Medium 74737325d388e199

ヨーグルトダイエットで2か月3kg減に成功!効果的な方法は?

ネットで絶賛されていたヨーグルトダイエットに挑戦。ヨーグルトを食べるだけで痩せるって本当?ヨーグルトダイエットを2か月実践した結果や方法、注意点や辛かったことなどを紹介します!

ライター:あい  カテゴリー:食事  投稿日:2017/07/13

ヨーグルトダイエットとは

Medium 9671388fde4e4332

ストレスから暴飲暴食をし、過去最高の体重になってしまいました。食べるのを我慢するのは嫌、でも痩せたい!とダイエット法をいろいろと調べていた結果、見つけたのが「ヨーグルトダイエット」だったのです!

ヨーグルトダイエットを推奨する医師もいると聞き、「これはやってみるしかない!」と2か月間実施してみることにしました。

私が実践したヨーグルトダイエットの方法

ヨーグルトダイエットの方法はとても簡単です。

  • 1日約200gのヨーグルトを食べる
  • 食べるのは、朝・昼・夜の食後
  • 生活スタイルなどで1日3回が難しければ、2回でもOK
  • 温めて食べる「ホットヨーグルト」も取り入れる

たったこれだけを守ればいいのです。

朝と夜の2回に分けて食べてみた

Medium 6e246f70e904bbf8

一番いい食べ方は、1日3回に分けて食べることと書いてありましたが、私は家にいる朝と夜に100gずつ食べることにしました。

ダイエット前の朝食 ダイエット中の朝食
果物(りんごなら1個程度) 果物(りんごやバナナ)
トースト(バターやジャムあり) ロールパン1個(毎日ではない)
ヨーグルト100g

ここで気づいたのが、「ヨーグルトはお腹に溜まる」ということでした。調べてみると、ヨーグルト含まれているタンパク質と脂質が関係しているようでした。

タンパク質は、胃で「ペプトン」という物質に分解されて長く留まります。また、脂質は食物の中で最も長く胃に留まる成分なんだそうです。朝100gのヨーグルトを食べると昼食までの空腹感がなくなり、間食をすることが減りました。

食べるタイミングは食後!

朝と夜2回に分けて食べるようにしたヨーグルトダイエット。たくさんある情報の中で私が気になり実践していたのは、「食後に食べる」方法です。

ヨーグルトに含まれている乳酸菌は空腹時に摂ってしまうと、胃酸に負けて腸に届いてくれないのです。そのため私は、朝と夜の「食後」に100gのヨーグルトを食べていました。

また、ヨーグルトをぐるぐるとかき混ぜてしまうと、乳酸菌が減ってしまうそうなので注意していました。

ホットヨーグルトも食べてみた

Medium b0821a21f1db8ecd

いろいろ調べてみた結果、「ホットヨーグルト」にもダイエット効果があることが分かりました。ホットヨーグルトとはその名の通り、電子レンジなどで温めたヨーグルトのことです。

ホットヨーグルトは身体を冷やしにくくする効果があるので、冬の時期にダイエットをするときは積極的に食べた方がいいそうです。

また、ホットヨーグルトは、冷たい物よりも乳酸菌の働きがよくなるという研究結果があるそう。煮えるまで加熱すると乳酸菌は死滅してしまいますが、電子レンジで人肌程度に温めると効果的なのだそうです。ヨーグルトダイエットをやめた今でも、体調を崩したときによく食べています!

ヨーグルトダイエットで得た効果は?

2か月で3キロの減量に成功!

1日200gのヨーグルトを食べるというダイエット法で、はじめは本当に痩せるのか半信半疑でした。ですが2か月続けた結果、3キロの減量に成功しました!

本音を言えば、もう少し痩せていてほしかったのですが、食事制限はなく自由に食べられるダイエットなのだから、このくらいかな…と思いました。

お通じが改善

体重は期待通りに減らなかったものの、もっと嬉しい効果がお通じ改善でした!ヨーグルトの効果として有名ですが、本当にお通じが改善しました。以前は、暴飲暴食のせいか便秘や下痢を繰り返していましたが、徐々に治まってきて2か月経つ頃には腹痛がすっかりなくなっていました!

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が、腸内環境を整えて善玉菌を増やし、老廃物の排出を促してくれるのだそうです。

ニキビができにくくなった

長年悩まされていたニキビもできにくくなりました!毎日ヨーグルトを食べ、体内の老廃物を出していたおかげだと実感しました。これは体重減少よりも嬉しい効果です!

ヨーグルトダイエットの辛い所

ヨーグルトダイエットを実施したところ、本当に効果がありましたが、ダイエット中は辛いこともありました。

辛い所① 飽きる

Medium 4937d86037be2246

ヨーグルトが好きな方なら続けられるかもしれませんが、毎日200g食べるとなると本当に飽きてきます。

そこで、朝食にはコーンフレークやグラノーラにプレーンヨーグルトをかけて食べることにしました。これでなんとか紛らわすことができましたが、増やした分のカロリーを考えて食事を摂ることが必要だと思いました。

また、夕飯の量を減らしてグラノーラとヨーグルトを食べるようにしました。カロリーがオーバーしてしまうと、ダイエットになりませんので注意しないといけません。

辛いところ② 効果が出るのがゆっくり

ダイエットをしているのだから、実際に目に見える効果が出ないと不安になったり、焦ったりしますよね。ヨーグルトダイエットは効果が本当にゆっくりと出るので、ダイエット開始直後はなんとももどかしい期間が続きます。

そのため、開始早々やめたいという気持ちが起きてきました。でも、ここを乗り越えれば成果は見えてきます!ヨーグルトダイエットは、ゆっくりと効果が出ることを覚えておきましょう!

ヨーグルトダイエットの注意点

ヨーグルトダイエットにはいくつかの注意すべき点があったので、ご紹介します。

注意点① 自分に合うヨーグルトを探す

店内にたくさん並んでいるヨーグルト。どれも中身は同じに思えますよね。しかし、ヨーグルトはメーカーさんによって乳酸菌の株が違うのです。その乳酸菌によって効果も違うので、自分の身体に合ったヨーグルトを選ぶことが大切です。

自分の身体に合った乳酸菌の探し方はいたってシンプル。実際にそのヨーグルトを食べてみて、お通じに変化があったり、肌艶がよくなったりしたものが身体に合った乳酸菌です。

自分の身体に合った乳酸菌配合のヨーグルトを見つけることができれば、ヨーグルトダイエットはもっと効率的なものになるでしょう。

注意点② カロリーオーバーには要注意

ヨーグルトという食品は身体に吸収されやすい成分である「脂肪分」を含んでいます。そのため、早く痩せたいがためにたくさん食べてしまうと、かえって逆効果になってしまう可能性があるのです。

ヨーグルトは栄養がとてもある食品ですが、くれぐれも食べ過ぎには注意し、多く食べたいときはその他の食事の量を調整しましょう。

注意点③ 夜遅く食べるのは禁物

夜にヨーグルトを食べる際は、夕食後が理想です。でも、食べ忘れてしまったときや外食をしてきたときなどは無理に食べなくても大丈夫。ヨーグルトは意外とカロリーがある食品なので、遅い時間に食べて寝てしまえば、脂肪が吸収され太ってしまう恐れがあります。

夜に食べる場合は、夕食から1時間後や寝る3時間前くらいにしましょう。

以上、ヨーグルトダイエットの体験レポートをお送りしました!体重は思ったより減りませんでしたが、ニキビやお通じが改善してよかったです。簡単なのでチャレンジしてみてください!

この記事のトピック:

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事