Medium 50215bedaf95236d

ランニングマシンダイエットでなんと2kg増!失敗の原因は?

ランニングマシンで走って運動不足を解消しよう!と考えるのはダイエットの定番ですよね。しかし、私は向いていなかったようで、なんと逆に体重が増えてしまいました。逆効果になってしまった原因を分析し、注意すべきポイントを見つけたのでレポートします。

ライター:ちゃわんむし  カテゴリー:運動  投稿日:2017/06/19

ダイエットにランニングマシンを取り入れたきっかけ

Medium 807af6b36e299e2b

私がダイエットを始めようと思ったきっかけは、デパートで可愛いスポーツウェアを見て、一気にテンションが上がって衝動買いしたことでした。買ったウェアを着たい一心で、運動をするついでにダイエットにも挑戦しよう!と考えました。

脂肪燃焼効果がある運動について調べた結果、効果が高いのは「泳ぐ」「走る」の2つだとわかりました。そこで、購入したウェアを着て実践できる「走るダイエット」を始めることにしました。実践した方のアドバイスを見つけたので、参考として紹介します。

  • 走ることは、有酸素運動をしながら筋肉も使うので、ダイエットに最適。
  • 毎日行うと怪我のリスクが高まる。週3程度で行うのがベスト。
  • かわいいウェアは、モチベーション維持に最適。
Medium 4cdbcdedbe00b4b8

by A0d83a877b62af63 ちゃわんむし

可愛いウェアにテンションアップしつつ、早速「走るダイエット」を始めてみることにしました。以前、膝を痛めた経験があるので、コンクリートの道路を走るのではなく、ジムのランニングマシンを使用することにしました。

私が実践したランニングマシンダイエットの方法

仕事のスケジュールや体力面を考えて、次のようなルールを自分で設けました。実はこの中に、私のダイエット失敗の原因があったんです…。

  • 週2回、仕事後の夕方にジムに行く
  • ジョギングに近いスピードで走る(15分間で2.5km程度)
  • 食事制限などは行わない

ちなみに、ランニングとジョギングは同じような意味に使われがちですが、微妙に違いがあります。ランニングは、1kmを5分以内のペースで走ることを指し、それよりも遅いのがジョギングだそうです。また、ランニングのほうが脂肪燃焼効果が高いそうです。

Medium 56fda37b14723d81

by A0d83a877b62af63 ちゃわんむし

こちらは、私が実際に走ったランニングマシンの表示です。ランニング15分+クールダウン2分で17分、距離はマイル表示に換算すると約2.6kmです。1km5分程度のゆっくりペースに思えますが、私の中では15分間で自分の全力を出し切るような感じでした。

ランニングマシンダイエットをやってみた感想

ジョギングやランニングの経験がなかった私は、たった15分間でもすぐに息があがってしまいます。しかし、ランニングマシンで走ることで終了時間が把握でき、中だるみすることなく最後まで頑張ることができました。

また、ランニングマシンのゴム製の床は思ったより柔らかく、痛めた膝を悪化させることがなく良かったです。

ランニングマシンダイエットを3ヶ月実践した結果、なんと2kg増!

ランニングマシンダイエット開始から3ヶ月後、体重は減るどころか、なんと2kg増えてしまいました。これまで運動をしなかったのに、急に走り始めたせいで異常にお腹が空き、量を多く食べるようになってしまったせいだと思います。

ジムでのワークアウトを終えると夕食時間になるのも、食べ過ぎる原因の一つでした。さらに、「食事制限はしない」という自分流のルールや、運動でカロリーを消費したという安心感が、私を油断させたと思います。

運動後は特に、ご飯や麺類などの炭水化物を好んで、お腹いっぱい食べていました。運動後の食事量が増えたことでたくさん食べる習慣がつき、普段の食事でも量が増えていきました。

走った後に食欲が爆発する理由

「運動したからお腹が減る」というのは気分の問題ではなく、医学的根拠があるようです。大阪市立大学大学院医学研究科の先生が書かれた論文によると、運動をすることで、実際に食欲増進効果のある物質が分泌されるそうです。

ただし、食欲増進効果のある物質は、食事をすれば低下していくそうなので、最初にサラダなど低カロリーのものを時間をかけて食べていれば、空腹感を抑えることができたようです。

私が、高カロリーなご飯や麺類を選んで食べていなければ、運動したのに太る、という失敗はしなかったかもしれません。

ランニングマシンダイエットを成功させるために

「運動後は通常よりお腹が空く」という生理現象や、「カロリーを消費したからたくさん食べても大丈夫」という油断に何らかの対策を立てなければいけません。そこで私は、次の2つを注意点としてまとめました。

①食事のルールは決めておく

Medium 33b59a94bbc4750d

ダイエット前に、「野菜から食べる」「低カロリーで高タンパクのものを摂る」「たくさん噛む」といった食事に関するルールを、あらかじめ決めておくと食べ過ぎを防ぐことができると思います。少ない量でも満足感を得やすいような工夫をして、食事を楽しむことができたらいいなと思いました。

②運動は夜より朝の方がベター

私は夕食前に走っていたので、空腹感から夕食の量が増えてしまいました。しかし、夜は就寝のためカロリーを消費することができないことから、夜の食事を多めに摂るのはダイエットに良くないと言われています。走る時間を朝にすることで、万一食べ過ぎてしまっても日中の活動で調整できそうです。

以上、私が行ったランニングマシンダイエットの体験を紹介しました。筋肉をつけながら痩せることができたら嬉しいですよね。今回、私は方法が悪くてダイエットの成果は得られませんでしたが、失敗から学んだことを生かして、再度挑戦してみようと思います。

この記事のトピック

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事