Medium e74b9d912979d759

頑張った甲斐があった!スクワットチャレンジで5kg減の効果

アメリカで大流行した「スクワットチャレンジ」を、私も1か月やってみました!下半身の引き締め効果があると言われるスクワット。2か月続けるときに苦労した点や実際にしてみて感じたこと、得られた効果などをご紹介します!

カテゴリー:運動  投稿日:2017/08/03

この体験談を書いた人

Avatar defaultmahisjueu_u

スクワットチャレンジとは?

42548975dc7cebe1

みなさんは、「スクワットチャレンジ」という言葉を聞いたことがありますか?「30日スクワットチャレンジ」とも言われていて、その名の通り、スクワットにチャレンジするだけのダイエット法なんです。

ではまず、スクワットチャレンジがどのようなものかご紹介します。

アメリカで大ブーム

このスクワットチャレンジ、実はアメリカからきたものなのです。アメリカの女性達が実践し、その効果が口コミで広まりました。

実際にスクワットチャレンジを行った人のビフォーアフターがこちら。

1か月スクワットを続けた結果、お尻や太ももを中心に、健康的に引き締まっていますね!

このようにスクワットチャレンジは、下半身の引き締め効果を期待して行われるダイエット法です。

スクワットの効果

「たまたま引き締まっただけでしょ?」と思った方もいらっしゃるでしょうが、調べてみると、スクワットにはこんな効果があることがわかりました。

  • 筋肉量を増やし、基礎代謝をアップさせる
  • 下半身だけでなく、全身の引き締める
  • 便秘の解消や、冷え対策にもなる

スクワットには、引き締め効果以外にもたくさんの効果があるんですね!これだけでもスクワットをやってみようかなという気になります。

私がスクワットをしていた時は、下半身がいつもより軽いような感覚がありました。少しずつ筋肉がついて、日常動作が楽になっていたのかもしれませんね。

スクワットチャレンジの方法

スクワットの効果が分かったところで、スクワットチャレンジの具体的な方法をご紹介します!

1か月のスケジュール

上の画像のスケジュール通りに、毎日スクワットを行うだけです!

1日目の50回からはじまり、日を追うごとに回数が少しずつ増えていきます。最終日には、なんと250回になっていますね!3日ごとに1日、筋肉を休めるためのリセット日が設けられています。

最初から50回はきつい、という方には、「初日は5回、毎日5回ずつ増やす」というやり方もあります。自分のペースに合わせてお試しください。

私は、画像通りのスケジュールで行いました。慣れてくると意外と苦痛ではなく、逆に「やらなきゃ」という義務感に駆られ、いつの間にかスクワットをしていました。

スクワットの正しいやり方

方法
①肩幅程度に足を開く。
③背中が丸まらないよう、上体を起こす。
②膝はつま先より前に出さない。お尻を後ろに引くイメージで曲げ伸ばしする。

少し後ろにある椅子に座ろうとする感じをイメージすると、やりやすくなると思います。

自己流のスクワットは、腰痛などのトラブルを招く可能性があります。また、自己流で回数をこなしても、思ったような効果がでないこともあります。この動画を参考に、正しいスクワットの方法を身につけましょう。

スクワットチャレンジを1か月続けた結果!

なんとか1か月続けることが出来ました!感じられた効果や感想、周囲の声をご紹介します。

体重が5kg減!

302c927c30903b6a

まず、体重が5kg減りました!5kgからが難しく、なかなかそれ以上痩せることはできませんでしたが、腰回りのしつこい贅肉が減ったように感じました!

ズボンを履いたときに触れる贅肉が少しでも減ったので、とても嬉しかったです。自分がスリムになった感覚がありました。

夫から見ると変化なし

自分では効果を実感出来ていたのですが、夫からは「何も変わってない」、「相変わらず垂れたお尻だね」という、想像を絶する言葉が!

この言葉自体どうなんだろうとも思いますが、あの「スクワットチャレンジ」を経ても、私のお尻は引き締めることができなかったのかと落胆し、重力に勝てない自分のお尻に絶望しました。

私自身が実感して喜んでいた効果も、周囲から見れば取るに足らない効果だったようです。

スクワットチャレンジ中の苦労

チャレンジ中は、以下の3点にとても苦労しました。

①回数が増えるにつれて時間の拘束が出てくる

1日クリアしていくごとに、スクワットを行う回数は増えます。スケジュール通りに実行すると、30日目には「250回」スクワットをしなければなりません。

いくら毎日のスクワットで筋力がついてきていたとしても、そう簡単に一度で出来る回数ではありませんよね。必然的に、何回かに分けてスクワットすることになります。そうなると、1日におけるスクワット時間が長いこと…。

嫌なことを後回しにする私の性格もあり、21日目(180回)には、スクワットをし終えたのが23時、なんてこともありました。

②「やらねば」という義務感がプレッシャーに変わる

15日目までは、「いつやめてもいいや」くらいのスタンスで、軽く続けていました。ところが、17日目からは、「せっかく半分まで頑張ったのに、ここでやめられるか!」という意地が出てきます。

そうなると、常に「やらなきゃ」、「いつやれるかな」、「あ、さっきの時間出来たのにしなかった」と、毎日のノルマがプレッシャーになってしまいました。

体を動かすことが好きだと苦ではないのかもしれませんが、元々だらだらごろごろが好きな私には、正直きついものがありました。

③なによりきつい

389eee8a90350c89

普段運動をしていない私には、最初は5回のスクワットでもきつかったです!それでも続けられたのは、あのナイスボディーへの憧れがあったからなのです。

最初はまだ回数も少なく、これならなんとか続けられるかな?と思いましたが、回数が増えれば増えるほど筋肉痛は増し、足がプルプル震えました。

継続は力なり!スクワットで理想の体型に

1か月スクワットを続けるのは、とても大変でした。長い時間や続けることへのプレッシャー、体のきつさを乗り越えて得たのは、この上ない達成感と、痩せられた実感でした。

周囲に気づいてもらえなかったのは残念ですが、それでも、最後までやりきって自分なりの効果を得られて嬉しかったです。

今回は1か月のチャレンジでしたが、そのまま継続して、さらに食事制限や他の運動を加えれば、もっと理想の体型に近づくことができるのかな、とも思いました。

まずはチャレンジあるのみ!すぐに思ったような効果は得られないかもしれませんが、継続は力なりです!みなさんも、スクワットチャレンジで理想の体型を手に入れましょう♪

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

トピック

人気記事