Medium 1a6d59feb7c9d2b4

炭水化物抜きダイエットで5kg減!しかし体調不良に...原因は?

糖質を多く含んでいる炭水化物を抜くことで、本当に簡単に痩せられる?話題の炭水化物抜きダイエットに2か月挑戦してみました。私が実践した炭水化物抜きダイエットの方法や結果、成功するためのコツを紹介します。

ライター:hanacco  カテゴリー:短期集中  投稿日:2017/08/02

この体験談を書いた人

Avatar defaulthanacco

仕事のストレスから、気が付いた時にはベスト体重より5キロオーバー。自己管理の大切さをひしひしと感じています。色々なダイエット法をお試し中です。

私が実践した炭水化物抜きダイエットの方法

Medium 99e2b716dc2d754c

私は炭水化物が大好きで、なかでもうどんとパスタは2人前食べてしまいたい衝動にかられるほど好きです。今まで食事の量を減らすダイエットに何度も挑戦し、1食あたりのごはんや麺の量にも気を使ってきましたが、いくら行っても痩せませんでした。

じゃあ徹底的に炭水化物を抜いてみたらどうなるんだろう、と思い、炭水化物抜きダイエットを始めることにしました。

3食の炭水化物を抜く

朝昼晩、主食はほとんど抜きましたが、ごくたまに小さめのおにぎりを食べていました。以下はよく食べていた食事メニューです。

食事メニュー
ヨーグルト(プレーンタイプ)・卵・納豆・お味噌汁・干物・野菜サラダ
焼き魚やミニハンバーグ・野菜の炒めものなど(いつものお弁当からごはんを抜いたもの)
肉・魚・いかなどの魚介類・野菜の煮物やサラダなど

基本的に炭水化物を抜くこと以外はいつもどおりの食事でした。特におかずをヘルシーにするなどはしていません。どうしても食事に物足りなさを感じた時は、魚肉ソーセージを追加して食べました。

2か月炭水化物抜きダイエットを実践した結果

2か月で5kgのダイエットに成功

Medium b518abf4894ca196

1か月で3.5kg、2か月続けて最終的に5kgの減量に成功しました。炭水化物抜きダイエットを始めて1か月ほど経った頃から、職場の人や友人から痩せた?と言われることが増えました。鏡で体をチェックしてみると、確かにみっちりついていたお肉が薄くなって少し骨のラインが見えていました。

体重をこまめに測ると減っていない時にがっかりしてしまうので、あえて体重計にはのっていませんでしたが、まわりの反応から確実に痩せてきているなという実感がありました。

今まで何をやってもたいして痩せなかったのでとても嬉しかったです。いつものおかずを好きに食べられたことが、続けられた大きな理由だったと思います。

簡単に痩せていった理由

エネルギーとして使われなかった糖質は脂肪に変わり、体内に蓄えられます。今までの私は、炭水化物を必要以上に摂っていたことが原因で、脂肪がどんどん蓄積されていき、なかなか痩せられなかったようです。

今回は私が痩せられない理由の炭水化物をほぼカットしたことで、余分な糖質を蓄えずに済みました。むしろ、蓄えられていた糖質をうまくエネルギーとして使っていったことで、素早く痩せていったと思われます。

体の調子が悪くなった

Medium 09ce0bb8b50b1ef0

今回の炭水化物抜きダイエットは2か月でやめました。体調が思わしくないと感じる日が増えたからです。私が感じた不調は以下のとおりです。

  • 頭がぼーっとして働かない
  • ちょっとしたことでいらいらする
  • 体がだるい
  • 立ち仕事をしているとすぐに腰や背中が痛くなる
  • 疲れやすい、持久力がない

毎日炭水化物をほとんどカットしていたために、糖質をエネルギー源としていた体の各器官が働けなくなってしまったのです。

痩せた時に脂肪だけでなく筋肉も落ちてしまったようで、体力の低下や血行不良による冷えや凝りも出てきました。これはかなり辛く、仕事にも支障が出ました。

炭水化物抜きダイエットのコツ

実際にやってみた感想は、炭水化物を抜くことで確かに痩せられる半面、体に悪いことをしたなということでした。

面倒なカロリー計算はいらないですし、同じものを食べ続ける必要もありません。手間がかからず、短期間で効果が出るのでついついはまってしまいましたが、やはりそれなりのリスクがありました。

大切なのは適度な量とバランス

私の失敗の原因は主食をほとんどカットしてしまったことです。私のように体調不良になってしまっては、せっかくのダイエットが台無しになってしまうので、全食の炭水化物を抜くことは絶対にやめましょう。

糖質摂取量がオーバー気味なら、まずは間食の見直しからするといいかもしれません。小麦粉を使ったお菓子をやめるだけでも違ってくるのではないでしょうか。それでもだめなら、1食のごはんの量を一口ずつ減らしたり、野菜の量を増やしたりすることから始めてみましょう。

私は現在、ごはんの量をダイエット前の8割ほどの量で食べています。少しだけ体重は戻ってしまいましたが、その他の不調は特にありません。適度な量を食べながら、体重管理をしていきたいと思っています。

この記事のトピック:

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事