Medium f6333b6bd01e8e8f

断食道場で1週間ダイエット生活!スケジュールと効果をレポ

何度挑戦してもダイエットが成功しない私。一定期間食事を断って、胃腸を休めデトックスをする「ファスティング」や「断食」が気になり、思い切って体験することにしました。専門的に管理してくれる「断食道場」での方法や効果、失敗した点を紹介します!

ライター:hoaosac  カテゴリー:短期集中  投稿日:2017/08/16

断食に興味を持ったきっかけ

Medium 8fc8af8829f42280

ダイエットに挑戦するも失敗ばかりしていた私は、「最後のダイエット」になるような、効果的でラクに痩せることができて、しかも健康的な方法はないかと考えていました。ネットで探していると、有名人が積極的に取り入れているという「断食」に興味を持つようになりました。

私ははじめ「断食=食べなくて良いだけだからラクかも」と安易に考えていましたが、間違った断食はダイエットどころか、かえって体調を悪化させることもあるそうです。健康を害したら怖いなと思っていたら、専門的に断食ダイエットをサポートしてくれる施設があることを知りました。

施設を利用するなら私にもできるかも!と思い、断食ダイエットに挑戦してみることにしました。

断食ダイエットで期待できる効果

正しい断食ダイエットをすると、さまざまな効果やメリットがあると言われています。

心が落ち着く

断食をするとイライラするのでは?というイメージがありますが、実際はそうではありません。断食で糖質が不足すると、脳は代わりに「ケトン体」という物質を生成します。

「ケトン体」には、集中力を高めたり、リラックス効果があるα波を増やす効果があるため、普段より心の安定が得られるそうです。

老廃物が排出される

断食をすると、食べ物を消化・吸収する働きをしている臓器を休ませてあげることになります。疲れていた臓器を休ませることで、本来の働きを取り戻したり、よりよく働いてくれるようになるのです。

肝臓や体内に蓄積されている、毒素や宿便が排出され、身体が正しい働き方に戻ってくれるとも言われています。

美肌・美髪になる

身体の臓器を休ませて、宿便や毒素などが体の外へ排出されると、消化に使われていたエネルギーが細胞の再生や修復に使われるようになり、新陳代謝が活発になります。すると、ターンオーバーのリズムが整って美肌になったり、髪にもハリやコシが出たりと美容にも効果大なのです。

体重が減少する

Medium 3121b98e54563a76

断食を始めると食べ物の摂取量が減り、体脂肪からエネルギーを燃焼するので体重が落ちます。

栄養を摂らずにいて体重が減るのは心配、という方もいると思いますが、適切な体脂肪があって水分補給が正しくできれば低血糖にならないと言われています。しかし、正しいやり方を守るというのが鉄則です。

断食道場ってどんなところ?

断食をするための施設はいろいろありますが、施設を利用するメリットがいくつかあります。

  • 外の世界と切り離されることで、食欲を起こさせないこと
  • 知識が必要な、予備断食や回復食を用意してもらえること
  • 断食中の体調管理をしてくれること

自分でやると正しく断食が行えなかったり、身体にトラブルが起こる場合もあるので、時間や費用に余裕があるなら施設の利用をおすすめします。私は近場で断食できる施設がないか探しました。HPを確認したり、必要なら問い合わせた上で納得して決めるのが良いと思います。

私が見つけたところは、1週間を「予備断食→本断食→回復食」の3期に分けて、それぞれの意味と役割をしっかり説明してくれる安心できる施設でした。しかも、必要以上の干渉やルールもなく、私には合っていると思いました。早速予約をし、断食に挑戦することになりました。

私が利用した施設「静養院断食所」

私は、奈良県生駒市にある「静養院断食所」という施設に、6泊7日の1週間お世話になりました。最もシンプルな4畳半の部屋で、費用は56,000円ほどでした。テレビは1日300円でレンタルできるということだったので、必要があればレンタルできるというのが良かったです。

運動などの指定は特になく、予備断食や回復食時のごはん以外は自由でした。朝と夕に広間で正座をする時間も設けられていましたが、参加するかどうかも自由でした。私は、今度こそ痩せたい!と思い詰めての断食だったので、他の方と和やかにする余裕がなく、ほぼ自分の部屋で過ごしました。

断食道場での断食スタート!

私は6泊7日の1週間の予定でしたので、予備断食2日、本断食2日、回復食3日のスケジュールとなりました。

1~2日目:予備断食の期間

Medium 4a7690694cec0bb3

予備断食では「おかゆ+お味噌汁+佃煮」や「おかゆ+煮物+冷奴」など、消化が良く内臓に負担が少ない食事が出ました。

食事時間以外は好きなことをしていて良いとのことだったので、予備断食期間は物足りなさを紛らわすために、テレビを観たり、持ち込んだ本を読んだりと、のんびり過ごしました。

3日目:本断食スタート

本断食の1日目に入りました。朝、昼はさほど辛くなかったのですが、夜はさすがに辛かったです。

食べたい食べたいという気持ちが湧いてきて、いても立ってもいられないほどでしたが、勝手に食べられるものがないので、布団をかぶって寝るしかありませんでした。空腹でなかなか寝付けませんでした。

4日目:本断食2日目にして慣れてきた

本断食2日目です。起きてみると昨日より空腹感は弱くなっていて、何だかすっきりとした気分で心地良いほどでした。しかし、私はまだここでは散歩などもしませんでした。体重は来た時より2.0kgほど少なくなっていました。

5日目:回復食が始まる

Medium 2ea52b2b0fd37f40

回復食が始まりました。おもゆと梅干がでました。身体に染み入るような感じがして、エネルギーがみなぎってくる感じでした。お昼まではおもゆを食べ、夜からはおかゆと簡単なおかずになりました。なんだか身体を動かしたい気分になり、外へ出て散歩もしました。

6~7日目:回復食

6日目、7日目は気持ちよく過ごしました。少量の食事でも特に空腹感もなく過ごせたのが不思議でした。体重は昨日と変わらず横ばいの状態でした。もともとの便秘が頑固だったせいか、便通が良くなったという変化はありませんでした。あっという間の1週間でした。

断食ダイエットで-2kg!しかしすぐにリバウンド

1週間の断食道場での断食ダイエットの結果、体重は-2.0kgとなり、気持ちはすがすがしく、気のせいかやる前よりエネルギーがみなぎっている感じがしました。一時的な結果としては大成功だと思います。

しかし、私は断食道場を後にしてから今までと同じような生活をしてしまい、食事の量が元に戻るのに比例して、体重も元に戻ってしまいました。せっかくの効果を大事にして、生活を見直していけばよかったのですが、忙しさや面倒臭さに負けてしまったのだと思います。

断食ダイエットの注意点

Medium ea482c635a36e180

回復食をしっかり摂る

断食後は痩せる前の状態に身体が戻ろうとするため、本断食そのものより回復食の方が大事、と言われているそうです。断食道場での回復食は2日くらいでしたが、できるなら断食後1か月くらいは食事を少なめに摂る方が良いとのことでした。私は断食前と同じように食べたのでリバウンドしたようです。

効果には個人差がある

肥満度の高い人ほど早く体重が落ちるなど、体型や体質によって痩せ方に個人差があるようです。思ったように痩せられるかどうかは、やってみないとわからないかもしれません。

自己流では絶対に行わない

断食は栄養を摂らないので、確実に痩せる方法だと思います。しかし、やり方を間違えるとリバウンドに繋がったり、健康を損なう恐れもあり、自己流の実践が難しいダイエット法です。また、成長期である16歳以下や妊娠中の方は、健康に害を及ぼす危険性が高いので断食は絶対にしないでください。

施設を利用したり、医師のアドバイスの下で行うことが望ましいですが、自分でやる場合は、必ず予備断食や回復食について知識を持ちましょう。きちんと実践できるような期間を設けること、4日以上の断食はしないようにする、など無理をしないことを心がけましょう。

断食ダイエットだけに頼るのはNG!

断食ダイエット自体は効果があると思います。短期間で痩せたい、という方にも向いている方法だと思います。しかし、断食で得たダイエット効果を持続させるためには、その後の生活を改善する努力が必要です。私は、せっかくの断食の効果を一時的なものにしてしまいました。

次に断食ダイエットをする場合には、正しいやり方を心がけ、さらに今後の食生活の見直しをしっかりしていこうと思います。

この記事のトピック:

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事