Medium 02fe880e3df64ee6

糖質制限ダイエット1年間で10kg減!おすすめ食材・成功のコツ

意志が弱く、ストレス発散でつい食べ過ぎてしまう私ですが、週に1回のラーメン以外は糖質カットする生活を1年継続し、10kgのダイエットに成功しました。具体的な方法と、ツラい時のお助け食材、成功のコツを紹介します!

カテゴリー:短期集中  投稿日:2017/03/30

私が実践した「3食全て糖質制限ダイエット」の具体的な方法

184636b9c97c1cd0

私は、糖質の多い食事が大好きでした。ご飯にパスタ、うどん、素麺、そして、ラーメンも大好きでした。そんな私の体重は62kg・体脂肪率は34%。知人にすすめられ、糖質制限ダイエットを始めることにしました。

糖質制限ダイエットには、

  • 3食すべて糖質を抜く
  • 夕食だけ糖質を抜く
  • 昼食と夕食から糖質を抜く

この3通りの方法がありますが、早く結果を出したかった私は、3食全て糖質を抜くことにしました。

糖質制限ダイエット中に避けていた食材

私は糖質制限ダイエット中、次の食材は摂らないようにしていました。

  • 穀類
  • 麺類
  • 粉類
  • イモ類
  • 果物(特にドライフルーツ)

一方、糖質をあまり含まない次の食材は、積極的に摂取していました。

  • 肉類
  • 魚介類
  • 大豆製品(油揚げなど)
  • チーズ
  • イモ類以外の野菜
  • 良質な油(オリーブオイル・亜麻仁油)
  • ナッツ(クルミ・アーモンド)

ツラくなった時のお助け食材

実は、始めて2日目にしてお腹がペコペコに。早くもくじけそうになりましたが、1ヶ月後の嵐ライブまでは頑張ってみよう、と意地を出しました。1週間で3kg減り、モチベーションが上がりました。

でも長く継続しているとストレスがたまります。停滞期が来るとモチベーションも下がりがち。そんな時、助けになった食材を紹介します。

糖質0g麺

91e0862824fb82b2

出典:www.kibun.co.jp

紀文の糖質0g麺はとても美味しく、スープを工夫すれば本格的に麵料理を食べている気分になれました。

低糖質パン

どうしてもパンが食べたくなった時はこちらの低糖質パンを食べていました。満足感があり、とても助かりました!

リバウンドを乗り越え、糖質制限ダイエット成功!

順調に糖質制限ダイエットを続けていましたが、ある時リバウンドしてしまいました。ダイエット向きだと思って食べていたトマトに、意外と糖質が多く含まれており、トマトの食べ過ぎで2kg増えてしまいました。

この経験から、食材の糖質についてはもっとしっかり調べようと思いました。それからは空腹時にはキュウリ・トコロテン・納豆を間食にしていました。

失敗経験を活かし、1年で10kg減に成功!

摂っても良い食材をしっかり調べるようになり、リバウンドから約3ヶ月後には、10kgのダイエットに成功しました。

  • 体重:62kg→52kg
  • 体脂肪率:34%→24%

糖質制限ダイエット成功のコツ

緩い糖質制限を続ける

減量達成後も糖質制限を続けたところ、貧血・肩こり・だるさなどの症状に悩まされるようになりました。

体に必要なエネルギーが足りなくなっていると感じ、1日に1~2回の炭水化物を摂るよう食生活を改善しました。リバウンドもありません。年齢は50近くなっているので、バランスの良い食事を意識しなければならないと思いました。

野菜は旬のものを食べる

C558a1519ac15f83

旬の食材を摂ると、体の調子が良くなると感じました。夏野菜には身体を冷やす作用、冬野菜には身体を温める作用があり、その時体が求めている状態に近づけてくれます。

ミネラルをしっかり摂る

ミネラルを意識して摂ると、体調が良いように感じました。ミネラルを多く含んでいる食品には次のものがあります。

  • 米(分付き米や玄米)
  • 塩(海水から出来たあら塩)
  • 水(できるだけ地元の湧き水)
  • 海藻類
  • キノコ類
  • ほうれん草
  • 納豆
  • 魚介類

運動も適度に取り入れる

Ebf285b67b7befb6

当然のことではありますが、糖質制限だけでなく適度に運動を取り入れるとより効果的だと思います。ジムや教室に通うとなると大変なので、日常生活で少し意識して運動を取り入れるだけでもOK。

エレベーターではなく階段を使ったり、外出時に少し長く歩くなどしてみましょう。

私は1年間糖質制限ダイエットを続けることによって、ダイエット終了後も食事量を上手にコントロールできるようになりました。

ただし、長期間続けると私のように体調を悪くしてしまう可能性もあります。決して長期間は続けないようにしてください。

この記事のトピック

人気記事