Medium a8fb1c58f010e74a

私が10年続けている「鏡ダイエット」は美意識UPに最適な方法

体重よりも人からどう見られているかが気になる私は、鏡ダイエットに挑戦。10年間続けた結果、ダイエットに対する意識が変わりました。私が実践した鏡ダイエットの方法と結果を紹介します!

カテゴリー:生活習慣  投稿日:2017/06/22

鏡ダイエットとの出会い ~ミス・ユニバースへの憧れ~

少し前、話題になったミス・ユニバースの美容法。エリカ・アンギャルさんやイネス・リグロンさんの著書を読まれた方もいると思います。

世界一の美女の創りかた

6e0f968e33f21429

出典:www.amazon.co.jp

  • 「日本の女性は、スリムではなくスキニーになりがちである」
  • 「体重を増やした方がよい女性が多い」
  • 「大切なのはプロポーションであり、グラマラスな体でなければユニバースでは通用しない」

ひたすら細さを求めていた私にとっては、目から鱗の落ちる内容が盛りだくさんでした。紹介されていた美容法のなかで、もっとも私が感銘を受けたのは、「鏡の前に立ち、自分の体つきを把握すること」でした。

鏡ダイエットを実践していないモデルはいない!

26ff9b2efaa3b146

様々なモデルさんのインタビューを読みあさった私は、「鏡で自分のスタイルをチェックする」ことをしないモデルさんは、一人もいないのではと思いました。それだけ彼女たちは、「体重」ではなく「見た目」を気にしているのです。

ミス・ユニバースのファイナリストの方たちは、皆、生まれたままの姿で鏡の前にたち、お互いの体をまじまじ見つめて「ここ、もう少しシェイプした方がいいんじゃない?」と遠慮なくアドバイスしているそうです。

私が実践した鏡ダイエットの方法を紹介

触発されやすい私は、10年前から全身鏡で自分を観察することを習慣にしました。鏡を見るだけのダイエットなので、細かい手順やコツは必要ありません。

2つの鏡を使って後ろ姿をチェック

壁掛け鏡の前に立つとき、かならずメイク用の小さい鏡を持って、その中に映る自分の後ろ姿を念入りにチェックしました。

割れない鏡 REFEX

Cbdd60bd09e4f164

by F831018fedf2017f リナロール

私が愛用している、割れない&お手入れ楽々の鏡です。私は150×80cmを使っています。

8df82116e450fc07

by F831018fedf2017f リナロール

注意点

  • 室内灯を限界まで明るくして、体の凹凸を浮かび上がらせる
  • 体のラインがわかる服を着る
  • できることなら全裸!
  • 気取らず、普段の自分の姿勢を再現して見る

特に重要なのは4つ目。私がよくするのは、一旦しゃがんで、立ち上がった瞬間を鏡で見ること。一番無防備な姿勢の自分が、目の前の鏡に映ります。時に心が折れそうになるほど醜い姿が映りますので、さらにダイエットの意識が高まること受け合いです。

下着姿になるときは“動いている自分”をチェック

07c0edb18aa0e6ec

私の経験から言って、体型の変化に気づくのは「動いている自分の体を見ているとき」なので、下着姿になったときに、着替えている自分をじっくり観察しました。

  • かがむとき、お腹はこんなに垂れていたっけ?
  • 腕を曲げたときの二の腕の太さがひどい...
  • 太ももが動くたびに揺れている!

静止している姿からは見えにくい、自分のプロポーションの崩れがいち早く発見できる方法です。

意識して姿勢をよくする

鏡を見るとき、自然に背筋が伸びませんか?鏡を見る時間が多いほど、姿勢がよい時間がふえるということ。私はさらに、意識して綺麗な姿勢を保てるようにしました。

理想は、壁に後頭部・肩甲骨・お尻・かかとをつけて立つ姿勢です。慣れるまでは1分続けるのも大変でしたが、辛いということは体の筋肉をたくさん使っている証拠!立ち方が美しくなる→シェイプアップと、よいこと尽くめでした。

痩せてみえる姿勢を身につける

私は鏡を使い、他人から見て“痩せてみえる姿勢”を研究しました。具体的にはこちら。

  1. 椅子に座るとき:どういう足のそろえ方が、一番細く見えるか研究!
  2. 立ち読みのとき:猫背厳禁。背筋を伸ばし、本と顔を近づけ過ぎないこと。
  3. しゃがむとき:膝とお腹を離すと美しい。
  4. 信号待ちのとき:足がまっすぐ見える立ち方をひたすら研究。
  5. 立ち話をするとき:足が開いていないか、怒り肩になってないか、チェック!

痩せてみえる姿勢を身につければ、確実に見た目痩せできます。

鏡の前に立った私は、いつも大忙しです。お尻を限界まで引き締めて鏡の前に立ち、フォルムを自己判定。腕とウエストの隙間を見せるため、腕を上げ下げして微調整。腰をピシッと伸ばします。二の腕が太く見えない本の持ち方やカラオケのマイクの持ち方を試行錯誤...

痩せて見える姿勢を目指すと、自然に運動量も増えます。体重計の数値ばかり気にするダイエットよりも、綺麗に見える自分を発見するダイエットの方が何倍も楽しいものです。

10年間の鏡ダイエットの効果

ダイエットの意識が高まった

B881428cc4aa5be1

全身鏡と手鏡を使って、自分の後ろ姿を見たときの衝撃は今でも忘れられません。お尻が垂れている!太ももの後ろに肉がついている!肩が真ん丸!ということがわかり、死にたくなるほどショックでした(笑)

太っている自分を目の当たりにしたこと、普段他人から一番見られる後ろ姿がどれだけ醜いかを知ったことは、私のダイエットの意識をガラッと変えました。

下腹が出なくなった

私は姿勢をよくする習慣のおかげで、 今までの人生で下腹が出た経験が一度もありません。姿勢がよいだけで、人に与える印象も全然違います。

ぜひ、鏡の前に立つのを習慣にして美しい背筋の伸びかたを身につけちゃいましょう!

鏡ダイエットは減量には不向き!+αとして取り入れましょう

鏡ダイエットでは、大幅な減量や体脂肪・筋肉量の変化が得られるわけではありませんでしたが、ダイエットのきっかけとしてはとても有効で、モチベーションをキープするためにも最適な方法だと思いました。

数値にこだわる方は、鏡ダイエットでは物足りないと思います。でもどんな励ましより、やる気が出るのは、鏡の中の自分が確実に痩せていくことを実感したとき。鏡ダイエットで見た目重視のダイエットを始めてみませんか?

人気記事