Medium 50f27fbe9093eef3

私が15kg減に成功した、お腹が空いた時に食欲をなくす方法3つ

ダイエットに食事制限はつきもの。毎食お腹いっぱい食べられず、間食もできず、辛い毎日ですよね。この辛さを乗り越えた先に良い結果があると分かっていても我慢できないのが「食欲」です。私が-15kgに成功した、食欲を失くす3つの方法を紹介します。

カテゴリー:生活習慣  投稿日:2017/01/30

この体験談を書いた人

1760cd97bffa41f9結城友貴

毎日カロリーと体重のことを考えて生きています。好きな食べ物は焼肉とアイス。罪悪感を感じながら食べるラーメンが世界一美味しい。そんな私でもダイエットにちょこちょこ成功。ちょこちょこリバウンド。成功したダイエットを紹介します!

①お腹が空いたと思ったら寝る

4110d2dd2708e195

仕事中や外出時には難しいですが、家に帰ってきて早めの夕飯を済ませた夜の10時頃はとてもお腹が減りますよね。アイス、パンなどとりあえず何かを口に入れたくなりますよね。

ここでガムを食べましょう、アメにしましょう、と言う方も多いですが、私は無理矢理寝るようにしていました。眠れなくても、深夜に見たいテレビがあるときも、とりあえず布団に入ってスマホをいじったり本を読んだり、友達と電話をしたり。布団の中でぬくぬくしながらできることを探して実践していました。

お布団で1度ぬくぬくしてしまえば、抜け出すのは至難の業。お腹が空いていることなど忘れてぬくぬくしてしまいましょう。ぬくぬくしている間にいつの間にか空腹は収まりますし、寝てしまえばもう朝なので、お腹が空いた状態でおいしく朝食を食べることができます。

②お腹が空いたと思ったら思いっきり動く

腹筋をしろ、スクワットをしろ、とは言いません。「思いっきり動く」とは、その場で30秒ダッシュです!何か食べ物を食べようとするとき、必ずその場を立ちますよね。その立ち上がったときこそがチャンス。その場で思いっきり30秒走ってください。

人間、動いた直後はお腹が減らないようにできていますので、走った30秒後に、本当にお腹が空いているのか?今食べるべき食べ物なのか?明日の朝ではいけないのか?と1度自分に問いかけてみましょう。
  
思いっきり動かなくても、財布を持たずに散歩へ出かけるのもありです。財布さえなければ外出先で買い食いをすることもありません。スマートフォンと家の鍵だけもってふらふら歩いてみましょう。ウォーキングになるとそれなりの心の準備が必要なので、ふらふらのレベル、というのが大切。

帰宅し、お風呂に入って汗を流し、上がって一息ついたとき。まだ食べたい気持ちがあったなら本当に体が欲しています。ここで我慢すると余計なストレスになりますので、少しだけ食べて、また明日から頑張りましょう。

③お腹が空いたと思ったら飲み物をたくさん飲む

B2759eedbf3dc439

飲み物と言っても、砂糖がたっぷり入った甘い飲み物ではありません。白湯や温かいお茶、生姜湯など、体を温める効果のあるものにしましょう。体を温めると代謝が良くなり、脂肪を燃焼しやすい体になる、と言われています。
 
温かい飲み物の中でも、1番のおすすめは白湯です。体が温まりますし、利尿作用もあるのでデトックス効果も。レンジに水を入れてチンをするだけでも白湯になるので、簡単手間なしダイエット飲料の完成です。

ホットココアもおすすめ。ココアを飲むとホッとしますよね。少しだけ甘いものを摂れるのもポイント。食べない・我慢するばかりではダイエットは続きません。

ダイエットには我慢をしすぎないことがもっとも重要。飲み物なら尿になって体外へ排出される、と思えば罪悪感なく飲むことができるので、飲みすぎない程度に甘い飲み物も飲むようにしましょう。

甘いものの重要さ

私は甘いものをとても重要だと思っています。リラックス効果もあり、スイーツだけでお腹がいっぱいになるものも。食べすぎはよくないですが、押さえつけすぎない程度に摂取することは大切だと思います。

一番いいタイミングはお昼などこれからカロリーを燃焼する、というとき。毎日でなければ甘いものも摂っていいと思います。

甘いものはダイエットの敵!といいますが、全く食べないで我慢をするとますますストレスがたまり、それが原因で食欲も増加。今まで我慢してたものが一気に我慢できなくなりドカ食いをしてしまうこともあると思います。

それを防ぐためにもちょっとした甘いものは大切です。

甘いものを食べるタイミング

私が甘いものを食べていたのは、勤務中のみです。勤務時間は一般的な9時~18時で、お昼休憩は12時~13時。昼休憩が終わってから18時まで何も食べないでいると家に着くころには空腹。会社帰りに買い物をサクっと済ませるのですが、空腹状態で行くと必要のないものばかり買ってしまいます。
 
そこで、大体15時ころのおやつの時間におやつをしっかり食べるようにしています。おやつの時間に食べることがカロリーの吸収や消化の問題から考えても最適だと言われています。
 
実際、午後の仕事で頭が働くようになったり眠気がとんだり、会社帰りの余計な買い食いもなくなりました。会社なら人の目もあるのでたくさん食べすぎることもないですしね。このことから、甘いものを食べるなら会社にいる15時頃をおすすめします!

がんばって食欲をごまかした結果

A14b57f628309802

ダイエットに成功。高校卒業当時は65キロあったのに、今では毎日の平均が50キロ。これも食事制限に耐え、なんとか食欲をだましてきた結果です。

甘いものも適度に食べて、運動は少し歩くことを意識したくらいでそのほかは全くしていません。思春期特有のちょっとパンパンになる時期が終わったことも関係すると思いますが、15キロの減量に成功しました。

ダイエットの際、食欲のごまかし方、甘いものの取り入れ方を参考にしてみてください!

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事