Medium 7e92fb351873fa80

レコーディングダイエットのモチベをUP!継続する方法は?

食べたものを全て記録する「レコーディングダイエット」。初めは、そんなの大変!と思っていましたが、3ヶ月続けることができました。レコーディングダイエットを実践して感じた効果と、詳しい方法を紹介します。実際に使ったノートも公開!

ライター:いずみず  カテゴリー:生活習慣  投稿日:2017/07/26

私が行ったレコーディングダイエットの方法

万年ダイエッターの私。運動や食事制限に中途半端に手を出しては続かず、「このままではまずい。何か簡単に続けられそうなダイエットはないだろうか」と悩んでいたところ、昔やっていたレコーディングダイエットのことを思い出しました。

当時は半年ほど続けられて、結果も出たので、再びこのダイエットに挑戦することに。再開するにあたって、レコーディングダイエットの方法を改めて調べてみると、レコーディングダイエットでは以下の3点を記録する必要があると分かりました。

  1. 食べたもの
  2. 食べた量
  3. エネルギー量(カロリー)

面倒くさがり屋の私には、これでも少しハードルが高いと感じたので、とりあえずカロリー計算はナシでスタートすることにしました。

用意したもの

  • 大きめノート
  • 書き味の良いペン

最初は手帳に書き加えていたのですが、スペースが狭く、書きにくいし見返しにくいと気づきました。そこで、大きめのノート+書き味が好きなペンを新しく購入!

すると、細かいことを気にせずサクサク書けるようになり、「これなら続けられそう」と手応えを感じました。ダイエットを続ける上では、道具にこだわることも大切なのかもしれません。

記録したタイミング

毎食後に書くことはそもそも難しかったので、仕事から帰ってきてすぐの空き時間にささっと記入しました。夜寝る前に、1日分の食べたものを思い出して書き残すことも多かったです。

旅行や外泊などで記録が難しい時には、スマホで写真を撮っておいて、後から見返しながら書き写していました。

レコーディングダイエットのモチベをUPする工夫

ダイエット専用ノートを用意する

Medium 132409d066542c42

by 065bff8935430122 いずみず

ノートには「何をどれだけ食べたのか」を記録することがメインだったのですが、続けていくうちに、「どうせなら、ダイエットに関することは全部これにまとめてしまおう!」と思い立ち、他にもいろいろ書き加えていきました。

私の場合は、

  • 現在の体重・体脂肪率
  • 目標の体重・体脂肪率
  • 痩せるためにやったこと(ウォーキングを30分行った、など)
  • 具体的な理想(腹筋を割りたい、芸能人の○○のようになりたい、など)
  • ウエストや太ももなどのサイズ
  • ダイエットお役立ち情報
  • ダイエットに関する知識や名言
  • 個人的な気づき(お腹のつまめる肉が減ってきた、など)

いつの間にか、このような内容でノートが埋まっていきました。するとダイエットの成果を数字で実感できたり、ダイエットの知識を頭で理解して実行に移せたり、と様々なメリットが得られるようになりました。

振り返ってみると今回のレコーディングダイエットで結果が得られたのは、このノートの存在が大きかったような気がしています。

小さな嬉しい変化を記録する

Medium 35551f5042ef98bf

by 065bff8935430122 いずみず

「腰回りの余分な肉が落ちて、骨の感触がわかるようになった!」「肩から二の腕のラインがまっすぐになってきた!」など、些細な違いでも気づいたらすぐに書き留めるようにしていました。この小さな気づきが、モチベーションを上げるのに意外と効果的でした。

自分の体の変化に気づいても、慣れてくるとその状況が当たり前になってしまいがちですよね。ところが、こうして成果を文字にして「見える化」すると、痩せた自分を再認識でき、達成感を得られました。

レコーディングダイエットを3ヶ月続けた結果

Medium 3709aab3446a83cf

結果として、当初56kgあった体重が3ヶ月で3kg落ちました!無理なく落とせたからか、それからは大体53kgあたりをうろうろしています。

毎日顔を合わせている同僚には気づかれませんでしたが、久しぶりに会った友人たちからは「痩せたね」「顔がすっきりしたね」と言われ嬉しく感じました。

痩せた理由① 食生活の見直しができた

Medium d2aa31e16419ee3d

食生活の記録が溜まってくると、「セーブしていたつもりだったけど、意外とお菓子を食べてしまっていた」「夜にお腹が空いて食べてしまった日が多い」「思った以上に野菜を摂れていない」など、自分の中で気づくことがありました。

そこで「お菓子の代わりに果物を増やそう」「夕飯を少し多めにして夜食を食べずに済むようにしよう」「朝にサラダを食べるようにしよう」と、その都度改善するようにしていました。

ある程度の期間で、栄養バランスを考えて食事を摂れたのも成功のポイントだと感じています。「最近は肉がメインだったから魚にしよう」「麺類ばかりだったからご飯ものにしよう」と、献立に迷った時などの決め手になることが多かったです。

痩せた理由② ダイエットへの意識がキープできた

Medium c79181923977f928

by 065bff8935430122 いずみず

例えば食材を買いにスーパーに行ったときに、以前だったら自分が食べたいものを優先していた食材を決めていましたが、「こっちの方がダイエットには良さそう」と考えて選ぶようになりました。

友人と外食に行った時も、「野菜が多く摂れそうなメニューにしよう」と自然に考えるようになっていました。お付き合いなどで食べすぎてしまった時もありますが、翌日の食事のメニューと量で調節できました。

また、もともと散歩は好きでしたが、「どれくらい歩いたか」を記録に書くようになってからよりやる気がアップし、ちょっとした距離なら歩きで行くようになりました。車を使う頻度が減った分、体力もついた気がします。

レコーディングダイエットを継続するには?

今から振り返るとレコーディングや食生活改善、散歩などは特に辛いと感じていませんでした。そのため気づいたら体重が自然に落ちていったような感覚でした。

ただ、初期の頃は「本当にこれで痩せられるのだろうか」という漠然とした焦りやもどかしさを感じたことも。また、しばらく続けると「面倒だな、後で書けばいいかな」といった面倒くささに襲われて、何度か挫折しかけました。

ここでは私が挫折しかけた時にどう乗り切ったかをまとめていますので、これからレコーディングダイエットにチャレンジしようと考えている方は参考にしてみてください。

現状をしっかり把握し、危機感を持つ

Medium 86a99007d97ca52c

開始した頃は楽しさもあり、書き漏らすことなく記録できていました。

2週間を過ぎたあたりで、体重にも見た目にも成果が現れず、やる気が低下して記入をさぼるように。すると不思議なことに、じわじわと体重が増えていったんです。

体重が増えたことから、レコーディングダイエットにより「現状維持」という効果があったんだなと気づきました。そこから「やっぱりしっかり書こう」と考え直して記録を再開。挫折しかけた時こそ自分の現状をしっかり把握する必要があると感じました。

適当でもOK!毎日必ず書く

2ヶ月ほど過ぎた頃に、部屋の大掃除をし、いつもテーブルの上に置いてあったダイエットノートをラックにしまうようにしました。その方が見た目がすっきり片付いて良いような気がしたのですが、なんだか、それから記入を溜め込むようになり、さらに面倒になって、再びさぼりがちに。

理由を考えた時に、「人は余分なワンアクション挟むとそれをしにくくなる」とどこかで見たことを思い出しました。書きたいと思った時にすぐに手の届く位置にノートを置いておくのが重要だったのです。

その後は反省点を活かして、以下のことを実践しました。

  • 3日以上は溜めない。適当でも記入しておく
  • さっと手に取れるところに、ノートとペンを置いておく
  • 雑なメモでもいいから書き残す
  • やる気が落ちたと思ったら、ノートの最初の頃のページを見返す

気負わずに、楽に続けられる仕組みづくりがポイントなんだなと実感しました。

レコーディングダイエットで自分を客観視しよう!

「レコーディング」という行為は、思っているより自分に影響を与えるようです。

書くことにより、自分を客観視できます。また、目標やイメージは「具体化」すると成功しやすい、と以前読んだ本の中にもありました。

自分の食生活について自覚することができる、レコーディングダイエット。ノートとペンがあれば手軽にできるダイエット方法なので、ダイエットが失敗続きという方はぜひ試してみてください。

この記事のトピック:

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事