Medium c47c05d46e7fcbec

スロージョギング1か月で3kg減&脚痩せ効果が!走り方を解説

ダイエットしたいけど、運動嫌い。ランニングは厳しいと思い、目をつけたのがスロージョギングです。この記事では、スロージョギングで1ヵ月ダイエットしてみたときの効果や注意点などをご紹介します。

ライター:hoaosac  カテゴリー:運動  投稿日:2017/07/10

スロージョギングでダイエットを始めたきっかけ

Medium 964637d9aebe69b7

食べることを制限するダイエットをいろいろ試してみては、リバウンドの繰り返し。やっぱり運動するしかないかと思い、ダイエットの定番とも言えるランニングを始めることにしました。

けれども運動嫌いの私には、きっちり走るランニングはやっぱりきつい。全く続く気がしない。そんなわけで、歩くよりは速いけど、ランニングよりは遅いという、のろのろしたペースで走っていました。

そんな時、たまたま知ったのがスロージョギングです。これなら私にもできそうと思い、ちゃんと調べてやってみることにしました。

スロージョギングとは何かを調べてみる

スロージョギングはとにかくゆっくり走るのが特徴です。ウォーキングくらい、もしくはウォーキングよりも遅いくらいのスピードで走ります。歩幅も小さく、とにかくゆっくり長く走ります。

ゆっくり自分のペースで走れるので、疲れずに長く走ることができ、その結果、長く走り続けることができて、脂肪がどんどん燃焼していくのです。

スロージョギングの特徴

遅筋を使う

スロージョギングで使う筋肉は遅筋です。遅筋は、瞬発力はないものの持久力に優れています。また、疲れにくいという特徴もあります。

遅筋だけ使って走っていると、乳酸の量が安静にしているときと同じくらいに抑えられているため、疲れを感じにくくなります。そして長く走ることができるというわけです。

ウォーキングとの違い

Medium 5b1c96decfb92c15

ウォーキングとスロージョギングでは、消費カロリーに差があります。ウォーキングよりもスロージョギングのほうが、1.6倍ほど消費カロリーが多く、ダイエット効果がより高いと言われているのです。疲れずに同じペースで進んで、消費カロリーは多いのですから、スロージョギングはお得ですね。

スロージョギングの走り方

足の裏で地面を押すように走る

ジョギングやランニングの時のように、足を蹴り上げないようにします。蹴り上げると速筋が使われてしまい、疲れやすくなります。また、普段スポーツしていない人は、足首なども痛めやすくなります。

足の裏、特に足の指の付け根を使って、地面を押すように走るのがポイントです。また、歩幅は膝や腰、関節などに負担がかからないよう小さくします。ボールがはずむように上に足を上げるイメージです。

体を少し前傾させる

身体を前に倒せば自然と足が前に出ます。それを利用してより疲れずに前に足を出していきましょう。

背筋をピンと伸ばす

背筋を伸ばしたほうが足を上げるのが楽になります。これは足と背骨ををつないで太ももを上げている大腰筋が動きやすくなるからです。背筋はピンと伸ばし正面を見る、少し前傾、これがポイントです。

無理せずしゃべれるくらいのペースで

楽々できるのがメリットのスロージョギングですので、無理はしないようにします。息が上がらない程度、おしゃべりできる程度のスピードで走ります。お友達や家族とおしゃべりしながらやれば、長く続けることもできますね。

辛くなってきたら、歩いて呼吸を整えましょう。これを毎日30分くらい続けるのが理想的です。続けられる!と思えるくらいのペースで行いましょう。

スロージョギングダイエットを実践した感想

スロージョギングのコツをつかんだら、ダイエット開始!走ってダイエットしていると思われるのが恥ずかしかったので、毎日、夜の明るい道や夕方の公園のグラウンドを走っていました。

ランニングをしたときは、すぐにバテてしまい、変な汗は出るし、息も上がって苦しいし、顔は真っ赤だしで、恥ずかしいような情けないようなという、辛い気持ちでいっぱいでした。

それが、スロージョギングだとまったく違うのです。ジョギングではグランド2周でバテてしまいましたが、5周は余裕でした。

そもそも、息が全く上がらないので苦しくありません。顔も真っ赤になることはありません。背中がじんわりあったかくなっていて、うっすら汗ばんでいるのがわかります。体中の血液がいい具合に循環されてるな、と考えたりしながら走っていました。

最初のうちは正直、ジョギングやランニングをしている人に抜かされ、恥ずかしさもありました。でも続けているうちに、心の中で「私はスロージョギングしてるからこんなに遅いの!でも効果はこっちのほうがあるかもしれないくらいよ!」と思えるようになり、気にせず走れるようになりました。

スロージョギングのダイエット効果は?

Medium 800462574a17bf2e

スロージョギングは1ヵ月あまり続けることができました。妊娠が発覚したので走るのをやめたのですが、そうでなければいくらでも続けられていたと思います。

重要なダイエットへの効果ですが、私は十分実感できました!体重は、1ヵ月で58kgから55kgに。3kg痩せです。

とてもうれしかったのが、下半身がすっきりしたことです。食事制限だといつも上半身から痩せて、脚はなかなか痩せてくれませんでした。

それがスロージョギングだと、全身まんべんなく痩せました。私はもともと運動嫌いで脚が太かったせいか、上半身より下半身のほうが痩せた感じで、全身のバランスがよくなりました。

運動不足が気になっている人、脚が太い人、運動だと筋肉がついて脚が太くなるのでは?と思っている人にもおすすめです。

スロージョギングの注意点

スロージョギングをした後には

簡単にできて、疲れもあまりないスロージョギングですが、終えた後のケアも重要です。あまり疲れていないからといって身体を放置しておくと、あとで傷みが出てきたり、疲労が蓄積されてしまいます。運動に慣れていない人は、特にクールダウンやストレッチを積極的行うように気を付けましょう。

天候が悪い時や体にトラブルがある時はどうすれば?

Medium 8b5693a0da13e6a2

天候が悪くて外でスロージョギングができない時や、膝が痛かったり足が疲れているときは、無理して行う必要はありません。

そんな時は、家の中で足踏みをしてみましょう。その場で膝を90度になるように交互に引き上げてステップを踏みます。1分間に60~120回を目安にやってみましょう。足踏みウォーキングも無理せずやるようにします。

スロージョギングおすすめします!

運動が苦手な人にもできて、幅広い年齢の方におすすめ、健康にも良く、脂肪燃焼につながる、そんな素敵なダイエット方法がスロージョギングです。

これまで、いろいろなダイエットを試してきましたが、スロージョギングは結果の出やすいダイエットでした。身体のバランスが整い、体重減少も1ヵ月で結果が出る可能性があります。とても気軽に始められますので、やってみてはいかがでしょうか。

この記事のトピック:

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事