Medium 72054d36007f8ef1

8時間ダイエットを1か月続けたら逆に太った...失敗の原因は?

ぽっちゃり芸能人がテレビで8時間ダイエットに挑戦しているのを見て、これなら私にもできそうと思いました。1か月続けてみた結果、太ってしまいました。そこで、失敗してしまった原因は何であったのか考えてみました。

ライター:  カテゴリー:短期集中  投稿日:2017/03/08

8時間ダイエットのやり方

Medium 8c9120b31290f311
8時間ダイエットとは
1日24時間のうち、8時間は好きなものを食べて良い
残りの16時間は断食をする(水以外の摂取禁止)

無理な食事制限や面倒なカロリー計算をすることなく、好きな食事を8時間以内であれば自由に食べて良いというダイエット方法は、自分に合っていると思いました。

16時間の断食で、胃や腸を休ませることができ、消化器官の働きが良くなり、痩せやすい体になるのだそうです。

8時間ダイエットを行った際のメリットとデメリットを簡単にまとめてみました。

メリット

  • 不規則な生活でも取り組みやすい。
  • 食事制限やカロリー計算が不必要。
  • 食べたいものを摂取可能。
  • 運動はしなくても良い。

デメリット

  • 8時間はあっという間で、食事時間が少ない。
  • 16時間の断食は意外とキツイ。

挑戦する際のメリットとデメリットを並べてみても、メリットの方が多いので簡単に挑戦しやすいダイエットのように感じます。

では、私が失敗してしまった原因はどこにあったのか、検証してみたいと思います。

8時間ダイエットを続けた結果太った理由

8時間ダイエットを1か月続けた結果、52.2㎏→53.5㎏に体重が増加しました。なぜ、増えてしまったのでしょうか?

8時間ダイエットの落とし穴

「1日の8時間の間なら何を食べても良い」という部分に落とし穴がありました。食事制限なしでカロリー計算も必要なく、好きなものを食べられるのがこのダイエットの1番良いところだと思いますが、8時間の摂取カロリーが消費カロリーを超えていたら痩せませんよね。

私は食べるのが大好きですので、常に何かを口にしていました。お腹が減ってなくても、何かを口に入れておくことで落ち着くところがありました。

8時間ダイエットは3食を8時間に分けて摂取しようとすると、お腹が空いていないので結果として1日2食になったり、摂取量を自然と減らすことができるので痩せることができます。しかし、私のようにお腹が空いていなくても何か常に食べてしまう人には、適していないダイエットなのかもしれません。

8時間ダイエットで決めておくべきこと
8時間の中で食べる主な食事時間
決めた時間以外でダラダラと食べない
摂取カロリーを常に気にする
嗜好品の摂取は控える

8時間ダイエットを行う際は、最低でもこれらのことは守った方が良いと思います。

運動を全くしなかった

8時間ダイエットは食事時間を8時間以内にするだけですので、運動をしなくても良い楽なものですが、全ての人に通用するものではありませんでした。

私のように8時間の間ずっと食べ続けてしまうような人は、16時間の断食を行っても消費カロリーより摂取カロリーが上回ってしまっていたので、結果、太ったのです。

食事量をそんなに減らせない人は、少しでも運動を取り入れなければならないということが分かりました。どんなダイエットにも、運動は必要だと思います。

まとめ:8時間ダイエットを成功させるためには

  1. 自分の食生活を見直す
  2. 8時間ダイエットを行う際の取り決めをする
  3. 多少の運動も取り入れる

①自分の食生活を見直す

Medium ee1dbe639151d168

私のようにダラダラと食べ続ける人もいると思います。8時間ダイエットでは、8時間は食べ続けてもいいというわけではありませんので、食べ過ぎれば必ず太ります。

まずダイエットを始める前に、自分の食生活について見直してみてください。

次に当てはまる人は注意!
3食以外にもお菓子を食べてしまう。
お腹が空いていなくても何となく常に口に食べ物を入れてしまう。
爆食してしまう。

これらに当てはまる人は、私と同じですので、8時間ダイエットは成功しづらいかもしれません。自分の食生活を改めてから挑戦することをお勧めします。

②8時間ダイエットを行う際の取り決めをする

テレビでぽっちゃり芸能人が好きなものを食べても成功したと言っていましたが、ある程度の制約を決めて取り掛からないとダイエット成功はしません。

8時間をどう過ごすかで、成功するか失敗するかが決まりますので、この8時間は大事にしてください。

8時間ダイエットで守るべきこと
食事は時間を決めてしっかりと摂取する。
空腹時以外は口にしない。※落ち着かない時は水分を摂取
運動をする。

それぞれに決め事を作って取り組むだけでも、何となく食べ物を手に取ってしまっても、一度考えるようになります。

③多少の運動も取り入れる

Medium b352dfb5fa0dc636

運動をしなくても良いダイエットですし、運動を全くしなくても常にカロリーは消費していますが、それほど多くはありません。8時間の中で、好きなものを食べたいと思ったり食べ過ぎた日などは、運動が必要になってきます。

摂取カロリーが消費カロリーを超えないように計算しながら、運動をしていくことが大切です。

簡単にできる運動
ウォーキング
散歩
ストレッチ

有酸素運動の代表と言えるものですが、簡単にできますし、日々の生活の中にも取り入れやすいので全く運動しないよりは良いと思います。

運動により消費するカロリーはそんなに大きくはありませんが、日常の中で、買い物に行く際に車を使わずに歩くようにしてみるだけでも良い運動になります。

車でスーパーに行く場合も、店の入り口から1番遠い駐車場に停めて歩く距離を増やしてみるとか、エレベーターを階段に変えるなど、ちょっとした工夫をして体を動かす場面を増やしていきましょう。

まとめ

8時間ダイエットは一見簡単に取り組めるダイエットかもしれませんが、ただ8時間で食事を済ませるだけでは難しいダイエットであることが分かりました。

これから挑戦してみたい方や、失敗した理由はなぜか不思議に思っている方は、この記事を参考にして改めて挑戦してみてください。

この記事のトピック

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事