Medium 936aac63094f8dfa

食前サラダダイエット1か月の結果は?おすすめ野菜&食べ方も!

食前にサラダボウル1杯分の野菜を食べたら、後は何をどれだけ食べてもOK!という食前サラダダイエット。1か月試してみた結果と感想、失敗からの気づきをレポートします。食前サラダダイエットで私が食べた野菜と、便利な保存方法も紹介!

ライター:晴太  カテゴリー:食事  投稿日:2017/08/24

この体験談を書いた人

B1dcc1304af1d9d8晴太

28歳三児の母。最初の妊娠時の+20kgがいまだ落とせず、おんぶして歩くと膝が痛い。子供達と悪戦苦闘しているのにダイエットをしなければ増量の日々…「毎日ダイエット」がモットー!今までやってきたダイエットをご紹介します!

食前サラダダイエットを始めたきっかけ

食前にサラダボウル1杯分のサラダを食べると、後はどんな食事を摂ってもOK!というダイエット法があるのをご存知ですか?サラダで満腹感が得られるので食事量が自然に減るうえ、食物繊維や酵素の働きで、腸内環境が整うという効果もあるそうです。

ちょうどおいしい野菜が出る時期だったことと、私がサラダを好きだったこともあり、このダイエットに挑戦してみることにしました。

私が行った食前サラダダイエットの方法

外食すると、小鉢にサラダが出されることがありますよね。それくらいの量なら難なく食べることができますが、サラダボウル1杯分となると、かなりのやる気が必要になりそうです。気合を入れてダイエットを始めてみました。

Medium a2d454056125c835

by B1dcc1304af1d9d8 晴太

これだけの量を毎日3回なんて、サラダをつくるのも大変だし、飽きちゃいそう!そう思うかもしれませんが、しっかり1か月続けられるコツをご紹介します!

食前サラダダイエットのルール

Medium 29c3612ab6051bd2

サラダは、作りおきすると、すぐに鮮度が落ちて食べられなくなります。このダイエットに使うサラダはグリーンサラダが基本なので、賞味期限はせいぜい2日程度です。

私は、レタス・水菜・キャベツをメインにして、玉ねぎ・きゅうり・大根・人参・わかめなどと和えて食べました。普通のサラダを作る方法で問題ないですが、毎日のことなので少しでも楽に作れるように工夫したい!と思いました。

そこで、自分で決めたルールがこちらです。

  • 野菜を買ってきたら、野菜に合った方法で保存する
  • 朝に昼の分のサラダも作る
  • 夜のサラダは、大量に作って食事の一品にする
  • 彩りは気にしない

買い出しも頻繁に行く必要があり、とても手間がかかります。しかし、野菜それぞれに合った方法で保存すれば、少し長持ちします。

野菜を長持ちさせる保存方法

レタス

Medium a37a93a7995ff0d8

by B1dcc1304af1d9d8 晴太

レタスは、芯の部分に爪楊枝を挿して保存します。爪楊枝でレタスの成長点が破壊されて成長がとまり、収穫された時の状態が維持されやすくなります。

葉野菜は切り口がすぐに赤くなってしまうので、食べる直前に必要な分だけ手でちぎって食べますキャベツも同じです。

食べるタイミングが遅れてしまい、しなびてしまった場合は、手を入れて熱い!と思うくらいの温度のお湯に入れると、葉がシャキシャキに戻ります。一度試してみてくださいね。

水菜

Medium 81a3284bab819d98

by B1dcc1304af1d9d8 晴太

食べやすい長さに切って、洗って水分を軽く切ります。それをキッチンペーパで包んで保存袋に入れて冷蔵保存します。空気をできるだけ抜くため、袋が平らになるようにします。

食前に野菜を「生」で食べる理由

ただ野菜を多く食べるのが目的なら、温サラダや野菜スープにした方が食べやすいですよね。しかし野菜には、加熱すると失われてしまう栄養素があります。加熱に弱い栄養素は次の3つです。

  1. ビタミンC
  2. 酵素
  3. カリウム

ビタミンCは代謝を上げ、酵素は消化を助け、カリウムには利尿作用があります。どれもダイエットには欠かせない栄養素です。加熱により全ての栄養がなくなってしまうわけではありませんが、より多く摂るために生で食べるのがおすすめです。

加熱して食べやすくなった野菜より、長く咀嚼する生野菜の方が満腹感も得られます。

食前サラダダイエットでおすすめの食べ方

Medium c2cd73de88dc58bb

サラダを食べる時にはドレッシングを使うのが普通ですが、意外と高カロリー。サラダボウル一杯分の野菜のカロリーは50kcalほどですが、ドレッシングをたっぷりかけると30~50kcalが追加されてしまいます。

1日3回食べるので、ドレッシングだけで150kcalにもなってしまいます。せっかく低カロリーで食べているのに、ドレッシングだけでカロリーが増えるなんてもったいないですよね。対策としてノンオイルのドレッシングを使うのも手です。

私がドレッシング代わりに使ったのはポン酢!

ノンオイルドレッシングよりも低カロリーで、ドレッシング代わりに用いることができるポン酢がおすすめ!ポン酢なら小さじ1杯で4kcal、大さじ1杯で10kcalほどです。お酢は身体に良いだけでなく痩身効果も期待できるので、ポン酢ではなくお酢をそのままかけても良いかもしれません。

私は、ポン酢をドレッシング代わりにしていました。市販のポン酢に飽きてしまった時は、ゆずやレモン汁を入れて味に変化を付けると、よりおいしく食べられますよ。

トッピングには蒸し鶏と焼き海苔がおすすめ!

Medium c35d6c4772e3ae53

サラダのトッピングにカリカリベーコンを乗せるのが大好き!という人もいますよね。しかし、これはドレッシングよりもカロリーが高くなってしまいます。また、市販のサラダによく入っているコーンは、糖質が多く含まれていてダイエット向きの食材ではありません。

私がトッピングにおすすめするのは、蒸し鶏と焼き海苔です。蒸し鶏の作り方は簡単で、鶏肉の皮を取り除いてレンジで蒸すだけです。ダイエットにはささみが良いと言われますが、安価な胸肉でも問題はありません。焼き海苔は小さくちぎって乗せるだけで、サラダが美味しく感じられますよ。

食前サラダダイエットを1か月続けた結果

残念ながら体重の変化はなし

Medium 91b753254c4db078

1日3回、食前にサラダボウル1杯分のサラダを食べる、という方法を1か月間続けた結果、残念ながら体重の減少はありませんでした。おそらく、本当にサラダを食べた後の食事に原因があったのではないかと思います。

痩せなかった原因は食事量と内容かも

普通ならば、サラダを食べる際にたくさん噛むので、それにより満腹中枢が刺激され、食事量が減るようになります。しかし、私はサラダの後ならば何でも食べていいという油断から、高カロリーなものを食べていて、さらに食べる量も減らしませんでした。

しかも、完食したいという思いから、少し多いと感じてもこれまでと変わらない量の食事を摂っていました。

食前サラダダイエットのデメリット

野菜が高い冬にはコストがかかる

Medium ee271fac277e5041

このダイエットは、とにかく野菜がたくさん必要。野菜が高い冬の時期には、食費がかなりかさむ可能性があります。夏の野菜が安い時期にチャレンジするのがオススメです。

野菜にはそれぞれ旬の時期があります。旬の野菜は栄養素が高く鮮度が良いため、旬の野菜を選んでサラダを作ると、質の高いダイエットに繋がるのではないかと思います。

食前サラダを止めると大食いになる可能性も

このダイエットを止めた後は、サラダを食べることで得られていた満腹感がなくなるので、いつもの食事量では物足りなく感じてしまいました。私の場合、以前よりも食事量を増やさなければ満腹にならなくなってしまいました。

食前サラダダイエットを止める場合は、その後の食事量に注意しましょう。

私は残念ながらダイエット効果がなく、1か月でやめてしまいました。しかし、サラダ自体は体に良いので、サラダの後に食べる食事を見直せば効果があったのでは、と思います。このダイエットをやろうと思う方は、是非私の体験を参考にして挑戦してくださいね!

この記事のトピック:

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事