Medium efa5b15aaeb9a9c1

朝アイスダイエットを1週間試して効果を検証!デメリットは?

朝アイスダイエットとは、朝食をアイスに置き換えるダイエット法。アイスを食べるだけなんて夢のようなダイエット法だと思い、1週間だけ朝アイスダイエットを試してみました。ここでは朝アイスダイエットの方法と注意点、実践した結果をお伝えします。

ライター:あや  カテゴリー:食事  投稿日:2017/12/05

朝アイスダイエットとは

朝アイスダイエットとは、読んで字の如く「朝食をアイスクリームに置き換える」ダイエット方法です。「朝食のデザートとしてアイスクリームを食べるダイエット」ではありませんので、注意してくださいね。

アイスは乳脂肪分12%以上のものを

朝アイスとして食べるアイスクリームは、乳脂肪分12%以上のものがお勧めされています。その理由は次の通りです。

  • 乳脂肪分が低いアイスには、人工甘味料が多く使われている
  • ダイエット中でも必要な脂肪分を摂取しないと、体に脂肪が蓄積しやすくなる

朝アイスダイエットの注意点

朝アイスダイエットは一見普通の置き換えダイエットのように感じられますが、実は少し異なる点があります。それはより効果を高めるために、緩やかな食事制限が不可欠なこと。

そもそも朝食をアイスに置き換える理由は、「食事制限を伴うダイエット中に不足しがちな脂肪分を、適切に補う」ため。ダイエット中は脂肪や炭水化物を控えがちですが、脂肪分を全く摂取しなくなると体が緊急事態と判断して、逆に脂肪を蓄えてしまうのです。

それでは、せっかく辛い食事制限をしても意味がありませんよね。そこで出てくるのが、「朝アイス」なのです。

実際に試してみた!朝アイスダイエット

まず、今回の朝アイスダイエットの基本ルールです。

  • 朝食をアイスに置き換える
  • 適度な食事制限を行う

それではここから、具体的なやり方をご紹介していきますね。

まず乳脂肪分12%以上のアイスを探そう

Medium 1f16f41a9fd30c19

by Cc13814212256459 あや

今回私が朝アイスダイエットに使用したアイスは、「ハーゲンダッツ」です。味にはあまり拘らず、色々な味を食べました。ただ余計な脂肪を取らないためには、バニラなどのシンプルな味が良いという情報もありましたので、アイスを選ぶ際の参考にしてください。

私がハーゲンダッツを選んだ理由は、「乳脂肪分が12%以上」だから。今回の朝アイスダイエットのために、地元のスーパーのアイス売り場で12%以上のアイスを探したのですが、意外と無く、驚きました。

Medium e619fdb38bf8d8fd

by Cc13814212256459 あや

ハーゲンダッツには、しっかり「乳脂肪分13.0%」の記載があります。味の感想は、ご存知かとは思いますが、濃厚で食べごたえもバッチリ。棒アイスなどに比べると、はるかにお腹に溜まる感じでした!

今回のダイエット中は朝食をハーゲンダッツのみにし、お茶なども含めて飲み物は摂取しませんでした。

朝アイスダイエットを1週間試した結果

結論から言うと、正直大きな効果はありませんでした。体重は、開始時と比較すると-0.4kgです。1週間毎日朝食をハーゲンダッツに置き換えたのですが、残念ながらその後の食事制限に繋げられず、昼食と夕食の量を減らせなかったことが要因だと思います。

朝食をアイスに置き換えて変わったこと

  • 朝起きるのが楽しみになった
  • お昼前にはかなりお腹が空く
  • 罪悪感がある

ハーゲンダッツが待っているので、朝起きるのは本当に楽しみになりました。アイスを1つ食べるだけなので朝食の時間も3分くらいで済み、朝の時間に余裕が出るのはメリットかもしれませんね。

しかし、アイスしか食べていない上に食事制限もしています。栄養素としては足りているはずですが、やはりお腹は空きました。並行して行っていた食事制限で食事量を普段の2/3程度にしていたので、それもお腹が空く原因だったと思います。

また、朝からハーゲンダッツを食べているので、なんとなく罪悪感が湧いてきます。罪悪感により食事制限できる人には向いているかもしれませんが、私は罪悪感から暴食に走ってしまうので、気持ちのコントロールに苦労しました。

朝アイスダイエット中の昼食例

Medium fc1e041815f41a4e

by Cc13814212256459 あや

朝アイスダイエット中の昼食例
・玉ねぎサラダ ・スクランブルエッグ
・紅鮭切り身(半量) ・豆腐
・味噌汁 ・玄米おにぎり
・みかん   

こちらは、実際に食べていた昼食例です。本当はおにぎりを2つ食べたいのですが、ダイエット中は1つで我慢しました。

朝アイスダイエットのデメリット

食費がかさむ

朝アイスダイエットの最大のデメリットは、食費がかさむこと。乳脂肪分が12%以上のアイスは本当に種類が少なく、手軽に手に入るのはハーゲンダッツくらいです。今回は1週間のみ、お試しで朝アイスダイエットを行いましたが、もしこれを1か月続けると、

ハーゲンダッツ1個 250円 × 30日 = 7,500円/月

朝食だけで、こんなにかかってしまいます。1人分の朝食だけでこのコストは、少し厳しいですよね。そこで、通販を利用すると安く入手できるかもしれないと思い、調べてみました。

ハーゲンダッツ業務用2L(バニラ)

Medium eff3289f3664c464

出典:www.amazon.co.jp

そうして発見したのが、「ハーゲンダッツ業務用」です。こちらは2Lで2700円。市販のハーゲンダッツは、1カップ110mL入りで250円ですから、かなり安いです。ただし2L入りのパッケージなので、食べ過ぎには注意が必要ですね。

体が冷える

脂肪を効率的に燃焼するためには、体温は高いほうが良いと言われています。通常起床時は体が冷えた状態にあるのですが、アイスを食べることにより低かった体温がさらに冷えてしまうのです。

朝食を抜くよりは体に良いと思いますが、脂肪燃焼の面から考えるとデメリットと言えます。また、夏ならまだしも、冬は寒くて朝からアイスなんてとても食べられません。

私が実践した時期はちょうど夏だったので、口当りも良く、爽やかな朝の目覚めに繋がりました。朝アイスダイエットは、夏限定で行う方が良いかもしれませんね。

糖質制限ダイエットとの並行が難しい

このダイエットでは、朝から糖質の塊であるアイスクリームを食べるため、糖質制限ダイエットとの並行は難しいです。また、糖質制限の概念から考えると、朝から血糖値を上げると脂肪も付きやすくなってしまうことに。

昼食と夕食で食事制限がきちんと行えなかった場合、ダイエット効果はおろか逆に太ってしまうことにもなりかねません。

デメリットもあるけれど辛くないのはメリット!

糖質制限ダイエット経験者として言うならば、1日1回ガツンと糖質を摂れる朝アイスダイエットは、ストレスをあまり感じないため糖質制限ダイエットより行いやすいと思います。

糖質制限ダイエット特有の「あー!甘いものが食べたい!」という衝動も、「明日の朝になれば食べられる!」と考えることで、無事に抑えられました。

どのようなダイエット法であれ、継続にはモチベーションが不可欠ですよね。その点では、朝からアイスが食べられるのは、大きなメリットだと思います。

朝アイスで痩せるためには?

とても魅力的な「朝アイスダイエット」ですが、どうやら大きなダイエット効果は期待できないと分かりました。

ただ、下記のような条件でもダイエットを実行できる方なら、効果を実感できるかもしれません。

  • 業務用アイスでも、1日の摂取量を守ることができる
  • 昼食と夕食の食事量を大きく減らすことができる

朝アイスダイエットに興味が出てきた方は、ぜひ「強い意志とともに」試してみてくださいね。

この記事のトピック

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事