Medium b3e6d72eaac7ca04

食べないダイエットで20kg痩せて異変が...私を救った友人の言葉

食べなければ痩せるのではないか?と思い、極端な食事制限ダイエットを行った私。結果−20kg痩せることができましたが、体重だけではなく失ったものが多いダイエットでした。今回はみなさんに、極端なダイエットが招いた恐ろしい結果を紹介します。

カテゴリー:短期集中  投稿日:2017/06/01

極端な食事制限を始めたきっかけ

B1f4b325f4f54515

私は小学生の高学年の頃から徐々に太り始めました。当時はまだコンプレックスに感じていませんでしたが、友人の妹さんに「どうしてそんなに足が太いの?」と聞かれたのがとてもショックで、自分が太っているのだと認識しました。

今までりんごダイエットやバナナダイエット、キャベツダイエットやグレープフルーツダイエットなど様々なダイエット方法を試しましたが、いまいち効果はなくダイエットを諦めていました。

しかし高校3年生の時に転機が。受験のプレッシャーに耐えきれず胃腸を壊してしまい、ほとんどご飯を食べられず、病院でうどんなどの消化の良いものばかり食べていました。

すると面白いように体重が減少したのです。私はその減りっぷりが快感となり、胃腸が治った後も意図的に食べることを避けるようになりました。

極端な食事制限を始めて食べていたもの

5b43b83d53ac1831

極端な食事制限を始めて、カロリーは私の敵になりました。何を食べるにしても商品をひっくり返し、自分の好みではなくカロリーの一番低いものを食べるようにしました。

この頃の私は、

  • 朝:ところてん(黒酢)
  • 昼:サラダ(野菜とチーズ)
  • 夜:母が作ったおかずを少しだけ

という食生活を送っていました。間食は摂らず、飲み物もカロリーがないものを選ぶように気をつけていました。1日の摂取カロリーは500kcalいかない日がほとんどでした。

こんな生活を10ヶ月前後続けたある日、体重計に乗ってみると体重が一番重い時から20kg近く落ちていました。もう、私は嬉しくて仕方なく大喜びしました。

極端なダイエットで無理に痩せた結果

20kgの減量に成功し、大喜びしていた私。しかし周りの人からの声は、自分が思っているものとは異なりました。「痩せすぎちゃう?」「骸骨みたい」「顔色悪いで」「覇気がない」など様々なことを言われました。

当時の体重は今思えばかなり軽く、栄養バランスが偏っていたので顔色は悪かったのだと思います。また、生理周期が大幅に乱れ、髪はボサボサになり、肌は荒れ、爪が割れやすくなり、風邪を引きやすくなるといった健康面や美容面にも影響が出ていました。

この頃は食べることが怖く、外食に行っても1人前を完食することができませんでした。カロリーばかり気にして自分の好きなものがよくわからなくなり、食べることの楽しみを感じなくなっていました。

食べないダイエットで体に起きた異変

Da95757eb3ef479b
  • 顔色が悪くなった
  • 生理周期が乱れた
  • 髪のツヤがなくなった
  • 肌荒れが起こった
  • 肌にハリがなくなった
  • 爪が割れやすくなった
  • 風邪を引きやすくなった
  • 食事が苦痛になった

食べないダイエットをやめられた理由

食べないダイエットをやめたきっかけ

それでもなお自分のことを太っていると思っていた私は、移動の際は極力歩くようにしていました。食事制限も怠らず、極端なダイエットを続けていました。

ある日、成人式の前撮りに行きました。綺麗な着物を着せてもらい、プロのカメラマンさんに写真を撮っていただきとても嬉しかったです。しかし、出来上がった写真を見ると愕然としました。

そこに写っていたのは自分が想像していた綺麗に痩せている自分ではなく、骸骨のような自分が写っていたのです。頬はこけ、顔色が悪く、覇気のない顔を見た時、「これではだめだ、美しい女性とはとても言えない」と自分の中で何かが弾けました。

食べる量を無理なく増やした方法

このままではいけない!そう思ったのは良いけれど、どうしたら良いのかわからない自分がいました。食事を思うように摂れないのです。さあ食べようと選びに行っても、好みではなくカロリーの低いものを選んでしまいますし、1人前を完食することができませんでした。

少しずつ食べようと思いつつも、どこかでまた太るのが怖くて食べたくないと思っている自分がいました。毎食毎食悩み、戸惑い、それまで以上に食べることが億劫になっていました。

友人の一言

そんな私を心配した友人が、ある日のお昼ごはんの後にこんなことを言ってくれました。「昨日より、二口分くらい多く食べてるね!偉い!もう一口だけ頑張ってみよう!」

友人は一緒にお昼を食べる度に、もう一口食べるようにと言ってくれました。これをきっかけに私は1人前をなんとか食べられるようになりました。

私の考えを変えてくれた言葉

私を最後まで苦しめたのが、カロリー制限でした。1人前を食べられるようになってからも、自分の好みや食べたいものではなくカロリーで食事を選んでいました。栄養の偏りも大きかったと思います。そんなある日、先輩に言われた言葉で私は目が覚めました。

「人間いつかは死ぬんだよ?好きなもの食べずに、珍しいもの口にせずに死んだら損な気持ちにならない?」自分の人生の有限性を考えず、今痩せていれば良いと考えていた私にとって、衝撃的な一言でした。そうか、自分の好きなものを食べて良いのか…と納得しました。

現在は好きなものを食べて幸せに

現在は苦悩を乗り越え、カロリーを気にせず好きなものを食べることができるようになりました。一番痩せていた時より7kgほど増えましたが、肌や髪にツヤやハリができ、爪も割れにくくなり、顔色もよくなり…と良いことずくめの毎日を送っています!

体重の減少は快感を覚えるものですが、限度を過ぎると人生において大切なものを失ってしまいます。みなさんは決して、極端な食事制限のダイエットをなさらないでください!

極端な食事制限ダイエットはしてはいけない!

  • 顔色が悪い
  • 生理周期の乱れ
  • 髪のツヤがなくなる
  • 肌荒れが起こる
  • 肌にハリがなくなる
  • 爪が割れやすくなる
  • 風邪を引きやすくなる
  • 食事が苦痛になる
  • 人生が楽しめなくなる

このような悪影響が体に起こってしまうので、絶対に極端な食事制限はしないでください!特に体調を崩すと、免疫力がかなり低下しているので長引いたり悪化したりしてしまいます。

また、極端な制限をすると人生を楽しむことができなくなります。私は以前より体重は少し増えましたが、笑顔で過ごせるようになりました。極端な食事制限ダイエットで得られるものはありませんので、絶対に真似をしないでくださいね。

この記事のトピック

人気記事