Medium 8627349696d7d6ea

ウォーキングの効果倍増!早歩きダイエットに挑戦してみた

ウォーキングは、誰にでもできるお手軽な運動ということで、人気のダイエット法です。しかし、ただ歩くだけではなく、早歩きをするとダイエットに効果的、ということはご存じでしょうか?半年間、「早歩きダイエット」を実践した効果をレポートします!

ライター:ももっちのパパ  カテゴリー:運動  投稿日:2017/08/07

早歩きダイエットを始めたきっかけ

Medium 6798cb060f77405f

残業が多く不規則な生活が続き、晩御飯も22時を過ぎて食べることが多かったので、結婚前に82キロ前後だった体重も、いつの間にやら90キロが目前に迫るくらいになっていました…。

そんな時、ジョギングをしている人々に紛れて、腕を振りながら早歩きしている人を見つけました。走るほどの体力も気力もないと思っていた中で、「早く歩くのなら無理のない範囲でできる!」と思い、早歩きダイエットに挑戦することにしました。

早歩きダイエットとは?

早歩きダイエットとは、その名の通り「早く歩いてダイエットをする」という方法です。今までダイエットをしたことがない、あるいはハードな運動などしたくないと思っている人にはとてもおすすめで、最も簡単に取り組めるダイエットだと思います。

そして、歩き方を工夫するだけでダイエット効果がアップします。どうせなら、効率よくダイエットをしたいですよね!

早歩きダイエットのやり方

早歩きダイエットは、以下の点に注意して行ってみてください。

  • 姿勢を正して歩く。
  • できる限りの早歩きで。
  • 二の腕にも効果を得たい場合は、腕をしっかり振りましょう。
  • 最低でも20分は歩くこと。30分以上が理想です。
  • 目標歩数は1日10,000歩。
  • 歩く時間帯は、自分の生活スタイルに合わせて行いましょう。

よく、「ウォーキングは早朝行いましょう」「朝・夕2回行いましょう」などと時間帯を決めて行う場合がありますが、朝が苦手な人・夕方は時間がない人など、人それぞれだと思います。何よりも継続して行うことが大切なので、自分の好きな時間帯に行うようにしましょう。

半年間早歩きダイエットを続けた結果

まずは、夜に近所を歩くようにしてみました。腕をしっかり振って、できる限りの早歩きを心がけました。

1週間目 10分で疲れる!

意気込んで始めてみたものの、私の家は山の中にあるため、道路のアップダウンが激しく、目標とする20分はおろか、10分程度歩いただけでもかなり疲れました。小学校のときは、この山の中を1時間かけて学校に通っていたのに、体力の衰えに愕然としました。

しかし、かなり汗をかいたので運動の効果を実感しました。

1ヶ月目 全く体重に変化なし!

体が慣れて、持久力がついてきたと感じたのは2週間目に入ってきた頃からです。その頃になると、歩くのも楽しくなってきました。ただ、体重計に乗っても、目立った変化がありません。がんばっているのに効果があまり出ないのは、悲しかったです。

2ヶ月目 体重計の数値に変化アリ!

Medium e6324bbbfa00df6b

2ヶ月くらい経ってから、やっと効果を感じ始めました。寝る前に体重を計るのが日課となっていましたが、3日おきに100gペースで減少していき、お腹周りもすっきりしてきました。

体重が減少すると、次第にやる気も出てきました。そして、歩く距離を1.5倍の3kmに伸ばしましたが、膝が痛くなり、2週間程度でまた元通りのコースに戻しました。

最終的に半年後は?

開始時は90kg近かった体重も、2ヶ月後からは月平均1~1.5kgくらいで減少し、半年後には85kgくらいになりました。結婚前の82kgには届きませんでしたが、この結果には満足しています!緩やかなペースで体重が減少したので、リバウンドもしていません。

早歩きはルームウォーカーでもOK

Medium 35415f7d501b5f62

フィットネスジムなどにルームウォーカーがありますが、これは雨でも関係なくウォーキングができて、消費カロリーや歩行距離なども正確に出てきます。私もジム等で使用したことがあり、以下のような利点がありました。

  • 歩く早さを調整でき、消費カロリーや移動距離を正確に把握できる。
  • 傾斜角度をつけることもでき、運動負荷の調整が容易。
  • 天候に左右されない。
  • 夜間でも安全にウォーキングができる。

実際に購入にはお金がかかったり、置き場所も考えなくてはなりません。ジムや市町村の体育館施設などに置いてある場合があるので、気になる方はぜひ利用してみてください。

早歩きダイエットで気をつけること

早歩きダイエットですが、「ただ漫然と歩くだけ」では効果は半減します。以下、気をつけたい事項についてまとめてみました。

姿勢よく歩くこと

まず歩くときの姿勢は、猫背にならず背筋はしっかりと伸ばすようにしましょう。やり方でも書きましたが、姿勢を意識するだけでもカロリー消費ができます。同時に、お腹にも力を入れて歩くと腹筋を鍛えることもできますよ。

あくまで早歩きで実践すること

慣れてくると、「走った方がカロリー消費になるかも?」と思ってしまいますが、あまりおすすめはしません。目安として「息が上がるが、会話ができる程度」が有酸素運動として効果的です!

呼吸の方法にも注意すること

Medium 834fa160d82a1425

早歩きするときの呼吸の方法にも注意しましょう。まず「鼻」で吸って、「口」で吐くのを基本に、特に「吐く」ことに重点をおきましょう。吸うのが1であれば、吐くのは1.5~2倍の時間をかけてゆっくりと行うのがコツです。

具体的には、2歩歩く間に吸って、吐くのは3歩~4歩くらいかけて行います。

早歩きダイエットは、特別な器具などは必要なく、自分のペースで気長にやるダイエットです。理想としては、「毎日元気に数km早歩きしていたら、いつの間にか痩せていた」だと思います。

また、無理に毎日行わなくても大丈夫。週3日~4日程度でも「続けていれば」効果はあります。ぜひ皆さんも始めてみてください!

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事