Medium 30bbab818bb40ad0

高温反復浴で5kgのダイエットに成功!効果を高める方法は?

40~43℃の熱めのお風呂に繰り返し入る高温反復浴。手順をしっかり守れば消費カロリーは200~400kcalにもなるそう。そこで1ヶ月半行ってみたところ、なんと-5kg!実践してみて感じた効果や詳しい方法、注意点をご紹介します。

ライター:もよ  カテゴリー:生活習慣  投稿日:2017/03/03

高温反復浴を1ヶ月半続けて実感した5つの効果

Medium 9053f8cf9b245478

気分転換を兼ねて始めたリゾートバイトで「勤務が終われば温泉に入り放題」という条件付きの温泉旅館に務めていました。

温泉は温度がだいたい42℃前後でかなり熱めですよね。「長く入っていられない、でも1回浸かっただけであがるのはなんかもったいない」と貧乏性の私は、毎日温泉に入るたび3、4回湯船に浸かったりあがったりを繰り返していました。

後で知りましたが、それが「高温反復浴」というダイエットに効果的な方法だったのです。

バイト期間中の1か月半、高温反復浴をほとんど毎日行った結果、こんなにたくさんの効果を実感できました!

効果① -5㎏達成!

Medium fe3b8b198726672e

by 1070d9cdea27acd0 もよ

モチベーションを高めるために体重が減少した日にしか記録をとっていません…。SNSに載せていたもので詳しい数字は恥ずかしくて消してしまいましたが、4月30日に57kg近くあった体重が6月15日では51.2kgになりました。

ただし高温反復浴以外にも週3でスクワット(50~100回)をしたり、観光がてら歩き回ったりしていたのでその相乗効果もあると思います。

効果② 肌荒れが改善された!

Medium 229ee2cc1f541788

温泉に入るようになって1、2週間と割と早い段階から、あご周りの吹き出物や唇の血色の悪さが改善され、人から言われるほど肌が白くなりました。

水分補給→温泉→水分補給という順番でお風呂に入っていたからか、汗をかく量がいつもより増えたこと、休憩をはさんで何度も湯船に入って肌を温めて毛穴を開かせたことで、普段の入浴より汚れを落とす効果があったのかもしれません。

さらに、入浴後は必ず顔に冷水を浴びて開いた毛穴を閉じさせていたので、化粧ノリも良くなったなと感じることが増えました。

効果③ 冷え症が改善された!

寝るときは5月くらいまでモコモコの靴下を履いていた私。それくらい足や手先の冷えが深刻でした。上に書いたように、冷えのせいなのか唇の色もなんとなくくすんだような感じ…。それが改善されたのは本当に嬉しかったです!

高温反復浴は熱いお湯に何度も繰り返し入ることで、交感神経が刺激され心拍数や呼吸の回数が増え、運動しているときと同じくらい息があがって汗を大量にかきます。

さらに私が入っていたのは「カルシウム・ナトリウム塩泉」と呼ばれる塩分の強い温泉で、湯上がりのポカポカした状態が長い時間続きました。塩泉の効能の代表が冷え症の改善なので、もしかしたらそのおかげかもしれません。

効果④ 下半身が特にすっきりした!

長時間の立ち仕事だったのにあまりむくみを感じなくなったり、キツくても無理をして履いていたデニムのウエストと太もも部分がかなりぶかぶかになりました。

温泉に入っている間は(当たり前ですが)スマホを持ち込めずかなり暇なので、ジェットバスにあたったり太ももを中心にマッサージしたり、お客さんが1人もいない貸し切り状態のときには湯船の中でバタ足したりしていた成果だと思います。

効果⑤ ぐっすり眠れるようになった!

Medium 02b62dbd967705fd

体が冷えていると寝付くまで時間がかかっていました。温泉に入った後は体が温まっている状態が1時間以上続くので、すぐに眠ることができます。眠りも結構深く途中で目が覚めることが少なかったです。

慣れない土地で仕事をしていたのにリラックスできていたので、睡眠の質が良くなったのかもしれません。

高温反復浴ってどうやるの?さらに効果を高める方法もご紹介!

高温反復浴は40~43℃のお湯に休憩をはさみながら繰り返し入ることで、脂肪燃焼効果を高めます。その消費カロリーは200~400kcalともいわれ、激しい運動をしたときと同等の効果が期待できます。

高温反復浴の方法

  1. 入る前に必ずコップ1杯分の水分補給をします。
  2. お湯の温度に慣らすため、ぬるめのお湯で足先から体全体へ順番にかけ湯をします。
  3. 40~43℃のお湯に肩まで5分浸かります。
  4. 5分休憩。この間に体や髪を洗います。
  5. 40~43℃のお湯に肩まで3~5分浸かります。
  6. 3~5分休憩。この間に体や髪を洗います。
  7. 40~43℃のお湯に肩まで3~5分浸かります。
  8. あがったら必ず水分補給をしましょう。

体調に問題がなければ⑤と⑥をもう1セット繰り返してもいいでしょう。のぼせた、体調が悪くなった、きついと感じた場合は絶対に無理をしないで、途中でもいいのであがってください。私は生理中以外はほぼ毎日この入り方をしていました。

さらにカロリーを消費させたいなら、脂肪燃焼効果を高める褐色脂肪細胞を活性化させるために首筋や胸元、脇の下に冷たいシャワーをあてるといいでしょう。褐色脂肪細胞は冷やすことで活性化し、体脂肪が燃焼されやすくなる手助けをしてくれます。

ただし、熱いお湯に入った直後にいきなり冷水を浴びるのはとても危険です。ぬるめのお湯から徐々に温度を下げて冷たいシャワーを浴びるようにしましょう。

高温反復浴は自宅のお風呂でも簡単に始められる!

高温反復浴はお湯の温度にさえ気を付けていれば自宅で簡単に始められます。むしろ入湯料がかからなかったり入浴中でも手軽に水分補給ができたりする分、自宅のほうが気軽に始めやすいです。

用意するものは水温計と水分補給用の飲み物だけ。その日の気分によっていろんな種類の入浴剤を入れたり、重曹を入れたりして汗をかきやすくしていました。

家のお風呂で5分間じっとしてるのは難しそうという人は、マッサージ用のコロコロや防水ケースに入れたスマホや本を持ち込むのもいいですね。

リゾートバイトが終わってから私も自宅で行いましたが、自宅のお風呂は狭くジェットバスなどの種類もないので時間が経つのが遅く感じられました。そんなときスマホでYouTubeを観たり、美容口コミサイトを見たりして時間をつぶしてました。

また、自宅のお風呂は追い炊きができなかったのでお湯の温度を保つ必要がありました。そのときに役に立ったのが、100均で購入できる保温性を高めるアルミシートと足し湯です。足し湯は最初から45℃と高めにして、休憩中にいれることで次に入るときの温度をキープできます。

高温反復浴をもっと楽しみたいなら!オススメグッズ3選

自宅で高温反復浴を始める際に、高温反復浴についてもっと知りたいという人に、使ってよかったオススメグッズを紹介します。

①お風呂でやせる本 今日から始める「やせる習慣」[スッキリきれい研究会]

Medium 27a7e947f3de27e5

出典:shop.r10s.jp

高温反復浴の他にも、体調がすぐれないときのリラックスできる入浴法や、お湯の温度を39℃にして高温反復浴よりも実践しやすくした「中温反復浴」、マッサージ方法や入浴剤の種類・効果について載っています。

お風呂に入っている時間をダイエットや美容に活かせる方法が多く、すぐにでも実践したくなる本です。

②爆汗湯シリーズ(入浴剤)

種類が豊富なので何個か買ってローテーションしていました。肌がすべすべになってしっかり汗もかけて、さらにお湯もいい香りで癒されます。とろみがつくタイプのものはお湯も冷めにくいと感じたのでオススメです。

③食品・製菓用の重曹

掃除用もありますが、口に入っても大丈夫なように食品・製菓用を選びました。量が多いのにかなり安いので毎日使うことができます。

重曹を入れることでお湯がアルカリ性になり、酸性である肌や毛穴の汚れが落ちやすくなります。また消臭効果もあるので体臭が気になる方は何度か試してみるといいでしょう。

1回の入浴につき大さじ2~3杯を目安に入れてください。それ以上入れてしまうと肌がピリピリして、肌が弱い人は肌荒れを起こしてしまう場合があります。

高温反復浴はお風呂好きな人にオススメなダイエット法です。入浴中にマッサージ、休憩時間に念入りにトリートメントやクレンジングを取り入れることで総合的な美容効果も期待できます。気になる人は無理をしない範囲でぜひ一度お試しください♪

この記事のトピック

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事