Medium 50b3f651496413d6

顔のたるみを解消!私が10年続ける「造顔マッサージ」の方法

アラサーに足を踏み入れた頃、顔のたるみが気になり始めた私。それから「造顔マッサージ」というインパクトのある言葉に惹かれて、10年間続けてみました。造顔マッサージの方法と10年間で手に入れた結果、マッサージにおすすめのアイテムをご紹介します。

ライター:テルル  カテゴリー:部分痩せ  投稿日:2017/06/15

「造顔マッサージ」とは

Medium 892c7d2f94ee4b49

「造顔マッサージ」とは、メイクアップアーティストであった田中宥久子さんが開発したマッサージです。「顔の年齢は、自分で造れる!」と、フェイスラインのたるみを改善して、若々しい顔をキープし続けることを目的としています。

顔の見た目から若々しさを奪っているのは、脂肪の蓄積からくる「たるみ」とのこと。余分な脂肪が顔に蓄積しないよう、老廃物としてリンパ腺に流すことで、キュッと引き締まった印象の顔が造れるのだとか。

私が「造顔マッサージ」を知ったのは、顔のたるみを気にし始めた10年前です。年をとっても、年齢がよく分からない感じの女性になりたい!と思っていたこともあって始めました。

「造顔マッサージ」の方法

「造顔マッサージ」は、基本的に両手を使って左右同時に行うものが多いです。各マッサージの後は、必ずこめかみに人差し指・中指・薬指の3本をおいて、首筋までリンパを流すことを忘れずに行いましょう。

大きく分けて、次の部分を重点的に行います。各マッサージの回数は3回です。毎日続けるよう心がけましょう。

ひたいまわりのマッサージ
①ひたいの中央に3本指をおき、外側に流すように動かす
②ひたいを覆うように指3本をおき、上下に動かしながら左から右に動かす(片手ずつ行う)
口まわりのマッサージ
①目尻に中指をおく
②目のまわりに円を描くように動かす
③あごに中指と薬指をおく
④口まわりをなぞり鼻筋まで動かす
⑤口角の横に親指の付け根部分をおき、耳の下の付け根まで動かす
小鼻まわりのマッサージ
①小鼻横に中指と薬指をおき、鼻の付け根に向けて上下に動かす
②あごに中指と薬指をおき、口横と小鼻横を通り目元、目尻へと動かす
頬まわりのマッサージ
①親指以外の4本指を、あごの横から目元まで斜めに動かし、外側へ流す(片頬ずつ行う)
②鼻筋の横に人差し指・中指・薬指をおき、外側へ流すように動かす
③親指の付け根部分を頬骨の下におき、耳の上の付け根まで動かす
顔の輪郭のマッサージ
①親指の付け根をあごにおき、輪郭に沿って耳の付け根まで動かす(片側ずつ行う)
②人差し指で両鼻を挟むようにおく
③親指はあごの下で固定し、そのまま耳の付け根まで動かす

コツは、「若干痛いけど気持ちいい」くらいの強さで、指や手のひら全体を使用するようにマッサージすること。また、一つ一つのマッサージを、ゆっくり丁寧に行うことも大事です。

今回紹介したマッサージ法に、近い動画がありました。指や手の動きの参考にしてみてください。

「造顔マッサージ」を行うときの注意点2つ

造顔マッサージを行う際は、以下の2点に注意が必要です。

①あごに問題のある方は専門医に相談する

それなりの力でマッサージを行うためか、あごの骨など何らかの問題のある方には、あごまわりのマッサージは推奨されていません。マッサージの強さを弱める、専門医に相談してから行うなどの注意が必要です。

②マッサージクリームは多めに使う

Medium 2370b013d43423ca

マッサージの際に肌への摩擦があると、シミなどの肌トラブルの原因になってしまいます。必ずマッサージクリームを多めに使用して、摩擦をやわらげるよう注意しましょう。

摩擦が起きているときは、指を動かすとき肌に引っかかっている感じがします。そんなときは動きに肌がもっていかれない程度、つまり、肌の表面を指がスルッと移動する状態にしましょう。

私が「造顔マッサージ」を行ったタイミング

肌への摩擦を避けるために、私はマッサージクリームではなく、クレンジングジェルを使っていました。メイク落としも造顔マッサージも毎日行う必要があるので、メイク落としの時に造顔マッサージを行うと、一度で済ませられて手軽だと思ったためです。

ただし、注意点があります。

クレンジングジェルでマッサージを行う際の注意点

Medium f289feb50c7ea69d

クレンジングジェルで長時間マッサージすると、肌の潤いが失われてしまうこともあります。調べたところ、メイク落としは1分程度で終わらせるのが良いそうです。

私は、入浴中に造顔マッサージとメイク落としを同時に行っており、一通り終了するのに約3分かかります。私の場合は、10年経っても、お肌のトラブルは特に気になることはないです。シミなどは多少出ていますが、アラフォーですので範囲内かと思います。

肌への影響には個人差があるので、油分控えめのマッサージクリームを使用して、造顔マッサージを行うことをおすすめします。

「造顔マッサージ」におすすめのクリーム

SUQQU マスキュレイト マッサージ&マスククリーム 200g

Medium e98b65d0e1de24e7

出典:www.amazon.co.jp

こちらは、造顔マッサージの提唱者である、田中宥久子さんが監修したブランドのクリームです。

ちふれ化粧品 ウォッシャブルコールドクリームN 300g

Medium eb562c2c35756cd9

出典:www.amazon.co.jp

こちらは毎日使えるような、お手軽価格のものです。

私が「造顔マッサージ」を10年続けられた理由

気がつけば「造顔マッサージ」を続けて10年。自分でも、よく続けたものだと驚きます。長く続けられた理由は、次の2つだと思います。

①感覚が気持ちいい

冒頭で述べたように、造顔マッサージは顔の老廃物をリンパに流すことで、脂肪の蓄積からくる「たるみ」を排除するマッサージです。

そのためか、マッサージ後はスッキリ感があって、顔が軽くなったような感じがします。また、顔をほぐしているので、顔面の疲れもとれる感じがします。

使用するジェルをケチると、指が顔の肌にひっかかって「摩擦が~!」と青くなることもありましたが、それさえ気をつければ、気持ちよく1日を終えることができました。

②マッサージ後の自分の顔つきが好き

造顔マッサージのポイントの1つは、マッサージ前と後の顔が驚くほど変わることです。マッサージ前は、もたっと重力がかかっていたような自分の顔が、マッサージ後にキュッと引き締まった印象に見えました。キリッとした女性に近づけたようで嬉しかったです。

もたっとした印象より、キュッとした顔つきで毎日を過ごしたかったので、続いたのだと思います。仕事やプライベートでも「今日は勝負どころ!」と気合を入れたいときは、直前に1回マッサージをしていたりもしました。

ただ、あくまでも個人的な感想です。マッサージの回数も1日2回までは大丈夫ですが、それ以上は止めた方が良いようです。

「造顔マッサージ」10年間続けた結果

姉妹間で、同じ年代(30代突入後)のときの写真を比較すると、私の顔には次のような印象があります。

  • 目尻の小ジワが少ない
  • ほうれい線が薄い
  • 顎のたるみが少ない
  • まぶたの重たさが少ない
  • 顔つきがシャープ

マッサージの気持ちよさと、その後の顔つきが気に入って続けていましたが、長期的なリフトアップ効果もきちんと出ていたのかもしれません。嬉しい結果です。

ですが、やはり10年前と同じ顔ではないです。あくまで、同年代の姉妹と比べて若いかな?という印象です。年齢が進むにつれて、たるみは当然出てきます。特に、あご部分は10年も経過していると、さすがに二重あごの傾向を見せ始めました。他の二重あごのエクササイズも組み込まないといけないのが現実です。

ただ、「何歳なの?」と聞かれることはよくあるので、念願の「年をとっても、年齢がよく分からない女性」には、近づいていると信じたい今日この頃です。

この記事のトピック

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事