Medium aad912dc23684668

体重125kgの私が運動ダイエットを1年続けて95kgに!方法は?

過去125kgあった私は、危機感を感じて運動ダイエットをすることにしました。運動はなかなか痩せないと言われているものの、コツコツ頑張った結果1年間で30kgのダイエットに成功!私が実践した運動ダイエットの方法・効果・続けるコツを紹介します!

カテゴリー:運動  投稿日:2017/06/25

この体験談を書いた人

E229ca7532acd401kawase

kawaseと申します。運動嫌い、食べるの大好きという生活が災いして172cm125kgありましたが、スポーツのみで1年で30kgほど痩せました。食べることだけは未来永劫やめたくないので、食事制限なしで体型維持・ダイエットが出来る方法を考えています。

私の実践した運動メニュー

私は過去体重が125kgあり、さすがに痩せないとまずい!と感じてダイエットを決意しました。食べることが大好きな私にとって、食事制限をするという選択肢はなかったので、運動でダイエットをすることにしました。

私はジョギングとサンドバック打ちを選択

808dc69a378ece6a

私が行っていた運動は、ジョギングとサンドバック打ちです。サンドバック打ちと聞くと、「そんなことするの?」と驚いてしまう方もいらっしゃると思いますが、私はボクシングが好きなのでサンドバックを活用しました。

私の場合サンドバックでしたが、楽しく続けられることが一番大事なので、自分が関心のあるスポーツを取り入れればよいと思います。

食事制限は特に行っていません。そのため即効性はないかもしれませんが、食べたいものが食べられないというストレスは感じないので、無理せず続けられるかなと思います。

ジョギングのやり方

9e32793895418f1b
  • 1日5分から始める
  • 好きな音楽を聴いて大体の時間を把握する
  • 慣れてきたら少しずつ時間と距離を延ばす

無理に距離や時間を延ばす必要はありません。あくまで慣れてきたらレベルアップしていきましょう。私は、1ヶ月ごとに時間を延ばしていきました!結果が出ると、自然とモチベーションが上がって楽しくなっていきます。

一説には「ジョギングなどの有酸素運動は○○分以上続けないと効果が薄い」という情報がありますが、私の経験上そんなことはありませんでした。走る時間が長ければその分効果が出るのは当然ですが、5分走っただけでも十分だと思いました。

注意点

あまり張り切って身体を動かし過ぎないようにしましょう。身体が疲れきってしまい、次の日に繋がらなくなって挫折してしまう恐れがあります。

運動が大好きになって、定期的に身体を動かす習慣ができれば、途中で休んでも再開できるようになります。やり始めの頃は必ず無理をせず、楽しめる範囲で取り組みましょう。

運動ダイエットの効果

体型や精神面・美容面で嬉しい効果を感じましたので紹介します!

1年で30kg減!

1年で30kgの体重減でした!まだ95kgほどありますが、数字ほど太っては見えません。「ガッチリしている」「体重ほど太っているようには見えない」と言われることばかりです。数字以上に見た目が締まって見える、きれいに見えることが運動ダイエットのメリットのひとつですね。

効果は2週間ほど経ってから感じました。全体的に細くなったのは言うまでもありませんが、細かい部分での変化としては以下の通りです。

  • アゴのラインが細くなった
  • 足(特にふくらはぎ)が細くなった
  • 下腹部がへこんできた

学生時代、体育の授業が大嫌いだった私にとっては1日5分の運動でも負荷が大きかったようで、効果が出るのが早かったです。運動ダイエットをすることによって、代謝がよくなり、リバウンドをしづらくなりました。

身体が軽くなった

今まで階段を昇り降りすることさえなんとなくだるかったのですが、運動をするようになってからスイスイと身体が動くようになり、いつもエネルギッシュに行動できるようになりました。そのおかげか疲れを感じにくくなり、仕事の能率もアップ。

気持ちが前向きになった

設定した時間や距離を走りきるという目標を達成することで、自信に繋がりました。太っていたこともあり、自分に自信が持てずどこか消極的だった私ですが、次第に明るく積極的になっていったことを実感しました。

髪や肌がきれいになった

93cda2922ace0042

身体や精神が丈夫になってきたおかげか、顔が張る感じやシミがなくなりました。髪の毛は、昔は猫のような柔らかい髪質だったのですが、1本1本が太く元気に。また、自然と美容に対して意識するようになり、野菜や果物を積極的に摂るようになりました。

運動ダイエットを続けるコツは?

私は、今回実践した運動ダイエットのような「1日○○分やる」というタイプは正直苦手で、いつも途中でやらなくなってしまいます。今でこそ運動が大好きになった私ですが、いまだに身体を動かすのが面倒に感じてしまうときがあります。そんな私が実践している、続けるコツを紹介します。

新しくウェアやシューズを準備する

何事も形から入ることが大事です。新品のおしゃれなウェアやシューズがあれば、それを身に着けて走り出したくなること間違いなしです。

怪我の防止のためにも、自分に合ったシューズを履くことが重要ですので、スポーツショップで店員さんに、自分にあった靴を選んでもらうのがいいでしょう。私は体重があるので、靴底に衝撃吸収素材が入っているものを好んで使っています。

筋肉痛の到来を楽しむ

筋肉痛が起こると身体のあちこちがだるくなり、動くのがおっくうになってしまいますが、新しい筋肉を作ってくれている証拠なんです。代謝のよいきれいな身体になりつつあること、運動内容がよい刺激だったことを表しています。

軽い筋肉痛が起きたときにはその痛みを素直に喜びつつ、治まるまではほどほどの運動に切り替えましょう。ひどい筋肉痛の場合は、身体を休めないと怪我に繋がってしまうので無理は禁物です。

憧れの人物を目標にする

自分が憧れている女優さんや俳優さん、スポーツ選手がいれば、彼らを目標に日ごろのダイエットに励むといいでしょう。なりたい具体的な姿を夢みているだけで、その体型を目指して頑張れるようになりますよ!

私は好きなスポーツ選手の本を読んで、その人の練習メニューを自分なりにアレンジして実践していたこともありました。

終わった後の食事を楽しみに

私は食事制限をしていなかったのですが、食事を摂ることをモチベーションに繋げました。運動中はこの後何を食べるかを考え、それを励みに頑張っています。

以上、私がいまだに実践している運動ダイエットです。身体を動かすことの喜びを知った今では、運動はダイエットという目的にとどまらず、自分の生活の一部となっています。皆さんも一緒に気持ちのよい汗を流して、楽しくダイエットをしませんか?

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

トピック

人気記事