Medium cb22fa2080369324

レコーディングダイエットは健康維持にも!楽しく続けるコツ

「ダイエットを考えるうえで一番大事なことは食生活」という言葉を知って、自分の食生活を見直すためにレコーディングダイエットを実践!今までのダイエットの中で一番ストレスなく続けられた、レコーディングダイエットの方法や結果を紹介します。

ライター:黒柴くん♡  カテゴリー:生活習慣  投稿日:2017/07/17

レコーディングダイエット中に私が注意したこと

Medium 9404a93140da5a25

パフェやラーメンなど、自分の食べたいものがすぐに買えるこの時代にダイエットなんてできない!と諦めかけていた私。しかし「ダイエットを考えるうえで一番大事なことは食生活」というフレーズに出会い、自分自身の食生活を見直すために、レコーディングダイエットを実践してみました!

レコーディングダイエットは食べたものを記録していくだけ。では、記録すればどれだけでも食べていいのか?何をどのように記録したらいいのか?ここでは、実際に私がレコーディングダイエットをするうえで、注意したことについてまとめてみました!

食材のカロリーを知る

レコーディングダイエットをするにあたって注意したことは、まず食材それぞれのカロリーを知ることです。少量だから大丈夫!という考えが危険なのです。

例えばよくある個包装のチョコレート1粒のカロリーは、どのくらいあるか知っていますか?1粒で、およそ60kcalもあるんです!5粒食べれば60×5=300kcalで、コンビニのサンドイッチ1つ分にもなります。

1日の総摂取カロリーを1500kcal以内に抑えること

レコーディングをしているからといって、いくらでも食べていいわけではありません。カロリー計算をする中で、私は1日の総摂取カロリーを1500kcal以内に収めました。

例えば、

Medium 38347acbdaa861aa
ある1日の食事
朝食 ブラックコーヒー 0kcal
サンドイッチ 300kcal
昼食 チキンドリア 630kcal
グリーンサラダ 40kcal
夕食 ご飯 170kcal
豚汁 250kcal
ほうれん草のお浸し 26kcal
唐揚げ1個 71kcal

この日食べた物の総摂取カロリーは1487kcalでした。1500kcal以内に収まっていますね。

カロリーを抑え過ぎない

カロリーを抑えれば抑えるだけ痩せる!と勘違いしてダイエットに取り組む人がとても多いのですが、全くの逆です。

毎食ダイエットシェイクやグリーンスムージーだけ、という偏った食生活では、筋肉量が減って脂肪を溜めこみやすい体になってしまうので、きちんと食べて1500kcal以内に、と心がけていました。

レコーディングダイエットを楽しく続けるコツ

低カロリースイーツを探してみる

Medium 30a09ca1ab780d16

ダイエット中だからといって、「甘いものを全て断つ!」などの我慢は長く続きません。その我慢がストレスになって、ドカ食いや暴飲暴食を引き起こしかねないので、私は低カロリースイーツをダイエット中のおやつにしていました。

今の世の中、低カロリーのスイーツはコンビニやスーパーなどでもたくさんあります。おからなどの食材を使って、クッキーやケーキを焼くのもいいでしょう。低カロリースイーツ探しをしてみるのは、レコーディングダイエットの楽しみにもなりますね。

ちょっとした運動を取り入れてみる

ダイエットをしているという意識がストレスにならないよう、日々の生活習慣に運動を取り入れてみました。エレベーターを階段に変えてみたり、いつもはバスを使っているところを1駅分歩いてみたり。

毎日10kmランニングをしたり、筋トレを1時間したりといったハードなトレーニングは長続きしませんし、できない自分を責める場合もあります。

大切なことは、無理なく続けられることをするという点です。ダイエットを日々の生活習慣にしてしまうのが一番手っ取り早いと思います。通勤電車の中では座らずに立つ、歩くときは大股を意識するなど、日々の生活習慣にちょっとした運動を取り入れてみましょう。

食事を写真に撮って記録してみる

Medium 5cc69ee254000139

毎日の食事を記録するレコーディングダイエットは、記録の仕方が様々です。大学ノートでもいいですし、可愛いお気に入りのノートにイラストと共に記録してもいいでしょう。食事を写真に撮って、ブログなどに掲載しながら記録していくのも楽しいでしょう。

きれいに盛り付けをしてみたり、カラフルな食材を選んでみたり、食器にこだわったりすることにもつながり、1回1回の食事が楽しみになります。たくさん食べることではなく、食事自体を楽しめるようになる。食生活の見直しには欠かせない心の持ち方です。

レコーディングダイエットをした結果

ダイエットシェイクによる置き換えや週末ファスティング、ジムでの運動など、いろいろなダイエットを試してきましたが、レコーディングダイエットは今まで試してきた中で一番ストレスが少なかったです。無理せず我慢せず、長く続けられるのがいいところだと思います。

また、次のようなよい点がありました。

  • 1日3食きちんと食べるようになった
  • カロリーを計算すれば間食ができた
  • 食事前に総カロリーを計算するので食事時間が長くなった
  • 食べる量が減った

レコーディングダイエットは食生活を見直し長期間取り組むことで、ダイエットのみならず健康維持にもつながりました。是非、紹介した注意点やコツを参考に、レコーディングダイエットに取り組んでみてください。

この記事のトピック

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事