Ce5785401c64fe83

ヨガを3か月続けて感じたダイエット効果。おすすめポーズも!

ヨガはダイエットに効果的と言われていますが、その動きはかなりゆっくり。本当に痩せるの?と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。筆者が3ヶ月間のヨガで得た効果と感じたことをご紹介します!

カテゴリー:運動  投稿日:2017/01/30

↓他の体験談も「まとめ読み」できる記事↓

Medium 3a9430288c6ea93b

気軽に開始!自宅でヨガ生活

D678f22791daf8fc

今やスポーツ選手から芸能人、さらには一般人にまで浸透したヨガ。深い呼吸に重点を置き流れるようにポーズをとっていく一連の動きは、運動が苦手な人でも取り組みやすいと言われています。ダイエット効果以外に、健康や精神面での効果も期待できます。

元々激しい運動が好きではない私も続けられそうだと思い、ヨガを始めました。自宅でYouTubeなどの動画を見ながら行うセルフヨガ(30分程度)を週に2回から開始しました。

じわじわ効く?ヨガでオススメのポーズ3つ

ヨガは他の運動のように息が切れるようなものではありません。ポーズができない場合は休むのもOKだと言われています。正直「他の運動に比べて辛くない!」という感想を持ちました。キツすぎないので長く続けることもできます。

とは言え、中には「筋肉に効いている!」と実感できるポーズも。次に紹介する3つのポーズは、引き締まった身体を手にいれたいダイエット目的の方にぴったりだと思ったものです。

①三日月のポーズ

0d5f1855aefc7904

出典:www.yoga.jp

上半身を起こしていく際、股関節部分がぐーっと伸びていくのがわかります。起き上がった上半身の姿勢をそのままに静止するときは上手にバランスをとらなければいけないので、身体の中の筋肉を使っているというのが自分でも実感できるポーズです。

方法
①正座の状態から右足を立膝にします。
②息を吐きながら上体を前に倒します。両手を前につき、左足は後ろに伸ばしましょう。
③息を吸いながら上体を起こします。両手を頭上にあげて合掌。ゆっくり5呼吸繰り返します。

②で後ろに伸ばした脚は膝と足の甲を床につけても大丈夫です。上体を起こす際は、骨盤が正面に向いていることを確認しましょう。

②賢者のポーズ

E7e13197657dc3b2

出典:www.yoga.jp

いわゆるサイドプランクである賢者のポーズは脇腹や腕、体幹の引き締めに効果的です。

方法
①正座の状態から息を吐き、両手を前につき左足を後ろに下げます。
②息を吸いながら体を左に向け、左手を真上に伸ばします。
③息を吐きながら右足も伸ばして両足を揃えます。この姿勢で5呼吸キープ。

腕だけに力を入れるのではなく、腰からお尻を意識して持ち上げるようにしましょう。きつい場合は左足を曲げて床につけてもOKです。

③V字のポーズ

なかなか引き締められない下腹にはV字のポーズが効きます。体を支えるために下腹で踏ん張るイメージで、見た目以上に力が必要です。

方法
①背筋を伸ばし、両膝を立てて座ります。
②息を吐きながら右足をマットと水平になるように持ち上げます。
③息を吸いながら左足を同様に上げていきます。
④息を吸いながら両腕をマットと平行になるように持ち上げます。背筋・首をまっすぐにして3呼吸。

両足を平行にした段階で背中が曲がりがちですが、それでは意味がありません。しっかりと背を伸ばしてその姿勢をキープするようにしましょう。

体重よりも見た目の変化に効果あり!

6096fedf417564a8

ヨガを始めて3ヶ月経ったときの変化は以下のとおり。

  • 体重は変化なし
  • お腹の厚みが減った
  • 前より姿勢がよくなり、体の歪みが解消されたと感じた
  • 食欲がコントロールできるようになった

体重だけ見てしまうと「ヨガはダイエットに効かない!」と思われてしまいそうですが、数値以上に身体に嬉しい効果がありました。

食べ過ぎても太らない!?

「体重に変化がなかった」と書きましたが、「食べ過ぎても体重が増えなかった」ことも含みます。ヨガを始めて2ヶ月目、忘年会と新年会続きでつい食べ過ぎてしまいましたが、例年のように体重計に乗ってびっくり…!ということはありませんでした。少し増えていても数日経つと元に戻っていました。

これはヨガのポーズがインナーマッスルを鍛えていたからだと考えられます。インナーマッスルとは体の奥にある筋肉で、日常動作中など起きているときは常に使われる筋肉。

筋肉は熱を生産するので、増えれば増えるほど体温がUPします。高い体温を保つためには多くのエネルギーが消費されるようになり、結果として基礎代謝(何もしなくても消費されるエネルギー)が上がるのです。

ヨガでインナーマッスルを強化したことによって、基礎代謝があがり多少食べ過ぎても太りにくい身体になったのだと思います。

姿勢が良くなり見た目が痩せた!

姿勢の改善や体の歪みの解消もインナーマッスルが関係していると言えます。インナーマッスルは関節の位置を調節したり、姿勢を正しく保つ役割があります。

それまでは筋力不足でしたが、ヨガで鍛えたインナーマッスルによって体を正しく支えられるようになりました。お腹の厚みが減ったのも、インナーマッスルの強化によって下がり気味だった内臓が正しい位置に戻ったためだと言えるでしょう。

ダイエットによるストレスから解放された!

ヨガを通して、精神面の変化も感じました。以前は疲れたとき、イライラしている時などつい間食をしてしまいがちでしたが、ヨガを始めてからはそのような失敗が減ったように思います。

「何か食べたい!」と感じた時はヨガの呼吸法で大きく息を吐くことで、気持ちが落ち着きました。時間がないときでも1〜2つのポーズを実践するだけで食欲を収めることができるようになりました。

こんな人にヨガがおすすめ

今では週1回でスタジオにも通い、私の生活に欠かせないものとなってしまったヨガ。次のような方にお勧めします。

  • 体重ではなく見た目に変化が欲しい人
  • 運動が嫌いな人
  • ストレスフリーな生活を送りたい人

体重を減らしたいと思っている方にとっては、ヨガだけでは満足のいく結果は得られないかもしれません。そのような場合は他の運動や食事法を併用するといいかもしれませんね。

モチベーションUP!ヨガアイテムをご紹介

私がヨガをする上でとても役に立っているグッズ・動画などをご紹介します。

①ヨガマット

最初はカーペットの上で行っていましたが、ヨガマットを使用することによってポーズで手や足がすべることがなくなりました。安定したポーズをとるのに必要です。

旅行やアウトドアへ出かけた時などに車に積んで出かければ、出先でも気軽にポーズが楽しめるのでいいですね。

30a00f964b952aeb

出典:www.amazon.co.jp

私はこちらのGAIAMのヨガマットを購入しましたが、滑りにくい表面なのでポーズがとりやすいです。素材や厚み、色など自分のお好みのものを選ぶと良いですね。

②YouTube

自宅で数十分間のフローヨガを行う時は映像があったほうが便利です。私はYouTube内でお気に入りのヨガチャンネルを登録しています。よくわからないポーズは巻き戻して見ることができるのもいいですね。

③Instagram

「こんな綺麗にポーズがとれるようになりたい!」とモチベーションをあげてくれるのがInstagram。海や山、森の中でポーズに溶け込んでいるヨギ(ヨガをする人たち)の写真を見ていると、自分ももっと上手になりたいと思えます。「#yoga」「#yogi」「#yogaoutside」といったタグで検索してみてください。

身体も心も健康にしてくれるヨガ。ダイエットがうまくいかず、自分を責めてしまったり、落ち込んだりしている人はヨガの深い呼吸でリラックスしてみてはいかがでしょうか。楽な気持ちになれるかもしれませんよ。

\成功者の方法をまとめてみました/

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

人気記事