Medium 53c3497d4f30bc03

マインドフルネス「食べる瞑想」で美味しくダイエットする方法

最近話題のマインドフルネスについて調べていたところ、「食べる瞑想」という言葉に出会いました。食べる瞑想は食べ過ぎを防ぐのにも良いということなので、さっそく実践し、その効果を確かめてみることに…。

ライター:tommy  カテゴリー:産後・その他  投稿日:2017/04/17

この体験談を書いた人

271dcb9daeab215f tommy

30代女性です。食事やら運動やらいろいろなダイエットに挑戦しながら健康的に痩せられる方法を模索中。私の成功体験や失敗談が多くの人の役に立てれれば嬉しいです(^^

食べる瞑想って何?

Medium 063431ce8ec80253

「食べる瞑想」とは、最近話題のマインドフルネスの方法のひとつ。

マインドフルネスというのは座禅をベースに考案された、メンタルトレーニングのようなもの。意識を「今、ここ」に集中させることで、過去や未来にとらわれることなく、目の前のことに集中できるようになるといわれています。

一般的には、呼吸に意識を向けることで「今」に集中するのですが、食べる瞑想の場合は “食べること” に意識を向けます。

テレビを観ながら食事をするなど、“ながら食べ” をやめることで、食事をしっかり味わうことができたり、食べ過ぎを防ぐことができるのだそうです。

さっそく「食べる瞑想」をやってみた

さっそく「食べる瞑想」をやってみることに。今日の昼食は生姜焼きです♪

Medium 744c8678bbc091bc

by 271dcb9daeab215f tommy

食事中はテレビやラジオを消し、雑誌やスマホも見ない

食事に集中できる環境を整えるために、食事中はテレビやラジオを消しておきます。雑誌やスマホも見てはいけないので、気が散らないように離れたところに置いておきます。

誰かと一緒に食べるときもなるべく会話は控えて、しっかり食事と向き合うことが大切だそうです。

食べるものをじっくり観察してから口に運ぶ

食事をするときは、食べるものをじっくり観察してから口に運ぶようにします。食べ物の色や形、においを観察したり、食材を育てた人やその食材がここに来るまでの過程などを想像します。

一口ずつ、ゆっくり味わいながら食べる

食べ物を口に入れたらいったん箸を置き、しっかり噛みながら、味わいや食感、鼻から抜ける香りや、口の中での変化などに意識を集中させます。

途中、別のことを考えてしまっても、気づいたらまた食事に意識を戻します。

食べる瞑想をやってみた感想

食べる瞑想は意外とむずかしい

食事に集中しているつもりでも、気づいたら別のことを考えていたということが何度もありました。そのたびに食事に意識を戻すのですが、数分後にはまた考えごとをしていたり…(笑)

食べる瞑想を行ったことで、普段自分がどれだけ考えごとをしているのか、どれだけ食事に集中していなかったのかが分かりました。

ひとつのことに集中するというのは、意外とむずかしいものなんですね。

咀嚼回数が増えるので、満腹感が得やすい

いつも10分程度で食事を終えてしまう私ですが、食べる瞑想では50分近くもかかりました。

食べた量は普段より少なめで、いつもなら物足りなく感じる量でしたが、今回はしっかりと満腹感や満足感を得ることができました。ゆっくり味わって食べることで自然と咀嚼回数が増えて時間もかかるので、満腹感や満足感が得やすいのだと思います。

満腹感があれば食べ過ぎることもないので、食べる瞑想がダイエットに良いとされる理由が分かります。噛むことは脳にも良いといわれているので、一石二鳥だと思いました。

食材の味や食感をしっかり感じられる

Medium 4dc251866e0a5b45

テレビやおしゃべりに夢中になって食事をしていると、いつのまにか食べ終えてたなんてことがよくあります。

食べる瞑想では食事のことだけを考えるので、食材ひとつひとつの味や食感をしっかりと感じ取ることができました。「この野菜ってこんなに甘いんだ」とか「このお肉はすごく柔らかいな」とか、普段なら気づかない発見があり、いつもより食事を堪能することができました。

目を閉じて食べるとより味覚や嗅覚が敏感になります。いつもなら気にしない、鼻から抜ける香りがおもしろいなと思いました。

食への感謝の気持ちが湧いてくる

飽食の時代を生きる私たちにとっては、食事をすることが当たり前になっていますが、本来は食べ物があることや食事ができること自体、とてもありがたいことなんですよね。

生命を頂くこと、生産する人や運ぶ人たちがいることによって、私たちは食事ができる。そういったことを想像すると、自然と食への感謝の気持ちが湧いてきますし、自分は幸せなんだと思いました。

食べる瞑想は忘れていた心までを思い出させる、とても素晴らしい行いだと思います。

時間をかけなくても、食事に集中するということが大事

Medium 86349fb870978824

食べる瞑想を実践している人の中には、ひとつのおにぎりを30分以上かけて食べる人もいるそうです。

しかし忙しい現代人にとって、食事にあまり時間をかけられないのが現実。私は今回、50分程かけて食事をしましたが、毎日こんなに時間をかけるのは無理だと思いました。

食べる瞑想で大切なことは、時間をかけることよりも食事に意識を向けることです。たとえ5分や10分でも、“噛む” “味わう” といったことに意識を向けるだけで、満足感は大きく変わると思います。

お菓子もバクバクと口にほおばるより、一口ずつ味わって食べる方が長く楽しめます。食べ過ぎることもなくなると思うので、ぜひ今日から意識してみてください。

この記事のトピック:

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事