Ea044632c45a8270

ながらダイエットでお腹と脚がサイズダウン!効果と方法をレポ

ダイエットのために運動は必要と分かっているけど、走りに出たりするのは面倒に感じてなかなかスタートできないのが現状だったりします。そこで、本を読みながら、歯を磨きながら、何かをしながら運動も同時に行えるダイエットをしてみた結果を紹介します。

カテゴリー:部分痩せ  投稿日:2017/06/26

↓他の体験談も「まとめ読み」できる記事↓

Medium 041d0f42f31b13cb

本を読みながら体幹が鍛えられる!ながらダイエットの方法

本を読みながらでも体幹は鍛えられます。雑誌でも小説でも、本であれば種類はなんでも良いのですが、自分が好きな本の方がより長い時間できるのでおすすめです。私は子育て本を読みながら行いました。

体幹を鍛えるってどういうことなのか?

体幹を鍛えるとは、体の芯の部分を鍛えることです。そのため姿勢が良くなったり、持久力が上がったりするメリットがあります。腹筋などの筋肉が鍛えられるので、ポッコリのお腹が悩みの人にもおすすめのトレーニングです。

まずは体勢を整える

287e243027db3cf7

by 2829222c71d87516 わたべ

基本の姿勢づくり
①好きな本をうつぶせになって読むような姿勢になります。
②両腕は肩幅くらいに開いて肘を床につけます。
③そして背中から足首までは、まっすぐ伸ばします。

注意点としては

  • 肘は直角に曲げる
  • 腰が落ちていないかチェックする
  • 腰が浮いていないかチェックする
  • 呼吸は止めずに自然と行う
73678e5ea46e27e9

by 2829222c71d87516 わたべ

正しい姿勢がとれていないと腰を痛めてしまいます。肝心の体幹を鍛える効果も半減です。鏡でチェックしながら、正しい姿勢を体で覚えることが重要です。

この姿勢をキープしながら本を読むだけなのですが、結構きつくてすぐにダウンしてしまいそうになります。そんな時は下のような姿勢に切り替えます。

Fec48f3e63ce7721

by 2829222c71d87516 わたべ

やり始めのころや疲れてきた時は、この姿勢に切り替えるのがおすすめ。さらに長い時間できるようになりますよ。この時も背中は真っすぐを意識しましょう。

慣れてくると、膝をつかなくても長い時間キープしていられるようになります。

最初から無理をしない

やり始めの時期は、気合が入って長い時間やろうとしてしまいがち。しかし最初から無理をすると、翌日に疲労感が出て、やる気がダウンしてしまいます。私は「今日は5分だけ」と、最初は時間を短めに設定してやりました。

1日に行った時間

1日目は1分しないうちに、姿勢を切り替えました。完全に寝転がって休憩をしながらまた再開して、ゆるめに行いました。

しかし1週間もすると意外と慣れてきました。2~30秒ほどの休憩を挟みながら、平均で1日10分くらいできるようになりました。翌日に筋肉痛もくるのですが、それが効いてるとういう実感になりました。

1カ月、本を読みながら体幹を鍛えた結果

Ee0b93af059223b2

肝心のダイエットの効果は、鏡で見た感じや体重に変化はほとんどありませんでした。しかし、お腹の前の部分が固くなってきている感じで、たるみが多少減ったように感じます。サイズは2センチダウンです。

筋肉痛が結構心地よいし、気になっていたお腹のたるみにも効いている感じはしたので、この後も継続して行っていきます。体重には影響なさそうなのがちょっと残念ですが。

ドライヤーや歯磨きをしながら脚の筋肉を鍛える方法

体幹を鍛えるのと同時にやっていた「ながらダイエット」は、ドライヤーをしながらスクワットのような動きをすることです。この運動は、歯を磨いている時や顔を洗った後に化粧水や乳液を塗りながらでもできます。

脚には大きな筋肉がある

脚は、大きく分けて太ももとふくらはぎに筋肉があります。中でも太ももの筋肉は、全身の中でも特に大きな筋肉です。

大きな筋肉を動かしたり鍛えたりすれば、小さな筋肉を動かすよりも消費カロリーが増えます。なので太ももなどの脚の筋肉を動かすことが、ダイエットにはおすすめです。

鏡で姿勢をチェックしながら

洗面所で鏡をみながらドライヤーなどをやるので、同時に姿勢のチェックをすることができます。

Ae5203673f7fd392

by 2829222c71d87516 わたべ

やり方
①足は肩幅に開く
②ゆっくりと腰をおとす
③お尻は突き出すように
④ある程度下までいったら、ゆっくり戻る
⑤繰り返す

上半身が前のめりになったり、背筋が曲がっていると効果も半減してしまいます。

私の場合、ドライヤーは5~6分で終わります。歯磨きの時の分も含めて10分弱行っていました。これも筋肉痛がきます。

慣れてきたら負荷を増やす

慣れるとちょっと飽きてくるというか、物足りなさを感じてきました。なのでつま先と膝を外側に開き、腰を落とすようにしました。

49e6d2e0055ae71a

by 2829222c71d87516 わたべ

お尻の筋肉と、太ももの内側の筋肉に負荷がかかります。私は、これをやるとたまに股関節が痛くなるので、その時はかかととつま先の向きを真っすぐに戻しました。

1カ月、脚の筋肉を鍛えてみた結果

4cf601566c2ee46d

1カ月の間、ドライヤーをする時や歯磨きをするときにこの運動を取り入れてみました。習慣になると結構楽しくなってくるものです。

見た目の変化は、体幹を鍛えていた時と同様に大きな変化はあまり感じられませんでした。サイズを計測していたのですが、太ももが1センチ細くなりました。

お腹だったら1~2センチ程度のマイナスは誤差の範囲ですが、太ももは1センチでも落とすのは意外と難しいと感じていたので嬉しかったです。

1カ月、ながらダイエットを2種類行ってみて

1カ月の間に本を読みながら体幹を鍛える、というのと、ドライヤーなどをしながら脚の筋肉を鍛える、というダイエットをやってみました。

続けられた秘訣

これらのふたつの運動を1カ月続けられたのは、日常の動きの一連としてできるからです。特別に時間を作ってやろうと思うと忘れてしまったりするものですが、毎日の日課の中でできることなので苦ではありませんでした。

これからも継続していける

本格的な運動ではないので、効果はわずかなものですが、高い月謝を払ってジムへ通うよりは楽ちんです。以前ジムの会員になっていた時は月に3~4回しか通えませんでした。毎日続けようと思うと、やはり自宅でできることはメリットです。

本を読むことも、ドライヤーを使うことも毎日のことなので、さらなる効果を求めて継続していきます。

\成功者の方法をまとめてみました/

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

人気記事