Medium e76f15bfda7e575e

空中平泳ぎで褐色脂肪細胞を活性化?1週間で基礎代謝アップ!

痩せやすい体質と太りやすい体質の違いを調べていたら、「褐色脂肪細胞」を活性化させてダイエットする「空中平泳ぎ」という方法を見つけました!空中平泳ぎの方法を、写真で詳しく解説します。1週間実践し、基礎代謝がどれだけ変化したかも紹介します!

カテゴリー:運動  投稿日:2017/07/14

この体験談を書いた人

0870f1103e302b45あき坊

148cm、51kg。幼稚園児の頃すでに自分が周りの子よりも太いと自覚。中学、高校と様々なダイエットに挑戦し、大学時代ついに10kgの減量に成功するも、仕事のストレスにより半年で8kgの激太り。現在、42kg目指して再奮闘中。本気で痩せたいので「ガチ」の検証とリアルな体験談にこだわります。強い心と美しい身体づくり、そして楽しく痩せるのがモットー!

自宅でいつでもできる!代謝を上げる「空中平泳ぎ」

基礎代謝を上げることで脂肪燃焼効果が得られる、ということは皆さんご存知ですか?私も今まで「温冷浴」や「高温反復浴」など、代謝を上げるために人気がある方法を試してきましたが、立ちくらみや貧血による頭痛が起きるため、続けることができませんでした。

そこで、他にも代謝をあげる良い方法がないか調べたところ、平泳ぎの動きを真似する「空中平泳ぎ」というダイエット法に出会いました!

平泳ぎの動作がダイエットに良い理由

私たちの身体には以下の2つの脂肪細胞があります。

  1. 白色脂肪細胞・・・余分なカロリーを中性脂肪として蓄積する働きがあり、肥満の人に多い細胞。
  2. 褐色脂肪細胞・・・体温を維持する働きがあり、脂肪を燃やして熱エネルギーに変えている細胞。

平泳ぎの動作をすることで、この褐色脂肪細胞を活性化させることができます。そのため、脂肪燃焼が促進され、基礎代謝も上がって痩せやすくなるということです。この褐色脂肪細胞は肩甲骨付近に多いので、肩を動かす平泳ぎの動作が効果的なのです。

空中平泳ぎの効果を高める方法

空中平泳ぎにプラスするとダイエット効果が上がる、といわれている「あること」。それは「手を冷やす」ことです。褐色脂肪細胞は水泳やスキーなど、体温より低い環境で運動するとき一番活性化されます。体温より低い環境で運動できない時は、なんと「手を冷やす」ことで代用できるのです!

実は手のひらには、「冷点」と呼ばれる温度を感知するセンサーがたくさんあるので、体全体を冷やさずに手を冷やすだけで、脳に「寒い」と思わせることができるのです。

褐色脂肪細胞を燃やす!空中平泳ぎのやり方

私が実践したダイエット法「空中平泳ぎ」のやり方をご紹介します!

用意するもの

  • 凍らせたペットボトル
  • 体温よりも温かいぬるま湯
  • タオル
E7235d9f66fdbb18

by 0870f1103e302b45 あき坊

私はペットボトルを凍らせるのは面倒だったのと、すぐに実践したかったので冷凍庫にストックしている保冷剤2個を使いました。

空中平泳ぎのやり方を写真つきで紹介

手順
①凍ったボトルを両手で握る→これで褐色脂肪細胞の活性化スイッチON!
②平泳ぎの要領で両手を空中で回し、息継ぎのように首も前後に動かす
③15秒くらい②の動作を続けたあと、ぬるま湯で両手を温める
④①~③を5回繰り返す

①凍ったボトル(保冷剤etc)を両手で握る

F66140f014432070

by 0870f1103e302b45 あき坊

②15秒ほど空中で平泳ぎを繰り返す ※首も上下に動かす!

785e4e4356906951

by 0870f1103e302b45 あき坊

34d2642dae3ef22c

by 0870f1103e302b45 あき坊

D80f934fca806967

by 0870f1103e302b45 あき坊

③手を体温より温かいぬるま湯で温める ※やけどにはご注意を

5b5570788a8923f1

by 0870f1103e302b45 あき坊

手のひらを冷やしたり温めたり、と繰り返すことで、脳に直接「寒い」と思わせることができます。空中平泳ぎは、10分ほどあればできる方法なのです。私は「朝」「運動する前」「お風呂に入る前」のいずれかで行いました。

空中平泳ぎを1週間続けてみた結果

すぐに体が温まるのを感じてびっくり!

Aacecefd578af097

私の場合、2回繰り返したあたりで、すでに体がぽかぽかと温まってきてびっくり。普段の運動は20分くらい続けないと全身が温まってこないので、違いに驚きました。おまけに難しい動作は一切ないので、ついでにスクワットもプラスして行ってしまいました!

初日で代謝が22kcalもあがった!

空中平泳ぎをはじめた初日から、基礎代謝の変化がすぐに結果として出ました!まずは基礎代謝を測った写真をご覧ください。

67b4b3c3a0948637

by 0870f1103e302b45 あき坊

左は動作前に測った時の基礎代謝の値で1231kcal。右が動作後で1253kcalとなりました。基礎代謝が22kcal上がっています。基礎代謝とは「何もしなくても消費するエネルギー量」のことなので、数値が高ければ高いほどエネルギーをたくさん消費していることになります。

ちなみに、だいたいの目安ですが、22kcalとは「階段を3分間上った時」「縄跳びを2分ちょっと行った時」のエネルギー量に匹敵します。実際の運動と比較したら、22kcalの変化は大きく感じますよね。

手を冷やさないで検証してみた

しばらくは、「こんなに簡単に代謝が上がって、冷え性まで改善できるなら嬉しすぎる!」と思っていましたが、ふとある疑問が。「これってただ単に身体を動かしているから温まっているのでは?」

そこで別日に、手を冷やさずに検証してみました。

内容は、同じ平泳ぎの動作ですが、「手を冷やす→温める」の行為なしで5回行ったところ、結果はいくら懸命に空中で平泳ぎしても体が温まる感じはなく、足も冷たいままでした。やはり体外から加えられる「冷たい」「温かい」といった温度差を、脳に感じさせることが重要なのだと実感しました。

空中平泳ぎのメリット

私はこの空中平泳ぎをすることで、汗をかきやすくなりました。やはり基礎代謝があがったのだと思います。他の効果についてはまだ検証していませんが、実際にやってみて、メリットだと感じた点をまとめました。

  • 動作が簡単なので、誰にでも続けられる
  • 肩を意識して動かすので、朝やるとちょうどいいストレッチになり目が覚める
  • 空中で真剣に平泳ぎをするので、そのシュールさがだんだん楽しくなってくる

空中平泳ぎの注意点

「冷やす」と「冷えている」を間違えないこと

Abe747c030817f60

空中平泳ぎで手を冷やすのは、あくまでも一時的に脳に「寒い」と感じさせるためです。冷え性などで体が「冷えている」状態とは全く異なります。もし「私は冷え性だから褐色脂肪細胞が活性化しやすい体質かな?」と考えてしまったら、それは残念ながら間違いです。

体の冷えというのはホルモンバランスの乱れや、血液の悪循環といったことが原因として考えられます。すでに冷えている状態のものをさらに冷やしたら、ますます体の不調を引き起こすことになりかねないので気を付けてください。

また、安易に体温よりも低い場所に長時間いるのも、絶対にNGです。空中平泳ぎの方法でも、途中で手を温めたり、全部合わせても10分程度で終わるなど、健康に配慮しているので、紹介している範囲内で運動するようにしてくださいね。

褐色脂肪細胞の数には個人差がある

褐色脂肪細胞は年齢とともに減るため、全ての人に等しい効果が得られるわけではありません。この記事で紹介した効果は、あくまでも私個人の場合、という前提で参考にされてください。

脂肪には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞があることを、記事の最初でご紹介しましたが、最近新たに、白色脂肪細胞が変化した「ベージュ脂肪細胞」に注目が集まっています。褐色脂肪細胞と同じ「脂肪燃焼効果」がありながら、褐色脂肪細胞のように減ることがないそうです。

これからさまざまな研究成果が発表されるなどして、新しいダイエット法が誕生することがあるかもしれません。簡単に痩せられる方法を夢見ながら、今の自分を磨くことを楽しみたいですね。

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事