には気をつけましょう。

飲み物のカロリーを消費する曲数
飲み物 1杯分のカロリー 消費できる曲数(1曲あたり10kcalで計算)
コーラ(200ml) 90kcal 10曲
オレンジジュース(200ml) 80kcal 9曲
ビール(中ジョッキ) 200kcal 20曲

喉に注意

歌いすぎて喉を傷めることがあります。うまく腹式呼吸で歌えれば喉への負担はかなり軽減されるので、ダイエットの効果を上げるためにも、きちんと腹式呼吸で歌えるようになりましょう。

私は見たことはありませんが、最近は、消費カロリーの表示されるカラオケマシンもあるそうです。つい消費カロリーの高い曲を選んで入れてしまいそうですが、ダイエットの励みになりそうです。

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事