Medium 131bcb8873ffd719

下っ腹に効いた!お風呂でお腹をひっこめるだけのダイエット法

お腹のお肉はなかなか落ちづらいもの。特に下っ腹が憎い!そんな下っ腹が、ただお腹をひっこめるだけでなくなるとの噂を聞き、1週間試してみました。お腹をひっこめる方法と、効果・注意点をご紹介します。

カテゴリー:部分痩せ  投稿日:2017/07/28

この体験談を書いた人

E7dd8dc81e9c661a運動大好きっ子

アラサーです!背丈は小さ目でやせ気味ではありますが、日々運動することが大好きで、多くの趣味は運動系のものです。様々な運動を行っていく中で感じたこと、ダイエット効果や結果などを書いていきます。

ででん!困った下っ腹とサヨナラしたい

9ed807639c308d83

知らず知らずのうちに邪魔になってくる下っ腹。体重が変わっていなくても安心できません。加齢とともに忍び寄る下っ腹の影...。しかも、一度ついた下っ腹のお肉はなかなか落ちてはくれず、ズボンを履くのもひと苦労、なんてことにもなりかねません。

私は、会社で年1回行われる健康診断の前に、体重計に乗ってチェックしたところ、予想通り体重が去年より増加していました。

これはやばい!と、ダイエットを決意。簡単で、時間にとらわれることなく下っ腹に効く運動はないかと探していたところ、お腹をひっこめるだけでいい運動方法を発見しました!

私が行ったお腹をひっこめる運動を紹介

用意するもの

C3e1ab31a74be5ef
  • 時間
  • お風呂
  • 飲料水(お水もしくはスポーツドリンクがベストです。)

お腹をひっこめる運動で用意するのは、この3つだけです。

疑問に思った方、不安を感じた方、冗談だと思った方、たくさんいると思います。それもそのはず、用意するものが時間・お風呂・飲み物だけと聞いたら、本当に効果があるのか疑ってしまいますよね。でも私は、これだけで下っ腹を撃退できました。

お風呂に入る時間の確保と、汗をかくのに備えた飲み物さえ用意していただければ、すぐに始めることができてしまう簡単なダイエットです。だまされたと思って、是非試してみてください。

詳しいやり方

湯船に入る前に全て汚れは洗い流して、準備万端にし、いざ入浴します。お湯の温度は38~40℃位がベストです。これ以上ぬるくしたり、熱くしたりしないように気を付けてくださいね。詳しいやり方は下の通りです。

方法
①足を伸ばして湯船に入ります。背筋をぴんと伸ばし、L字になるように座ります。
②息を吸い、フーっとゆっくり吐きながら、お腹を極限までひっこめて固くします。(この時、お腹をつんつん触ってみて固くなっているかチェックします。)
③息を吐き終わったら、お腹を膨らませながら息を吸い、②と同様に、吐きながらお腹をひっこめるだけです。

これを10回繰り返します。最初のうちは、10回でも少々きつく感じます。しかし、何度もやっていくうちにだんだん慣れてきて、簡単に行うことができるようになります。汗をかくので水分補給を必ずしてくださいね。10回から徐々に回数を増やしていくと、効果もアップします。

お腹をひっこめるだけの運動の効果は?

たったの1週間でウエスト-2cm!

お風呂でお腹をひっこめただけでは、さすがに何も変わらないかな?と、自分でも最初は半信半疑でこの運動を行いました。しかし、なんと1週間でウエストが-2cmになっていたのです!見た目にもお腹がすっきりとしていて、自分でも驚きました。

一方で、体重の変化はありませんでした。お腹が引き締まったということを考えると、脂肪より重いとされる筋肉がついたからかもしれません。

お腹周りがすっきりしてズボンが軽く履けた!

789d9140046288ed

お風呂でお腹をひっこめるだけで、なかなかとれなかった下っ腹のお肉が本当になくなりました。これまでは、ちょっと履くのがきついと感じていたズボンさえ、スルスルと軽く履くことができました。そのうえ、腹筋もでき、体幹も鍛えられたような気がします。

代謝アップの効果で冷え性も治った!

このお腹をひっこめる運動で代謝がアップし、私は長年悩まされていた冷え性がすっかり治りました。手足の先が痛くなるほど重度の冷え症だったので、本当に嬉しかったです。19時にお風呂に入っても夜中まで体がぽかぽかと温かく、そのおかげで安眠できるようになりました。

お腹をひっこめる運動の注意点3つ

お風呂で行う運動なので、次の3点に注意しながら行ってください。

①長風呂しすぎないこと

ひっこめることに集中し過ぎて、長風呂にならないように注意しましょう。のぼせてしまうようであれば、回数が少なくてもお風呂から出るようにしましょう。

②体を冷やさないこと

肩まできちんとお湯に浸かっていないと、体を冷やすことになってしまいます。お湯は多めに入れる、もしくは運動後にきちんと肩までお湯に浸かるなどして、体を冷やさないように注意してください。

③水分補給をしっかり行うこと

この運動を行っていると、運動の最中や運動後に汗をたくさんかきます。脱水症状を起こさないように、きちんと水分補給をすることが大切です。これら3つの注意点に気を付けながら、楽しくダイエットしましょう。

お腹をひっこめる運動は手軽なのがおすすめ!

最後に、私が行ったお腹をひっこめるダイエットの評価を、下にまとめてみたので参考にしてください。

  • 続けやすさ:★★★(簡単なので、毎日続けていくことができます)
  • ダイエット効果:★★★(体重は変わらないものの、明らかに下っ腹は消えました!)
  • 食事制限の必要性:★★☆(体重を減らしたいという方には、必要かもしれません)

体重をどうしても減らしたい場合は、お腹をひっこめる以外にも運動が必要かもしれません。しかし、私は、明らかに下っ腹の肉が消えて見た目が変わったので、体重減にならなかったことは気になりませんでした。

お風呂の時間を利用してお腹をひっこめるだけで、邪魔な下っ腹とサヨナラできるこの運動は、お腹を引き締めたい人におすすめです。運動のために時間を作る必要もないので、忙しい人にも良い方法ですよね。注意点に気を付けながら、皆さんも下っ腹にサヨナラしてください。

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

トピック

人気記事