Medium 97306340c7ffeadc

難消化性デキストリンで自家製トクホ!ダイエット効果は?

「脂肪の吸収を抑える」という売り文句のものが多いトクホ食品。外でドリンクを買うときには、ついトクホ食品を選んでしまう人も多いのでは?そのトクホ食品のようなものを自作してみたので、体験談をご紹介します。

カテゴリー:商品  投稿日:2017/01/27

この体験談を書いた人

608910a50af657b8成瀬京子

ダイエットと書かれていれば、とりあえずチェックするタイプです。運動は苦手。

高いトクホを買わなくても同じ効果が得られる?

トクホ食品を飲んでいると、ついラッピングにある説明文を読んでしまいますよね?説明文を読んでいると、トクホ食品によく含まれている「難消化性デキストリン」というものがダイエットに良さそうだと気づきました。

トクホ食品は普通の食品よりお高いです。トクホ食品に限らず、ダイエット食品はたいてい高いですよね。トクホ食品のキモである難消化性デキストリンがあればいいんじゃないか、と思って調べてみました。

コカ・コーラ からだすこやか茶

8ffceb49bfbe4817

出典:www.amazon.co.jp

トクホ食品の飲み物です。難消化性デキストリンがダイエットに有効とされています。難消化性デキストリンはよく溶けていて、飲んだ感じは、普通のお茶とあまり変わりません。

難消化性デキストリンを買って自家製トクホに挑戦してみた!

難消化性デキストリンは、ドラッグストアやインターネットで購入できます。私と同じように、難消化性デキストリンを買って自家製トクホダイエットにチャレンジする人は結構いるようで、たくさんの種類が売られています。

私が試した難消化性デキストリン

難消化性デキストリン

F812591fcf4030e9

出典:www.amazon.co.jp

ネット通販ならではのお徳用です。袋が大きくて扱いづらいので、湿気の入らない容器に小分けしておくと使いやすいです。

冷たい液体にも溶けやすい粉末状と書いてありますが、冷たいものに混ぜると、ちょっと底に溶け残ってザラザラします。温かい飲み物に混ぜてもOKですが、私は冷たい飲み物に混ぜていたので最初のうちは飲みにくいと思っていました。

イージーファイバー

1be4ca4b99bf5afe

出典:www.amazon.co.jp

昔からあるダイエット食品です。昔は食物繊維が摂れることを売りにして「レタス○個分の食物繊維」などと書いてあったような気がします。実はこれも難消化性デキストリンでした。

最近は難消化性デキストリンが有名になったので、パッケージにも「難消化性デキストリン」という記載が目立ちます。

ヨーグルトなどに混ぜる方法を勧めていますが、ちょっとざらつきます。ジャムなどを入れると気になりませんが、ダイエット中は甘いものは避けたいですよね。

どちらの商品も、冷たいものにはちょっと溶けにくいという印象があります。市販のトクホ食品は、冷やす前に混ぜるとか、よく振るとか、なんらかの対策をしているのかもしれません。

お得!自家製トクホのコスト

からだすこやか茶1本には、難消化性デキストリンが5g含まれています。価格は、1本あたり117円です。

大袋の難消化性デキストリンは、1袋400gなので、からだすこやか茶80杯分に相当しますが、価格は864円なのでからだすこやか茶よりはるかにお安いです。

イージーファイバーは、1パックあたり難消化性デキストリンが4.2g含まれており、1箱30パックで848円です。イージーファイバー1パックでからだすこやか茶1本程度の難消化性デキストリンと仮定します。

1杯あたりの価格を、トクホと自家製トクホで比較してみましょう。(Amazon価格で比較)

難消化性デキストリンの摂り方と価格
種類 1杯あたりの難消化性デキストリンの量 1杯あたりの価格
からだすこやか茶 5g 117円
難消化性デキストリン(大袋入り) 5g 10.8円
イージーファイバー 4.2g 約28.27円

大袋の難消化性デキストリンを買えば、かなりお得なトクホ飲料が自作できます。ベースに使う飲み物も自分の好みで選ぶことができます。

難消化性デキストリンの飲み方

92b9066570f78fab

私のやっていた飲み方

私は、適当に飲み物に混ぜて飲んでいました。夕方の小腹が空いた時間帯が多かったと思います。温かいもののほうがよく溶けるので、コーヒーや紅茶がおすすめです。よく混ぜたいので、ミルクなどを入れる前に難消化性デキストリンを入れ、かき混ぜてからミルクや砂糖を入れていました。

飲んでからしばらくして夕飯ですが、その時は夕飯を少なめにできました。水分をたっぷり摂っておくと、難消化性デキストリンがお腹の中でふくれてくれるからです。ただし、飲んですぐにはあまりわかりません。あとからお腹が張ってくるので、注意が必要です。

量としては、1日1回、5g程度の量を飲んでいました。1回分の量が多いと溶けにくいです。また、私は胃腸があまり強くないため食物繊維の摂り過ぎには注意していました。

正しい飲み方

実は、私のやり方ではタイミングが良くなかったようです。本来は、食事の直前に飲んだ方がいいのです。食事を始める前に、たっぷりの水(その他飲み物)で難消化性デキストリンを飲んで、それからバランスのよい少なめの食事をとる、というのが正しい方法です。

私は「水分を摂ったらお腹でふくれて食べる量が減るのではないか」と考えて、食事より少し前に飲んでいましたが、それでは難消化性デキストリンの「整腸作用」しか期待できません。難消化性デキストリンの「糖や脂肪の吸収を遅らせる」効果は充分に発揮されません。

回数は毎食前、1日に3回まで。1回の最大量は10g程度まで大丈夫だそうです。ちょっと私には多いと思うので、胃腸に自信がついたらチャレンジしてみます。

難消化性デキストリンの効果・安全性

Fdcf5fa8eac52db3

難消化性デキストリンの効果

難消化性デキストリンには、5つの効果があります。

①整腸作用

難消化性デキストリンは水溶性食物繊維で、水分を抱えこんで保持します。その結果、便の量と軟らかさを保ち、便秘・下痢症状が改善します。腸内環境も改善します。

②糖の吸収を遅らせる

小腸で糖分が吸収されるとき、難消化性デキストリンが吸収スピードを抑えます。血糖値の急激な上昇が防げるので、糖尿病の方には効果的です。

③脂肪の吸収を遅らせる

食事に含まれる脂肪分の吸収スピードを緩やかにし、食後の中性脂肪の上昇を抑えます。

④内臓脂肪を減らす

中性脂肪やお腹周りの内臓脂肪を減らす効果があります。

⑤ミネラルの吸収促進作用

難消化性デキストリンを摂ると、Ca(カルシウム)、Mg(マグネシウム)、Fe(鉄)、Zn(亜鉛)などのミネラルの吸収を促進します。

難消化性デキストリンは安全なの?

難消化性デキストリン自体は聞きなれない名称ですが、原材料はとうもろこしやじゃがいもなどのデンプンです。あまり心配することはないでしょう。

ただし、私のように胃腸の弱い人は、とりすぎるとお腹がゆるくなったり、水分不足で便秘になってしまうこともあります。これは使い方の問題なので、副作用ではありません。

難消化性デキストリンの効果は?

以前飲んでいたときは、効果はありませんでした。数回飲みましたが、便秘になったりお腹がゆるくなったりして、適量を探っているうちにやめてしまいました。

飲むタイミングも良くなかったのがわかりました。以前買ったものがまだ残っているので、飲むタイミングを変えて残りにチャレンジしようかと思っています。

難消化性デキストリンが合わない人は、ヨーグルトやオリゴ糖など、善玉菌と一緒に食べると良いということも聞いたので、合わせ技でやってみようと思います。

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

トピック

人気記事