Medium 6e714e518116323b

産後ダイエットでホットヨガに挑戦!効果は?家で行う方法も

産後どうしても落ちなかった4キロを落とすために私が始めたのはホットヨガ。でも、通うのが大変で続けられませんでした。そこで私が考えた、ホットヨガに行った気分になれる方法を紹介します!

カテゴリー:運動  投稿日:2017/02/20

この体験談を書いた人

D34a440d4f84ef0bsuzune1027

運動が嫌いな2児の母。華奢な身体に憧れ、いかに体を動かさずに目標達成できるか試行錯誤中。痩せられる飲み物、お茶に目がなく、常にアンテナを張り巡らせています。運動が嫌いで食事制限はストレスになる!という方へ私独自のダイエット方法をご提案します。

ダイエットに「ホットヨガ」を選んだ理由

健康的に痩せるためには、「代謝を上げよう!」と思う女性は多いのではないでしょうか。私もそのうちの一人です。

代謝アップのために必要なのは汗をかくこと。でも普通に生活していてはダイエット効果が現れるほど汗をかくのは難しいですよね。そこで、たっぷり汗をかいてストレス発散でき、リバウンドもしにくい「ホットヨガ」を始めることにしました。

せっかくやるならプロの力も借りたい!ついでに体質改善もしたい!と欲張りな私は、ホットヨガ教室に通うことにしました。

ホットヨガのすごい効果

  • 大量の汗をかくことによる美肌効果
  • 血行がよくなり、むくみも解消
  • 姿勢を正して肩こり解消
  • お腹の張りがやわらぎ、便秘解消

ダイエット中はもちろん、ダイエット目的でなくても女性が嬉しくなるような効果がいっぱいです!

半年間ホットヨガに通った結果

7cdc67a09f1309e4

期待に胸を膨らませながら通うこと半年間。だいたい週に1度のペースで1回60分程のレッスンを受けていました。私が実感した効果を紹介します!

体重が2キロ減!

妊娠前154センチ39キロだった体重が、妊娠中48キロまで増加。出産後43キロまで落ちたものの、残りの4キロがどうしても落ちませんでした。

その体重が41キロまで減少!汗を大量にかいたことにより、水分が身体から出て体重が減っただけかもしれませんが、維持できれば問題ないかな?という考えで落ち着きました。

身体の柔軟性がUP!

身体が柔らかくなるのはダイエットとはあまり関係ないかな?と思っていましたが、身体を柔らかくすると血流が良くなり、代謝が上がって痩せやすい体質になるそう!

代謝が上がると、運動をしていない時にも消費されるカロリーが大きくなるのだそうです。

肩甲骨周りの凝りが改善!

以前からずっと悩まされていた肩甲骨周りの痛み。出産後、長時間の抱っこ・授乳と痛みは酷くなる一方でした。育児がひと段落するまでは仕方ないと諦めていましたが、ホットヨガに通い始めてすぐに楽になりました。

レッスン中、肩甲骨の動きを意識しながら身体を動かすことが多かったので、日常生活でも自然と正しい姿勢を意識するようになったのかもしれません。

私は元々ひどい猫背でした。猫背だと肩甲骨が左右に開いて背中が大きくなり、スタイルも悪く見えるそう。肩甲骨周りの痛みは猫背が原因だったのかもしれません。

正直、ホットヨガに通って悪かったことはひとつもありませんでした!でも、半年以上続けることはできませんでした。その理由を次で紹介します。

ホットヨガを続けられなかった理由

①経済的に厳しかった

9556d441fcaab6d8

ホットヨガ教室は1回3,000円。自分で働いている方はそんなに負担にならない金額かもしれませんが、子育て中の専業主婦にはポンと出せる金額ではありませんでした。

3,000円さえ払ってしまえば、持ち物は汗拭きタオル・お水・ヨガマット(貸し出し100円)だけなので大きな負担にはならなかったのですが…1回3,000円大きいですよね(笑)

②子育て中は通いにくい

今日はホットヨガ行こう!と決めてもその日に限って子どもが熱を出したり、主人が仕事で子どもを見ててもらえなかったり。

なかなかタイミングが合わず、途中から通うことを諦めてしまいました。子育て中にホットヨガに行こうなんて考えることがおかしいのかもしれませんが、日常を忘れて少しだけでも自分の時間を…と思ってしまったんです。

それでもホットヨガを諦められない!私が考案した方法

ホットヨガに通って劇的な変化が現れた私の身体。良いことづくしでどうしても諦められませんでした。

手軽に汗をかけてリーズナブル、子育て中でも大丈夫!となればやっぱり「おうちで」ですよね。簡単に想像できることですが、私が実践したのはお風呂でヨガのポーズをとることです!

やり方は簡単ですが、ポイントを3つ紹介します。

①浴室を暖房で暖める

ホットヨガでもヒーターを使って部屋を暖めていたので、同じ要領で浴室をしっかり暖めます。

②お水を持ち込む

ヒーターで浴室を温めての入浴なので、脱水を防ぐためにもたっぷり水分補給をします。

③湯船でヨガポーズをとる

湯船は狭いので、できるポーズとできないポーズがあります。できる範囲で行いましょう。開脚のポーズは難しいですが、肩甲骨周りをほぐすポーズや立位のポーズはできます。

おうちでホットヨガのメリット4つ

①体重が減った!

ホットヨガに通い始めてから43キロが41キロになり、産前の体重まであと2キロというところまで戻りました。その2キロの壁を越えるのが大変なんだろうなぁと思っていたのですが、おうちでホットヨガを始めて1ヶ月程で40キロを切りました。

早い段階で減ったのは恐らく水分。リバウンドを心配していたのですが、無事に産前の体重まで戻すことができました。産後は浮腫みやすいとよく聞くので、戻らなかった体重は脂肪ではなく水分だったんだと思います。

②汗をかきやすくなった!

酷い冷え性の私。末端冷え性は勿論のこと、ホットヨガに通っていた時も、首筋に汗が垂れてくる程しか汗をかけませんでした。

その私が首筋・顔・腕から大量の汗をかけるようになったのです!ホットヨガは週に1度のレッスンでしたが、おうちでホットヨガは毎日実践できたので効果が現れたのかもしれません。

③ストレス発散できた!

1人の時間、たくさん汗をかいてデトックスすることは心身ともに健康になれますね!

④経済的で、育児中も無理なく続けられる!

ヒーターを使うので無料!というわけではありませんが、1日3,000円は絶対しません!しかも、子どもが寝てから実践できるので、誰にも迷惑をかけずに続けられます。

おうちでホットヨガのたった1つのデメリット

Ebeb1a1b4c52eb06

たった1つのデメリット、それは炭酸ジュースの美味しさに目覚めてしまったことです。

以前は飲まなかった炭酸ジュース。たくさん汗をかいた後の炭酸はたまらない美味しさでした。その美味しさを知ってしまった今では、冷蔵庫に炭酸ジュースが入ってないとソワソワしてしまうように。

炭酸ジュースにはペットボトルの半分以上のお砂糖が入っているそうなので、今後はジュースではなく炭酸水を飲むようにしていきたいです!

ホットヨガは、定期的に通うことができる方はその方が断然効果は期待できると思います。

私のように育児中・専業主婦であったり、なかなか自分の時間が取れない方・手軽にデトックスしたい方にはおうちでホットヨガがおすすめです。くれぐれもお風呂上がりの炭酸ジュースにはお気をつけくださいね!

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事