Medium e58b47b2c577c8bf

ウエスト−4cmに成功!腹斜筋を鍛えてくびれを作る方法3選

くびれを作るのに、間違った筋肉を鍛えていませんか?女性特有のくびれを手に入れるには、正しい部位を鍛えることが重要です。頑張れば、2週間で効果が見え始めますよ!くびれができない理由と、私が実践したエクササイズの方法を詳しく紹介します。

ライター:lala  カテゴリー:部分痩せ  投稿日:2017/06/12

ダイエットをしても、くびれが作れない原因は?

Medium 2b12b5714bd3c349

くびれのあるウエストに憧れて、始めたダイエット。しかし、体重は減っていっても、なぜかウエストがくびれないのが悩みでした。腹筋をすればいいと思い、毎日お腹が筋肉痛になるくらい頑張りましたが、それでも効果が現れませんでした…。

何を間違えているのか、どうすればいいのかを知りたくて調べてみると、このような原因を発見しました。

原因① 猫背

Medium b389ab6b0a282c8f

背中が丸まっていては、くびれはできません。普段から、背筋をまっすぐにすることを意識するだけで、くびれを作りやすい体になります。

原因② 鍛える部位

くびれができるのは、助骨の下です。私が鍛えていたのはお腹の表面だけで、くびれ作りに必要な筋肉はお腹の両サイドにある腹斜筋だったのです。腹斜筋は、普段あまり使わない部分なので、意識してエクササイズをしないとくびれはできません。

そこで、腹斜筋を鍛えるためのエクササイズを2週間行った結果、なんとウエスト-4cmに成功しました!やり方を変えるだけで、これだけの結果を得られたのには驚きです。

効果抜群!腹斜筋エクササイズ3選

それでは、私がウエスト-4cmに成功したエクササイズ方法を紹介します。エクササイズをやる際に、気をつけて欲しいことは以下のとおりです。ぜひ、意識してエクササイズをしてみてくださいね。

  • 呼吸は深く吸って長く吐く。
  • お腹は引っ込めながら力を入れる。
  • 食後1時間以内は運動をしない。

まず初めに、ストレッチから始めてみましょう!

①くびれストレッチ

方法
①うつ伏せになる。
②腕を使って、気持ちいいと感じるところまで上半身を起こしていく。
③5秒間キープ。
④そのままの体勢で、体を片方にひねって5秒間キープ。
⑤反対側もひねって、5秒間キープ。
⑥ゆっくり体を戻す。

寝ながらできる、簡単なストレッチ。いつも使わない、腹斜筋を刺激してくれます。朝起きてからと寝る前に、そしてくびれエクササイズの前にやると効果的です。

②バイシクルクランチ

方法
①仰向けになる。
②腹筋の力で脚を持ちあげて、膝を90度曲げる。
③ふくらはぎと床を平行にして、そのままキープ。
④両手で後頭部を抑えて頭と肩を浮かす。
⑤左膝を体に引きつけて、右脚を浮かしながらまっすぐ伸ばす。
⑥右肘を左膝に引きつけて、上半身をひねる。
⑦頭と肩を浮かせたまま、右膝を左肘を引きつけてひねる。
⑧自転車をこぐイメージで左右の動きを1回とし、15回繰り返す。

バイシクルクランチは、ひねる動作も入っているので腹斜筋を鍛えながら下腹にも効くエクササイズです。お腹に力を入れることを意識しながら、ひねることがポイントです。最初はきついですが、3日ほどで慣れてきたので徐々に回数を増やしていきました。

③オリシェイプ

方法
①立ったまま足を肩幅開く。
②お尻を下げて、膝を少し曲げます。
③骨盤を立てながらお腹に力を入れて、あばら骨の下から折るようにお尻を前へ後ろへと動かす。
④これを15回繰り返す。
⑤上半身がぶれないように骨盤を右にあげて、左にあげる。
⑥これを15回繰り返す。

このエクササイズは、とっても簡単!膝が内股にならないように、そして呼吸を止めないで行うことがポイントです。私は楽しむ工夫をするために、慣れてきたら音楽を聴きながら音に合わせてオリシェイプを行いました。

腹斜筋を鍛えた結果

ウエストが-4cmに!

Medium 680b82b27c7daf67

by B53b034c858ffc41 lala

3つのエクササイズをほぼ毎日やった結果、ウエストにカーブが見えてきました。下腹も引き締まって、自分のお腹に自信を持てるようになりました。見た目は変わりましたが、体重は変化がなくキープしたままです。

また、ウエストが細くなってから、胸が大きく見えるようになりました。女性らしい曲線に近づけて、とても嬉しいです!

そして、ウエストラインを意識するために、普段からタイトな洋服を着るようになりました。色々なスタイルの服を、カッコよく着こなせていくのがとても嬉しくて、モチベーションも上がりましたよ!

体調不良も改善

このエクササイズをやり始めてから、生理痛が軽減されました。このような効果は期待していなかったので、びっくり!他に、冷えの解消やむくみ改善などにも効果がありました。

失敗しないように気をつけること

私は、筋肉を休めるためにも週3回のペースで行いました。エクササイズをした次の日は、背中と脇腹が筋肉痛になったので、無理をして続けると怪我のもとにもなり、注意が必要です。体調に合わせて続けましょう。

また、停滞期を乗り切るために、サイズもあまり頻繁に測るのではなくて、見た目で細くなったなと思ったら測るようにしました。ダイエットを成功させるには、前向きな姿勢で取り組むことが肝心です。焦りは禁物!

日々の積み重ねが重要ですが、綺麗なくびれを手に入れることができたので、今後も続けていこうと思います!

この記事のトピック

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事