Medium ac10e0d2ae1e43c1

8時間ダイエットで2か月3kg減!やってみた方法・感想をレポ

食べ物ではなく時間にルールを設けることで、ダイエット中の食事のストレスをなくすことができる8時間ダイエットを2ヶ月続けてみました。実際に行ってみた効果と感想をレポートします。気になっている方は是非チェックしてみてくださいね。

ライター:松島楓  カテゴリー:短期集中  投稿日:2017/03/08

私が実践した8時間ダイエットの方法

Medium 6555cb8a981622e4

8時間以内に1日の食事を終わらせることで、残りの16時間をプチ断食状態にする目的で行われているダイエット方法です。胃を休めることもできますし、食べたいものを気にせずに食べることができることから人気のダイエット法で、よく紹介されていたので実際2ヶ月間試してみました。

自分なりにルールを付け加えて実践した8時間ダイエットの方法について紹介します。

  1. 最初の食事から8時間以内なら何を食べてもよい。
  2. 3食中1食は身体のことを考えたメニューを食べる。
  3. お菓子はなるべく低カロリーのものを食べる。
  4. 大体でよいので毎日の食事の時間を合わせる。
  5. 1日5分程度の軽い運動をする。

あまり細かいルールを決めすぎるとダイエットの敵であるストレスになってしまうので、守れそうなルールを簡単に決めました。ゆるくルールを作ると義務感がなくなるのでおすすめです。

予定に合わせて最初の食事時間を調整する

Medium 2a32b478237e91a8

by Bd44ba9246ab39e2 松島楓

1日の食事を8時間以内に終わらせるのが目的なので、夜に予定がある場合は最初に食べる食事の時間をかなり遅めに調整するのがおすすめです。飲み会や女子会などたくさん食べるイベントがあり、かつ夜中まで開催される場合はお昼ご飯からスタートすると、自然に2食に減らすことができます。

調整するだけで行えるので、周りにダイエットしていることを知られたくない場合にダイエット方法ですよね。

私も、ダイエットしていると周りにいうのが恥ずかしくて、飲み会や女子会は気にせず食べてきましたが、次の日の罪悪感がとても嫌でした。このダイエット方法なら、周りを気にせずに行えるので付き合いが多いOLさんにもおすすめです。

時間外の飲み物は0kcalをチョイスする

食事を摂らない16時間は、飲み物は何を飲んでも自由。ダイエット効果をさらに高めるためには、糖質控えめのものや0kcalのものがおすすめです。

私は、基本的にお茶かブラックコーヒーを飲むようにしていました。空腹に耐えられない場合は、炭酸水やコーヒーに少しはちみつを入れて飲んでいました。甘い飲み物はカロリーが高いので気をつけました。

1食のみ野菜を中心に食事を摂る

Medium 4c62dc6ebe56338e

好きなものを食べてもよいと言われていますが、食事の栄養を管理した方がより体重が減少しやすかったので、途中から1食を野菜を中心にしたメニューに変更しました。野菜をたっぷり入れたスープや、お肉の代わりに豆腐や豆を摂るようにして、身体への負担を減らすようにしました。

野菜だけじゃ物足りない場合は、豆腐ハンバーグや豆腐そぼろなど豆腐を練りこんだ料理を中心に作るとヘルシーに食事を摂ることができます。味も美味しいのでお肉好きにはおすすめです。

軽い運動はストレッチやウォーキングがおすすめ!

Medium 1f64ee3a416404c7

食べない時間に無理してきつい運動をしてしまうと、かえって過食の原因になります。空腹感を感じさせないように過ごすのがこのダイエットのコツなので、基本的には運動は自分で軽い運動と思える範囲で行うようにしましょう。

私は、お風呂あがりのストレッチや、軽く家の周りを歩くウォーキングを8時間ダイエットと合わせて行っていました。動くことによって身体が柔らかくなり姿勢もよくなるので、より胃に負担をかけずに食事を摂ることができて快適でした。

8時間ダイエットを2ヶ月実践して感じたこと

減った体重は2ヶ月で-3kg!

元々何かしながら食べ物を口に入れることが多いので、時間をきっちり決めることで無駄な食事を省くことができたのが結果に繋がったなと思いました。ルールを決めてゆるく守ることで、辛いダイエットをしているわけでもないのに3kg減量できたのはとてもよかったです。

細かい食べ物ルールを気にしすぎたり、運動の使命感などに駆られてしまったりする人や、私のようなズボラな女子には最適なダイエット方法だなと感じました。

食べ過ぎには気をつける

時間を制限し、せっかく余計な食事を減らしているのに食べ過ぎてしまっては元も子もありません。お腹がすいている時のみ口に食べ物を運ぶようにすると、このダイエットは自然と成功に向かっていくはずです。

ダイエットをはじめたばかりの頃は、8時間を過ぎると食べられなくなるのが怖くて必要以上に食べ物を摂取してしまい、かえって体重が増えてしまった時期もありました。今お腹が空いているかをしっかり自分に聞くことで食べ過ぎを防ぐことができました。

胃腸の痛みが改善された

私は元々胃腸が弱く、飲み会で飲みすぎてしまったり食べ過ぎてしまった次の日の朝は胃がもたれてしまって辛い…ということが度々ありました。

8時間ダイエットをはじめてからは、次の日は無理して朝食を摂らず、お昼から8時間に調整したりすることで、変に空腹になることなく胃腸も回復する頃にご飯を食べられるので、胃腸の痛みがだんだん改善されていくのが分かりました。

遅くまで飲んでいる方は、特に健康管理しやすいダイエット方法だと感じました。

以上、8時間ダイエットを2ヶ月実践してみたレポートでした。時間さえ守れば好きな食べ物をチョイスできるのは、我慢してストレスをためるよりずっと快適にダイエットできると感じました!気になっている方は、是非試してみてくださいね♪

この記事のトピック

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事