Medium 9cf448473aad23cc

早寝早起き&朝活を3か月続けた結果、驚きのダイエット効果が!

早寝早起きをするだけでダイエットができる?こんな簡単なダイエットは他にないと思い、早速実践!私が実践した、何の準備もいらずお金もかからない“早寝早起きダイエット”の方法や結果をレポートします!

カテゴリー:生活習慣  投稿日:2017/08/03

この体験談を書いた人

23a602fbf860e18bしん

健康と美で輝く女性を目指しているアラサーです。2児の母になっても、まだまだ進化し続けたい私。経験からダイエット方法を紹介します。

私が実践した早寝早起きダイエットの方法

760b9d5febfdf282

早寝早起きすることでホルモンバランスが整えられ、活動時間を朝にすることで消費カロリーが増えるそうです。私は夜10時に就寝、朝5時に起床する生活をしてみることにしました。

食事制限はなく、早寝早起きをして体質改善を目指しますが、今までよりも多く食べるのはもちろん控えます。仕事が休みの日はこのダイエットをすることが難しいと判断したため、仕事の日のみ行うことにしました。

開始の1週目に失敗

私は早起きがもともと得意ではなかったので、最初の1週間は起きることが辛かったです。早寝早起きをするだけなんて簡単、と思って始めたダイエットでしたが、朝が来るといつも後悔していました。布団に入ったまま過ごした日もありました。強い意志がないと最初から失敗します。

失敗から考えた「朝活リスト」の作成

失敗から学んだことを活かし、2週間目から本格的に取り組みました。せっかく朝早く起床したにもかかわらずボーっと過ごしたり、二度寝をしてしまったりすることがないように、朝することをリスト化しメモ書きをしました。

基本的なことですが、体が生活リズムに慣れるまではメモ書きを見てチェックをしていました。すると、自然と体を動かすことができるようになり、1か月経つころには習慣化できました。朝活リストの作成は、ダイエット成功の重要なポイントだと思います。

私の朝活リストを紹介します。

基本リスト

B889c94449cdf35b
  • 歯磨き、顔を洗う
  • 洗濯をする
  • 前日に残した仕事
  • 朝ごはんの用意
  • お弁当の用意
  • 出勤の準備をする

時間が余ればリスト

その時の気分次第で、どれを行うかを決めます。

  • 夜ごはんの下ごしらえ
  • ストレッチする(ラジオ体操でもOK)
  • ウォーキングをする
  • 掃除をする

2か月目からヨガのポーズ

3d1f8d8aa21aa4b3

2か月目からは、朝運動する時間を10分設けることにしました。ヨガのポーズやストレッチ、ラジオ体操など、ゆったりとした運動を取り入れていました。

私が行ったヨガのポーズは以下のようなものです。

  • 木のポーズ
  • 安楽座
  • 座位の開脚ポーズ
  • 背中を伸ばすポーズ
  • ねじった三角のポーズ
  • 上向いた犬のポーズ
  • 三日月のポーズ

早寝早起きダイエットの結果

2か月で2kgの減量に成功

身長158cm体重50kgの私が、2か月で2kgの減量達成!3週間で体重-1kg、4週間後さらに-0.5kg、2か月後さらに-0.5kgでした。

私の場合、1週間目は怠けていたので、2週間で-1kgということになります。早すぎる効果!私の目標体重だった体重48kg台に、1か月でなれたので驚きです!

体が引き締まった

3か月目は48kgをキープしていたのですが、周りの人が痩せたことに気づいてくれるようになりました。朝の運動を取り入れたことで、体が引き締まってきたと実感しました。

肌荒れが改善

9d128a78ca454b12

生理前の吹き出物がなくなり、なんとなく肌の調子がいいかなと思いました。目に見えてコレだという美容効果はありませんでしたが、ダイエットのおかげか規則正しい生活のおかげか、3か月間肌荒れすることはありませんでした!ゴールデンタイムに睡眠ができているおかげではないかと私は思います。

便秘解消

一番驚いたのは、健康効果が抜群だったことです。私はダイエットを始めると便秘がちになったり、貧血気味になったりしていました。

しかし、今回は朝に時間の余裕があるので、トイレに行くリズムができ便秘が解消できました。心がけていたことといえば朝にお水を飲むことくらいだったので、早寝早起きの効果は侮れないなと思いました。

貧血の改善

もう1つの健康効果は貧血が起こらなかったことです。食事制限をする必要がなかったのが要因かなと思います。

早寝早起きダイエットは慣れるまでが大事

早寝早起きダイエットは、習慣になるまでが大事だと思います。1か月続けたころから数字に成果が現れ、体が慣れてきたので素早く起きられるようになりました。

まずは、朝活を気持ちよく感じることが重要です。朝は、好きなことをする時間にすることをおすすめします。習慣づけば、簡単で健康的なダイエットができると思いました。

体重が減ってしまえば、時には起床時間が5時半になっても6時になっても構いません。きっちりする必要はないのですが、朝活ができない日が続くようだと、リバウンドしてしまう結果になります。実際、私は怠けてしまい、意識せずに1か月過ごしたところで1kg戻っていました。

安易に気を抜かず、朝活ができない日は違うダイエットと併用することをおすすめします。

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事