Medium e00a4d54ec7145e2

ダイエットで胸が小さくなる悩みを「きなこ豆乳」で解決した話

「脂肪は胸から減っていく」という言葉、よく聞きますよね。ダイエットをしてスタイルがよくなっても、おっぱいまでなくなってしまっては意味がありません。そんな悩みを“きなこ豆乳”で解決!私がダイエット中に飲んでいたきなこ豆乳について紹介します!

ライター:yokoshimarinko  カテゴリー:部分痩せ  投稿日:2017/07/13

おっぱいの味方“きなこ豆乳”とは?

Medium c0e062ad0fdf36e4

by C232ed4d23bf822d yokoshimarinko

きなこ豆乳とは、きなこと豆乳を混ぜただけの簡単で手軽な飲み物。納豆が苦手で、普段大豆食品を摂らないという方には非常にオススメです。きなこだけでは粉っぽくて食べることが難しいですが、豆乳に混ぜれば簡単に摂取することができます。

豆乳が苦手という方でも大丈夫。きなこ豆乳はクリーミーなきなこ味なので、豆乳臭さが消えて飲みやすくなります。私はどちらかというと豆乳が苦手で最初は苦戦しましたが、今では毎日続けられています。

なんでバストアップが望めるの?

Medium 55786a5bc432598b

きなこも豆乳も同じ、大豆から作られた食品で“大豆イソフラボン”が多く含まれています。大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするので、バストアップに効果的なんだそう。

数ある大豆食品の中でも、きなこの大豆イソフラボン含有量はかなり多いことがわかっています。きなこ豆乳を飲めば、豆乳の大豆イソフラボンも摂取できるので、おっぱいにとってはまさに一石二鳥!

エストロゲンって?

聞き慣れない単語ですが、要は“女性らしい身体やバストを作るために欠かせない働きをする成分”。エストロゲンは、20代をピークに年を取るにつれ分泌量が減少していくため、女性らしい身体を維持するためには積極的に摂り入れていかなくてはならないものです。

世にはエストロゲンのサプリも存在するようですが、せっかくなら美味しく健康的に、食材で摂取していきたいですよね。

私が実践したきなこ豆乳の飲み方

Medium bc6c1d7769d0e40b

by C232ed4d23bf822d yokoshimarinko

用意するものはたった2つだけ!

一番シンプルなきなこ豆乳ですと…

  • 豆乳(コップ1杯分/約200ml)
  • きなこ(お好みでドサッと)

上記の2つを混ぜるだけです。きなこの量はお好みですが、入れすぎるとトロみがついて飲みにくくなったり、粉が固まって溶けなかったりしますので、大さじ2〜3くらいがいいかもしれません。

豆乳は1日200mlが適切な摂取量と言われていますので、飲みすぎには注意しましょう。

オススメは無調整豆乳&砂糖入りでないきなこ

豆乳は無調整

調製豆乳は味がついているので、きなこと混ぜた時に美味しくなるかどうかが微妙です。添加物が入っている場合がありますし値段も変わらないので、私は無調整豆乳を使用しています。無調整独特の豆っぽさはきなこが消してくれますので、苦手な方は一度試してみてはいかがでしょうか?

きなこは100%!

Medium ef97bcbc1e184eeb

きなこは、余計なものが入っていない100%きなこを使用しています。砂糖が混ざっていて、飲み続けていたら逆に太ってしまった…なんて本末転倒ですからね。きなこ自体にも素材の甘みがありますので、そのまま飲み続けても慣れて、十分甘さを感じられるようになりますよ。

どうしても「甘みが足りない!」という方は、ハチミツや甘味料を少々加えてみてはいかがでしょうか?きなこは安価で手に入りますので、少しこだわるなら外国産より国産のものを買うといいかもしれません。私は基本的に北海道産のものを使用しています。

飲む時間帯に決まりはある?

Medium 460d73ab424ba906

飲む時間帯の決まりは特にありません。オススメの時間帯としては…

  1. 朝起きてから(便秘改善)
  2. ご飯を食べる前(血糖値上昇を抑える)
  3. お腹が空いた時(ムダな間食防止)
  4. 夜寝る前(痩せやすい体質を作る)

の4つがあげられます。カッコ内は、一般的に言われていることですので、あくまで参考程度になさってください。私は大体朝起きてからすぐ飲むことが多いです。自分の生活スタイルに合わせて摂ることが、一番かもしれませんね。

実際にきなこ豆乳を飲み続けた結果

地味〜に続けて気がついたらもう1年ほど経っていますが、“あからさまに胸が大きくなる”というよりは、“胸にハリが出て、ふっくらふわふわになる”という感じでした。

ダイエットをするとどうしても胸の上あたりがしょぼくれていき、盛りブラをつけないと谷間が貧相になっていたのですが、パットを抜かないとブラがキツい!というほどになりました。

胸が減らないようにマッサージを行ったり、普段から揺れないよう気をつけたりといったことも並行して行っていたので、100%きなこ豆乳のおかげだ!とは断言できません。しかし、私個人の印象としては「続けていてよかった!」と思っています。

ダイエットでおっぱいをなくさないために

Medium 67677b7708701eec

女性にとって、おっぱいは武器。写真の女性(茜さやさん)はGカップだそうですが、どうみても武器です。ここまでの女性は少ないにしろ、小さめのカップの方は「これ以上減るのは嫌!」と思っていらっしゃるんじゃないでしょうか?

男性に対しての武器になるだけではなく、洋服が着こなせるようになったり、可愛い下着や水着を着こなせたり…己の自己満足のためにもやっぱり、あるにこしたことはないですよね。

「ダイエットをすれば胸が減るのは仕方ない…」と諦めてしまう前に、きなこ豆乳の力を借りて、より女性らしい身体を目指しましょう!

この記事のトピック:

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事