Medium b96566d95cfdd76c

週に1日思いっきり食べる「ご褒美ダイエット」を考案してみた

痩せたいけれどついつい食べちゃう!運動も断食もしたくない!という私が1日だけ思いっきり好きなものを食べていい日を設ける「1日ご褒美ダイエット」を考案。方法や結果をレポートします!

カテゴリー:短期集中  投稿日:2017/05/30

私が実践した1日ご褒美ダイエットの方法

1ca0f8498303ce0f

1日ご褒美ダイエットとは、ストレスを溜めないために、1週間のうち1日だけカロリーを気にせず満足するまで食べるダイエット法です。

思いっきり食べる日以外の6日間の摂取カロリーは「基礎代謝」以上「1日に消費するカロリー」以下で定めましょう。基礎代謝を下回ってしまうと、健康を害する危険があるので注意。自分の基礎代謝と消費カロリーはサイトで簡単に調べることができます。

ご褒美の1日は、花の金曜日でも明日が憂鬱な日曜日でも、自分の好きな日に設定してOK。カロリーを気にせず、思いっきり食べましょう!

ダイエット開始前に基礎代謝&消費カロリーの計算

ダイエットを始める前に、自分の基礎代謝と消費カロリーを計算しました。計算サイトによって異なりましたが、私の基礎代謝量は1,350~1,360kcal、運動を全然しない私の消費カロリーは2,040~2,050kcalほどでした。

食いしん坊な私は、ダイエットを始める前は好きなだけ食べていて、1日3,000kcalほど摂取していました。つまり、毎日約1,000kcalも消費できずにいたのです。そりゃ、太るわけですね。

基礎代謝と消費カロリーから、私が制限すべきカロリーは1日1,350~2,050kcalだとわかりました。私はストイックに行うことにしたので、1日の目標カロリーは基礎代謝分に押さえることにしました。

どれもこれもカロリーが高い…満腹感のある食べ物は?

E124b68cc21ecbbc

さっそくダイエットを開始。ただ、カロリー計算をしてみると美味しいものって大体カロリーが高いですよね。びっくりしたのは、ファーストフード店のハンバーガーとポテトのセット。1食だけで大体2,000kcalにもなってしまうんです。

揚げ物はもちろん、カレーライスやあっさりしたうどんまで意外とカロリーが高いものですから大変でした。そんな中、私はバナナと市販の寒天ゼリーの二刀流でしのいでいました。バナナは食べ応えがあり満足感を得られ、カロリーは1本100kcalと低カロリー。保存もきくので重宝していました。

友達に教えてもらった寒天ゼリーは、なんとカロリー0。普通のゼリーと同じで甘くて美味しい!とすっかり気に入ってしまった私は、大量に買い込んで1日1パックずつ食べました。こればかり食べるのは身体を壊すので危険ですが、バナナと寒天ゼリーはカロリー節約のために超オススメです。

ご褒美の1日がやってきた!好きなだけ食べちゃおう

私はご褒美の日を火曜日にし、その日も一応しっかりカロリー計算はしておきました。摂取したカロリーをグラフにしていたのですが、火曜日だけガーンと右肩上がりになるんですよね。せっかく今まで頑張ったのに食べてしまっていいんだろうか、と不安になりました。

しかし、長く食事制限を続けていると脳が「これだけしかカロリーが身体に入ってこないから、あんまりエネルギーを消費しちゃダメだ」と解釈して溜めこんでしまうので、ダイエット効率が悪くなってしまうそうです。そんな動物の本能を逆に利用した戦略的ダイエットと言えるかもしれませんね。

1日ご褒美ダイエットをした結果

私の場合、今まで摂っていたカロリーを半分程におさえた食事を続けたので空腹が辛かったし、ストレスからか便秘になったり肌が荒れたりと困ったこともありました。しかし、嬉しい結果もあったので報告します!

3週間で3kgの減量に成功

009fc50f7d561230

私は3kg体重を減らすことが目標でしたが、ダイエットを始めてから1週間に1kgずつ減り、3週間ほどで見事目標の3kg減量に成功しました。激しいリバウンドもなかったのでよかったです。

ご飯を美味しく感じるようになった

ダイエットを始めてから、ご飯が美味しい!以前の比にならないくらい食べ物を美味しく感じ、ただ欲望の赴くままに口に放り込んでいた頃よりも、幸福感を得られるようになりました。

少量でも平気になった

だんだんと少ない量でも平気になってきました。カロリー管理をすることで本来の適正な食事量を知り、暴飲暴食していたことに改めて気付くことができたんです。

私はこのダイエットを始めてから、基礎代謝量を下回る無理な食事制限をしてしまい、身体に不調をきたしてしまう日がありました。早く痩せようとカロリーを減らしすぎず、長い目でダイエットに取り掛かりましょう。

人気記事