Medium 1f806e47304b8e7c

私がファスティングに成功し、夢のウエスト50cm台になれた方法

ダイエットや美容に効果があるというファスティング。厳しい断食を行って様々な体調不良に見舞われた経験のある私が、酵素ドリンクを使ったファスティングで見事成功!ファスティングの怖さと、嬉しい効果の両方を経験した、私の体験談を紹介します。

ライター:元リバウンド女王  カテゴリー:短期集中  投稿日:2017/08/13

ファスティングとは

ファスティングは、古代ギリシャの時代から健康管理法のひとつとして実施されていました。現在では、アスリートやモデルをはじめ、一般の人も美容やダイエット、健康管理のために行うことが多くなりました。

ファスティングを直訳すると「断食」ですが、全く飲まず食わずというわけではありません。やり方を守って実践すれば、意外と苦しさはありません。内臓が休まりデトックスができ、結果的にダイエットや美肌になるといわれています。

ファスティングをやろうと思った理由

ファスティングをやってみようと思ったきっかけは、ヨガを学び始めたことでした。ヨガをしている人の多くはファスティングを実践していたので、私もやってみることにしました。

しかし、はじめてのファスティングは失敗。あまりにも辛く、「もう二度とやるものか!」と思い、それから3年くらいは、ファスティングをすすめられても聞き流していました。

そんなとき、ヨガ仲間からダイエットや美容面だけでなく、メンタル面にもいい効果があるとすすめられ、いい方法を聞いたことから、再度チャレンジすることに。このチャレンジは概ね成功で、ウエスト58cmを達成!結婚式のドレスを自信をもって着ることができました。

Medium fdbf5e7ae75d4aab

by 6ae2ff2131a2ae03 元リバウンド女王

失敗したファスティングの方法

はじめて実践したファスティングは、インドの修行者が行うような方法。全部で7日間かけて行いました。ほぼ水だけで過ごすような状態で、口にできるのは味がなくエネルギーにもなりそうにないスープの汁だけだったので、肉体的にも精神的にも辛かったです。

7日間やり遂げたという意味では成功でしたし、体重も減りましたが、二度とやりたくないと思うほどの体験でした。

実際のメニュー

準備1日、断食3日、回復3日の計7日間でファスティングを行いました。

断食中の栄養補給は、野菜とスパイスを煮込んだだけの味がないスープのみ。煮込んだ野菜自体は食べません。どうしても空腹の場合は、にんじんをすりおろしたジュースを1日3杯まで飲むことができます。頭痛がすることがあるので、その際は塩を少しだけ舐めます。

ファスティング準備日

Medium 67d8a514a0f7b4d4
  • 朝から水分を十分に摂る
  • 脂質、乳製品、肉、魚、アルコール、カフェイン、味の濃いもの、ファストフード、お菓子を控える
  • 夕食は柔らかく煮た野菜のスープやおかゆを18時までに摂る
  • テレビやスマホを控えてヨガなどをし、早く寝る

プチ断食のような感じです。これだけでも健康になったような感じもしましたし、翌朝体重が1kgほど減っていました。

ファスティング実践日(3日間)

いよいよファスティング(断食)開始です。3日間下記のルールに従って過ごします。

  • 朝は7時までに起床し、二度寝はしない
  • お湯にひまし油を溶かしたものを、ゆっくり時間をかけて飲む
  • 1日を通して、白湯または常温の水を2リットル飲む
  • 1日3回、野菜とスパイスの煮汁を飲む
  • テレビ、スマホ、PCを見ない
  • 散歩、読書、ヨガなどをして過ごす
  • 20分までの昼寝はOK
  • 入浴やシャワーで体を清潔に保ち、気分転換をする
  • 夜は20時までに就寝する

食事を摂らないと、こんなにも時間があるものなんだ!ということに驚きました。時間がたっぷりできて有意義でしたが、頭痛と眠気がひどく、楽しみにしていた読書もはかどりませんでした。

3日間通して、食べられないことの辛さはそれほど強くはありませんでしたが、2日目からは覇気がなくなって、わけもなくブルーな気分になりました。

腸内の不要物を排出するために、お湯200mlにひまし油大さじ1を混ぜたものを1日1回飲みますが、これがかなり飲みにくく、強烈な腹痛が起こります。

ちなみに、ひまし油とは植物のトウゴマの種子からとれる植物油で、昔からアーユルベーダなどの民間療法に使用されてきました。スキンケアなどにも使用されますが、腸内クレンジング、つまり下剤として使用することが知られています。

回復日(1日目)

Medium 98cbe06e006a1120

ファスティング成功の鍵は、回復日にあると言っても過言ではないです。すぐに通常通りのものを食べてしまうと体がビックリするだけでなく、必要以上にエネルギーを吸収しようとするので、リバウンドの可能性があります。基本的な過ごし方はファスティング中と同じで、食事は以下の通りにします。

  • 水分を十分に摂る
  • 朝は10倍がゆの上澄みだけを食べるようにして飲む
  • 昼は10倍がゆを腹6分目くらいまで食べる
  • 夜は10倍がゆを腹8分目くらいまでは食べてよく、ひとつまみ程度の塩を加えても可

味覚がとても繊細になっていると感じました。腹ペコだったので、たくさん食べられるかと思っていましたが、すぐに満腹になりました。

回復日(2日目)

  • 水分を十分に摂る
  • 脂質、乳製品、肉、魚、アルコール、カフェイン、味の濃いもの、ファストフード、お菓子は控える
  • 柔らかく炊いたご飯と、柔らかく煮た野菜のスープを食べることができる
  • 味付けはごく薄味に仕上げる

以後は徐々に普通の食生活に戻します。ファスティング中の過ごし方をベースにし、食事は刺激物や味の濃いもの、食べ過ぎは控えるのが理想的だそうです。

減量には成功したものの、様々な不調が

7日間のファスティングの結果、体重は53kgから47kgに、体脂肪率は24%から20%になりました。食べないと決めて取り組んでいるので、予想よりは食べないことの苦しさはありませんでした。

しかし、常軌を逸するほどの痛みや眠気に襲われ、痩せたというよりはやつれた感じになってしまいました。ファスティング後は体力が低下し、顔も青白くなりました。

主な症状は以下の通りです。

強烈な頭痛

Medium b5036520892945b5

ファスティング1日目の午後から頭が痛くなり始めました。はじめは気のせいかな?と思う程度の痛みでしたが、夜には眠れないくらいの痛みになり、ファスティング中ずっとその痛みは続きました。

風邪の時とも片頭痛とも違う、これまでに感じたことのないタイプの頭痛で、病気にでもなったのかと不安になるほどでした。

塩を少し舐めると、痛みはわずかに和らぎました。どうしても耐えられないときは、黒糖をちょっとだけかじると、何とか耐えられるくらいに落ち着きました。

尋常ではない寒気と眠気

お風呂に入っていても体が震えるくらいに寒さを感じました。エネルギーを摂取していないので、熱を作り出すことができなかったのでしょう。

体がパワーを温存しようとするためか、強烈な眠気にも襲われました。まるで雪山で遭難したかのような寒さと眠気で、散歩やヨガどころではありませんでした。

おさまらない腹痛

ファスティングは内臓を休ませることも目的の一つで、そのために腸の中も空っぽにする必要があるそうです。腸を空っぽにするためにひまし油をお湯に溶いて飲むのですが、これが気持ちの悪い質感でなかなか飲み込むことができませんでした。

そして2時間くらいすると強烈な腹痛とともに便意をもよおします。1度出してもまたその痛みが襲ってきて、もう出るものはないというくらい出したにもかかわらず、しばらく腹痛はおさまりません。腸が腸を食べているんじゃないかと思うような違和感と痛みは、忘れることができません。

食べることへの恐怖

ファスティング後はすぐに「食べたい!」という気持ちになるかと思っていましたが、予想に反して食べることが怖くなりました。

味の濃いものや甘いものを食べたいという気持ちは全くなくなりました。これまで食べていたものがいかに味が濃かったかと実感して、薄味のものや素材の味を楽しんだり、食べ物に感謝する機会にはなりましたが、食べ物を体内に入れることへの恐れの方が勝っていました。

成功したファスティングの方法

基本的なスケジュールは失敗したファスティングと同じ。過ごし方や回復の仕方も同様です。違いは、野菜とスパイスを煮込んだ汁の代わりに、1日3回酵素ドリンクを飲むこと。ルールは以下の通りです。

  • 1日3回酵素ドリンクを飲む
  • 1日2リットル水を飲む
  • 刺激物や味の濃いもの、アルコール、カフェインを控える
  • 空腹時や回復期にも酵素ドリンクを飲んでよい

再チャレンジしたファスティングが成功したのは、酵素ドリンクを飲みながら行ったから。酵素ドリンクのおかげで空腹感もほとんどなく、強烈な眠気にも襲われずに済みました。これは極度な血糖不足や栄養不足からくるエネルギー不足を補うことができたからだと思われます。

酵素ドリンクは、腸の動きを活発にしてデトックスする効果もあるので、お腹がスッキリして肌もキレイになります。

使用した酵素ドリンク

マナ酵素

Medium 65aa48f465e0e859

出典:www.amazon.co.jp

有機栽培や無農薬で育てられた原料を使用して発酵熟成しており、酵素原液100%という他に類をみない濃さが特徴です。1回に20~30mlをそのまま、または水などで割って飲みます。

まずいわけではないですが、濃くて甘いのが私はどうしても好きになれませんでした。量が増えるのが嫌で、割らずにそのまま飲んでいました。

味の好みはともかく、これのおかげで空腹感や体調の悪さもあまり感じずに過ごすことができました。栄養失調にもならずに済んだので、はじめてのファスティングの時のような青白さや覇気のなさもありませんでした。

酵素ドリンクファスティングで得られた効果

ウエストが58cmに!

Medium 3f8dc262179d3b0f

最初のファスティングと違い、酵素ドリンクを飲みながら行ったファスティングでは顔も青白くならず、極端な体力低下もありませんでした。

体重は47kgから46kgと1kg減にとどまりましたが、ウエストが61cmから58cmになりました!自分のウエストが50cm台になるなんて考えたこともなかったので、ビックリしました。

味覚が敏感になり、食事を楽しめるようになった

回復期に食べるおかゆが、とんでもなく美味しく感じました。お米ってこんなに甘くて美味しかったんだ!と感動しました。ゆっくり味わいながら食べるので、お腹だけでなく心が満足したと感じることができて、食事への感謝の気持ちが沸き上がります。

また、舌が繊細になり、濃い味のものを欲しなくなります。味を薄くして味わって食べると、たくさんの量を食べなくても十分だと思えるようになるので不思議です。

体や頭の感覚が冴えた

体の中がほとんど空っぽになり、極力スマホなどの情報が発信されるものとの接触を控えて過ごしていると、体や頭の感覚がとても冴えていることに気づきます。

匂いにも敏感になり、五感が研ぎ澄まされているのを味わうことができ、とても気持ちのいい状態です。生き物として本来持っている機能を回復したような感じで、イキイキしていると感じました。この状態でするヨガは最高に気持ちがよく、いい経験になりました。

デトックスできて美肌に

Medium 37bbf9f93453a880

ファスティング中は食事を摂っていないにも関わらず、便意は訪れます。なんだか不思議な感じがしましたが、これまでの生活でため込んだものを体外へ出そうとしているからなのでしょう。

普段は生命活動を維持するために食事・消化・排泄にエネルギーを費やしていますが、食を断つと排泄にのみエネルギーを使うことができるようになります。つまり不要なものを出すことに全力が注がれる状態になるのだそうです。

肌は腸の映し鏡だといいますので、腸がキレイになると肌もキレイになります。ハリつやがよくなり、透明感が出ました。外的なケアのしすぎで失われていた肌本来の力が目覚めたような感じがしました。

しかし、酵素ドリンクの味は好きになれず・・・

酵素ドリンクを使ってファスティングに成功しましたが、辛かったのはその酵素ドリンクの味がどうしても好きになれなかったこと。また、とろみがあり濃厚なのが、かえって飲みにくかったです。

酵素ドリンクは砂糖を使っていないものを選びましたが、ものすごく甘かったです。その後も何度かファスティングを行い、何種類かの酵素ドリンクを試しましたが、やはりどれも甘かったです。はじめは甘くて美味しいと感じるのですが、その日の夜には飽きてきます。

1本あたり4,000円くらいから1万円越えと、決して安くはないドリンクを3本くらい買う必要があるので、もっと快適なファスティングサポート商品ができるといいなと思いました。

ファスティングの注意点

栄養の摂取を一時的に断つという行為は危険も伴います。妊娠中や授乳中はファスティングを行わないでください。持病がある場合や、ちょっと元気がないと感じる時にも行わないようにしましょう。

また、上手に実践できたとしても、多少の眠気や冷え、頭痛を感じることがあります。仕事にも集中しづらい状態になるので、健康状態にも配慮しながら、実施する期間を事前に決めて、計画的に行うことが重要です。

無理なファスティングはしないで

個人的には、ファスティングはおすすめしません。よかったこともありますが、回復をしっかりしないとリバウンドの可能性も高くなります。ファスティングのためにスケジュールをしっかり空ける必要があるというのも、高いハードルになります。

それでもファスティングを実践してみたい場合は、酵素ドリンクなどで必要最低限の栄養を補給して、しっかり回復期間を設けて行ってください。合宿に参加するのもいい方法のひとつだと思います。

私はファスティングの経験を活かし、月に一度くらいは夕食を粗食にして味覚を調整し、食べ過ぎや甘いものを食べたくなることをリセットしています。これでも効果を感じることができるので、まずはこんな試し方もよいのではないでしょうか?

この記事のトピック:

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事