Medium 0b0f69cb2f55a086

30秒で作れる「もずく納豆」で健康的にダイエット!1か月の効果

健康に良くてダイエットに効果的とうわさの「もずく納豆」。もずくと納豆を買うだけで気軽に始められそうだったので、1か月間試してみました。ダイエットの結果や美容効果、メリット・デメリットをまとめて紹介します。

ライター:marino  カテゴリー:食事  投稿日:2017/11/10

もずく納豆ダイエットを始めたきっかけ

Medium 0fb01328f7006d73

当時の私は不摂生ぎみで、なおかつ料理はあまり好きではありませんでした。そこで材料を買うだけで簡単に続けられそうな「もずく納豆ダイエット」を始めることにしました。

もずくと納豆に含まれるダイエットに効果的な栄養素

もずくと納豆には、それぞれダイエットと美容に効果的な栄養がたくさん含まれています。この2つを合わせて食べることで腹持ちもかなり良くなるので、まさにダイエットにピッタリな食材です!

もずくに含まれる栄養素と効果
アルギン酸 コレステロールの吸収を抑える、血糖値の上昇を緩やかにする
フコイダン コレステロールの吸収を抑える、中性脂肪を下げる
フコキサンチン エネルギーの消化を促す、内臓脂肪を燃やす
ビタミンB2、ヒアルロン酸ムコ多糖体 お肌の潤いを保つ

アルギン酸やフコイダンは水溶性食物繊維なので、便秘解消にも効果があります。さらに、カロリーは100gあたりたったの4キロカロリー!これだけ嬉しい栄養素があるのに、低カロリーで腹持ちも良いなんて優秀ですね。

納豆に含まれる栄養素と効果
カリウム 余分な水分を排出する
ビタミンE 抗酸化作用があり、アンチエイジング効果がある
大豆サポニン 中性脂肪の吸収を抑える
レシチン 血管の中の余分なコレステロール・悪玉菌を回収し、善玉菌を増やす

もずく同様、納豆にも食物繊維や多くのミネラルが含まれているので、便秘解消に効果的です。さらにむくみ解消作用や、美肌作用の栄養素も多く含まれているため、女性の強い味方です。

女性ホルモンと同じような働きをするといわれている大豆イソフラボンは、ダイエット中にありがちな肌荒れを防ぐことができます。

納豆のカロリーは1パック約100キロカロリーと低くはありませんが、もずくがかなりの低カロリーですし、タンパク質が主なので、食べ過ぎなければ問題ないでしょう。

もずく納豆ダイエットの方法は?

方法はとてもシンプルで、「食事の1番最初にもずく納豆を食べる」、これだけです。私は1日1回、晩ごはんに必ずもずく納豆を食べるようにしました。

もちろん、できる方は朝昼晩の3回行っても良いと思います。外食や仕事場などで食事を摂る場合は、無理して食べなくても大丈夫です。気軽に続けられるのが、もずく納豆ダイエットの魅力です!

30秒で作れる!もずく納豆レシピ

Medium c230ad0e28adf07a

by 2613aca541564c58 marino

レシピというほどのものでもありませんね(笑)スーパーに売っているもずくと納豆を1パックずつ混ぜるだけです。もずくはリンゴ酢のものでもなんでも構いません。納豆も特に指定はないです。

納豆に付いているたれを使うと、納豆の味が強めのもずく納豆になります。私は、もずくの味が好きなので、付属のたれは使わずに混ぜていました。お好みでどうぞ!

もずく納豆ダイエットのメリットとデメリット

メリット① 便通が良くなった!

Medium 248d4c415274178f

もずくと納豆、ダブルの食物繊維パワーが効いたのか、快便になりました!それもお腹を下すような嫌な感じではなく、1日に多くて2回くらいの自然なお通じになりました。余計な老廃物が腸から排出されている感じがして、毎日体調も良かったです。

メリット② 自然と食べる量を減らせた!

最初にもずく納豆を食べることで、思っていた以上にお腹が膨れました。そのおかげで、1か月に換算すると相当なカロリーを制限できたと思います。もずく納豆がなかったら、あと唐揚げを2つほど食べていたな、などと感じることも多かったです。

メリット③ 生理前のお肌の調子が良くなった!

いつも生理前になると、ニキビが出来たり化粧のりが悪くなったりすることが悩みだったのですが、もずく納豆を毎日食べていた期間は、生理前でもお肌の調子が整っていました。納豆の大豆イソフラボンが、女性ホルモンの乱れを整えてくれたのかな?と思います。

デメリット① 味に飽きてしまった

レシピはシンプルで楽でしたが、後半は味に飽きてしまって、正直ちょっと苦痛に感じることもありました。

余計なものを入れてカロリーを高めるわけにはいかなかったので、リンゴ酢もずくに変えたり、付属の納豆のたれや辛子を入れたり入れなかったりと、いろいろローテーションをして食べていました。

デメリット② 納豆ともずくの消費量が早い

納豆ももずくも大体3パック入りなので、3日でなくなってしまいます。当時1人暮らしで冷蔵庫が小さかったので、切らさないようにするのが大変でした。

まとめ買いをしようとしても、賞味期限があるのでそこまで大量には買えませんし、夏だったので常温保管もできません。うっかり買い忘れにも注意です!

デメリット③ 快便すぎて困ることも

快便になったのはとてもメリットに感じたのですが、外出先などで便意を感じると困りました。私は元々便秘ぎみな方だったのですが、日ごろから快便な方は注意が必要かもしれません。

1か月間のもずく納豆ダイエットの結果

体重は1か月で1.2キロ減!

Medium ee5a66fd6dabb432

もずく納豆を始めてから1か月、肝心の体重は1.2キロ減という結果でした。ストレスになるような食事制限をしていないことと、お肌の調子が良くなったということを考えると、まあまあ納得な結果でした。

食事に気をつけていればもっと効果が出たかも…

私の場合、ストレスのないダイエットを目標にしていたのですが、間食や夜食がちょっと多かったかなと思いました。さらに、もずく納豆ダイエットを夜だけではなく、できれば朝・昼(最低でも1日2回)行っていれば、もっと効果を実感できたのかもしれません。

このもずく納豆ダイエットは、短期的で集中して痩せるものではなく、長期的に行うダイエットに向いていると思います。健康や美容のことも考えながら痩せたいという方にはおすすめのダイエット法なので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

この記事のトピック

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事