Medium f696825b12699611

夕食後のフルーツをやめただけで体脂肪率3%減!原因は?

食事や運動に気をつけていても、なかなか下がらない体脂肪率。私は夕食後のフルーツをやめたことで、体脂肪率を3%下げることができました。その変化をグラフでご紹介します。夕食後のフルーツがダイエットの邪魔をしていた原因も、一緒に調べてみました。

ライター:こっちゃん  カテゴリー:生活習慣  投稿日:2017/08/27

この体験談を書いた人

89819dadcfce5057こっちゃん

現在27歳、アラサーです。私が若かりし高校一年生の頃に最大で96kg体重があり、入学早々に学校の健康診断で引っかかり…医師から「このままでは早死にする」と言われ、ダイエットを開始。これまで食事制限や運動で数々のダイエットをしてきたので、その結果などを書いていきたいと思います。

夕食後のフルーツをやめてみた結果・・・

Medium f90f133a6340c603

年中ダイエットを心がけている私。食事も1日に1200kcal程に収め、運動も毎日しっかりしているのに、体脂肪率がなかなか下がりませんでした。

しかし、「あるもの」をやめたことで、1ヶ月程度で体脂肪率が自然に3%も下がっていました。そのあるものとは、「夕食後に食べていたフルーツ」です。

夕食後に食べていたフルーツをやめ、その代わりにご飯・パンを少しだけ増やす、という食事法に変えてみました。

もともとはスイーツの代わりだった

もともと、フルーツを食べ始めたのは、夕食のデザート代わりにするのが目的でした。

ダイエットを続けていると、どうしても甘い物が食べたくなります。しかし、大好きなケーキを食べてしまうと、高カロリー(ショートケーキ1個で350〜400kcal)で、お値段もかかってしまいます(有名店だと1カットで500円ぐらい)。

そんなときに、生のフルーツを代用することを思いつきました。カロリーが低く、お財布にも優しいという理由から、夕食後100kcal分のフルーツを食べていました。

フルーツ100kcal相当の重量
りんご 175g
ぶどう 170g
オレンジ 217g

りんごは小1つ、ぶどうはデラウエア2房くらいでしょうか。果物は水分が多く含まれているので、100kcal分食べるとなると結構な量になります。

面倒になって、フルーツの摂取を中止

Medium 23c9a0ff8dbe42c0

by 89819dadcfce5057 こっちゃん

ところがズボラな私には、フルーツを忘れずに買っておくのが面倒になってきました。また、正確なカロリーを把握するため、秤を使って重さを確認するのも億劫な作業でした。

結果、夕食後のフルーツはおざなりに・・・。しかし、これが体脂肪率を減らすのに効果的だったのです!

体脂肪減!見た目にも変化が

夕食後のフルーツをやめたことで、体脂肪に変化が現れました。その変化を記録したグラフをご紹介します。

夕食後にフルーツを食べていた頃

Medium c0809bf2a7654148

by 89819dadcfce5057 こっちゃん

私のBMI指数は19〜20程度。標準が22だと言われているので、この数値だけを見ると「少し細め」に入ります。

しかし、私の体脂肪率は30〜32%程度で推移しており、高い時だと34%を超えます。ダイエット前はMaxで38%あったので、少しは減りましたが、30%を切ることがなかなかできません。どうしても体脂肪が邪魔をして、実際の体重より太って見えてしまうのが私の悩みでした。

夕食後のフルーツをやめた後

Medium 67f698fd5194cfe2

by 89819dadcfce5057 こっちゃん

夕食後のフルーツをやめただけで、体脂肪率が減っていきました。27〜30%程度、日によっては25%程度を記録することも。若干変動はあるものの、平均で3%程度は体脂肪率が下がっています。

見た目の変化

Medium 90b0e41ba0c7a079

体脂肪率が下がってから、体重・見た目にも変化が現れました。

  • 顔周りの余分なお肉が減った
  • 体重は1〜2kg減
  • 友達から「すごい痩せた?小顔になってる!」と驚かれた

3%減でも見た目にも変化が出るとは、体脂肪恐るべしです。ところで、食後のフルーツをやめただけで、なぜこれほど体脂肪率が下がったのでしょうか。

夕食後のフルーツをやめて体脂肪が減った理由

Medium ac034c2e25f812e1

夕食後のフルーツやめただけで体脂肪率が簡単に下がるなんて、と最初は疑問に思いました。実際、フルーツはカロリー・糖質ともにご飯やパンよりも低い数値です。

100gあたりのカロリー 糖質
りんご 57kcal 14.1g
ぶどう 59kcal 15.2g
白米 168kcal 36.8g
食パン 264kcal 44.4g

なぜフルーツをやめたことが、体脂肪率の低下につながったのか。これはフルーツに含まれる果糖が影響していたのだと思います。

  • 果糖は主に肝臓で代謝されるが、余剰分は脂肪として蓄積される。また、VLDLコレステロールなどを増加させる恐れがある。
  • ブドウ糖(ご飯やパン等に含まれるデンプンや砂糖などの糖類)は脳の満腹中枢に働き、食べ過ぎを防ぐ働きがある。一方で、果糖には食欲抑制の働きがない。

白米や食パンと比べて、果物には多くの果糖が含まれてます。果糖は、清涼飲料水の甘味としても使われています。

100gあたりに含まれる果糖
りんご 6.0g
ぶどう 7.1g
白米 0g
食パン 2.3g

私は100kcal分の果物を食べていたので、果糖を多く摂取していた計算になります(りんごで10.5g、ぶどうで12g)。夕食後は動く機会もなく、果糖が脂肪に変わりやすいタイミングです。

夕食後のフルーツをやめたことで、脂肪の元となる果糖を減らせたことが、今回の体脂肪率低下につながったのだと思います。

食べ方次第でフルーツはダイエットの味方に

今回夕食後のフルーツを抜いたために、体脂肪率を減らすことに成功しました。とは言え、フルーツを全く摂ってはいけないというわけではなく、食べ方によってはダイエットに嬉しい効果をもたらします。

  • 朝食をフルーツに置き換えることで、摂取カロリーを無理なく減らせる。
  • フルーツは食物繊維が豊富なので、整腸作用・便秘解消に期待ができる。
  • 酵素が沢山含まれており、アンチエイジングやデトックス効果がある。
  • 美肌づくりを助ける。
  • ダイエット中でも、甘い物は食べたい!という欲求を満たしてくれる。

フルーツの摂りすぎはよくありませんが、ケーキやクッキー、ドーナツを食べるより、果物を食べたほうがいいですよね。

フルーツを食べる際は、その量とタイミングに気をつけるようにしましょう。

ダイエットを我慢せず、美味しく楽しく頑張るのに役立つフルーツ。しかし、夕食後のフルーツは体脂肪の敵だということもわかりました。毎日夜にフルーツを食べているという人は、その習慣をやめてみるといいと思います。

この記事のトピック:

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事