Medium 3048c68995910b5d

レモネードダイエットで大失敗...腸内洗浄は絶対にやっちゃダメ!

海外セレブがこぞってやっているという「レモネードダイエット」。短期間で一気に痩せられる方法として日本でも話題に。そのブームに乗って私もチャレンジしてみたのですが…見事に失敗!このダイエット法の危険性を解説します。

カテゴリー:短期集中  投稿日:2017/04/02

私がレモネードダイエットを選んだ理由

4f0ca6213aeee0c6

レモネードダイエットというのは、数日間レモネードだけを飲んで過ごす、いわゆる“プチ断食”のようなもの。

数あるダイエット法の中で、なぜこのレモネードダイエットを選んだのかというと、私が注目したのはその結果の早さです。

ネットには「10日で-10kgは当たり前!」などと書かれており、早く痩せたかった私にはピッタリだと思ってしまいました。でも、そんなに急激に痩せるダイエット法が、安全なはずはありませんでした…。

私が実際に行ったレモネードダイエットの方法

ここでは私が実際に行い、大失敗に終わったレモネードダイエットの方法をご紹介します。

①ダイエット前日は消化に良いものを食べる

62594eb53f168a3d

「レモネードダイエット前は、消化に良いものを食べる」というルールがあったので、私は「おかゆ」を食べました。

②朝は必ず腸内洗浄を行う

ダイエット期間中は、起きがけに「塩水(生理食塩水)」を飲むことからスタートします。

これは「ソルト・ウォーター・バッシング」といって「人間の体液と同じ濃度の塩水を飲むことで、水分や塩分が体に吸収されず腸内に届き、腸内洗浄ができる」と一時話題になった方法です。今は多くの専門家がこの方法の危険性を指摘しています。

インターネット上では、「塩分が体に吸収されない」と紹介している記事が多くありますが、専門家は「塩分は普通に体内に吸収される」「大量の塩水を一気に飲むことで食道が傷つき、出血することもある」と警鐘を鳴らしています。

それを知らずにやってしまったところ、本当にツラかったです・・・。ここで挫折する人も多いと聞いていましたが、実際にやってみて納得しました。

まず塩水が美味しくない。普通の水とそんなに変わらないと思っていたので、一口飲んでオエッとなりました。しかもこんなおいしくない水を1リットルも飲むのは、相当ツラかったです。

③お腹が空いたらレモネードを飲む

6b8cf2da5b003efc

腸内洗浄ができたら、あとはレモネードを飲むだけです。

基本的には「2時間おきに1杯(300ml)」が目安のようですが、「お腹が空いたときは時間に関係なく飲んでもOK」と書かれているサイトもあったので、私の場合は時間は気にせずお腹が空いたら飲んでいました。

レモネードダイエットを3日間続けた結果・・・

上記の方法でレモネードダイエットを3日間続けた結果・・・まったく痩せませんでした。つまりダイエット失敗です…。

正確にいうと500gほど体重は減りましたが、3日やれば2~3kgは落ちると思っていたので期待外れでした。私はサイトに書かれていた通りに実践したつもりでしたが、失敗してしまいました。その原因を考えてみたいと思います。

レモネードダイエットに失敗した原因

①ソルト・ウォーター・バッシングの失敗

レモネードダイエットの失敗原因として考えられる1つ目が、ソルト・ウォーター・バッシングの失敗です。

医師によれば、ソルト・ウォーター・バッシングを行うと下痢の症状が出るそうです。それを、私は「すぐに便意がきて、スッキリした」と勘違いしてしまいました。

ソルト・ウォーター・バッシングでは、腸内で良い働きをする菌まで流してしまうそうです。実際、2日目・3日目はあまり便意がなかったというか、初日に比べるとスッキリしない感じがしました。

②レモネードの飲み過ぎ?

レモネードダイエットの失敗原因として考えられる2つ目が、レモネードの飲み過ぎ。

実は正直なところ、ダイエット中に「飲み過ぎかな?」と思ったことはありました。後々調べてみたら、成功した人たちは1日5杯ぐらいしか飲んでいなかったようですが、私はそれ以上に飲んでいました。

レモネードだけだと本当にお腹が空きます。「噛む」という行為がないので、レモネードをいくら飲んでも満足できないというか、常にお腹が鳴っているような状況でした。

レモネードダイエットは実践しないようにしましょう!

レモネードダイエットについて調べると、数多くの成功談が出てくるので、急いで痩せたい人は実践してみたいと思うかもしれません。でも、レモネードダイエットに必須とされている「ソルト・ウォーター・バッシング」は非常に危険な行為なので絶対に行わないようにしてください。

短期間で大幅減量に成功する方法は、危険な場合が多いのでくれぐれも注意しましょう。

人気記事