Medium a267ecbb30f74363

ロングブレスダイエットでお腹が引き締まるのか検証!方法は?

美木良介さんがテレビで紹介していたロングブレスダイエット(呼吸法ダイエット)を2週間やってみました。私が実践したロングブレスダイエットの方法や実感した効果についてレポートします。

ライター:しー  カテゴリー:部分痩せ  投稿日:2017/11/25

ロングブレスダイエットを始めたきっかけ

年々、体のラインが崩れていくのが悩みでした。全体的に引き締まった体にしたい!と思っていたところ、ダイエット番組でロングブレスダイエットが紹介されているのを見ました。

美木良介さんが考案した呼吸法を実践するだけで、体の中の脂肪が燃焼し、引き締まった体が手に入る…というものです。ロングブレスダイエットなら今すぐにでもできると思い、2週間、毎日実践してみました!

ロングブレスダイエットとは?

美木良介さんのロングブレスダイエットは、息を思いっきり吐いて、体幹を鍛えるダイエット方法です。

DVDで完璧にわかる!美木良介のロングブレスダイエット 必やせ最強ブレスプログラム

Medium 29bab7533a3f5da3

出典:www.amazon.co.jp

美木良介さんが出版されている雑誌の最新刊です。基本のロングブレスからハードなものまで、約70分間収録されているDVD付きです。

鍛えたい部分を自分でチョイスできるようになっているので、この雑誌やDVDを見ると、短期間で効果的にダイエットすることができます。

ロングブレスダイエットのやり方

ロングブレスダイエットには4つのやり方があります。

  1. 手の動きを加えてロングブレス
  2. 手をおなかと腰にあててロングブレス
  3. ロングブレスウォーキング
  4. 座ってロングブレス

私は、1と2だけを試しました。食事制限は特に行わず、ドカ食いしないことだけを意識しました。

私が実践したロングブレスダイエット(1と2)

方法1
①足を少し開いて立ち、交差させる
②お尻に力を入れて、後ろの足に体重をかける(体は少し後ろ斜めに)
③おなかを凹ます
④腕を左右に開いて頭の上まで持っていき、3秒で息を吸う
⑤3秒で強く息を吐き、腕も左右にサッと下ろし体の前で力を入れてキープ
⑥残り4秒で苦しくなるまで息を吐き切る

私が実践したロングブレスダイエットの「1」の方法です。ステップ①と②は、1分間常に保ったままで、③から⑤を6回繰り返します。

方法2
①自然に立ち、手をおなかと腰に当てる
②おなかを凹まし、お尻に力を入れる
③3秒で息を吸う
④3秒で強く息を履き、残り4秒でおなかをもっと凹まし、息を吐き切る

私が実践したロングブレスダイエット「2」の方法です。ステップ①と②は、1分間常に保ったままで、③から④を6回繰り返します。

毎日2つの呼吸法を合計2分間、2週間続けてみました。

実践した場所

美木良介さんは、鏡を見ながら行なうことをすすめていました。

理由は2つ。「後ろに体を傾けているか、おなかがきちんと凹んでいるかが分かるから」、「体のラインが変わって来るのを見ることで、モチベーションが上がるから」です。

なので、最初は全身鏡があるバスルームでロングブレスをしました。

バスルーム

Medium f99051693ac6d2bc

by 9ba2f293b6ab09e5 しー

何日かバスルームで呼吸してみたのですが、コツが分からず、成果が得られるような呼吸法になりませんでした。1回で汗が噴き出ると言われていたのですが、なかなか汗は出ません。ちなみに、汗が出ないのは、ただの深呼吸だそうです(笑)。

リビング

Medium 12be86c04d43e897

by 9ba2f293b6ab09e5 しー

私は、美木良介さんが出演されていたダイエット番組を録画していたので、リビングでDVDを参考にしながら真似することにしました。

この真似をしながらというのが、とても良かったと思います。最初に紹介した雑誌にもDVDがついていて、ロングブレスのやり方が分かりやすく収録されています。そのDVDを見ながら、真似をするのがおすすめです!

タイマーを活用

ロングブレスの率直な感想は、「コツをつかむまでに時間がかかる」です。

吸う3秒、強く吐く3秒、最後に吐ききる4秒、この秒数の感覚をつかむためにタイマーを使ったりもしました。

強く吐く3秒が2秒で吐き切ってしまって、計7秒も吐く時間が続かなかったりしたので、秒数の感覚をつかむのにタイマーは助かりました。

Medium 6ea640d039d81d70

by 9ba2f293b6ab09e5 しー

真似したり、タイマーを利用したりして、7秒で息を吐き切る感じもわかりました。この2分間、体中に力を入れていました。そうすると、ようやく汗が噴き出る呼吸法ができるようになりました。

そのコツをつかむまで4日くらいかかりましたので、正しいロングブレスダイエットができたのは10日間くらいです。

2週間のロングブレスダイエットの結果

2週間、ロングブレスダイエットをやってみた結果、体にさまざまな変化がありました。

1kg痩せに成功した!

体重は2週間で1kg減りました。私は体重を減らすより引き締まった体を目指していたので、これは予想外の結果です。

とはいえ、私は標準体重をオーバーしていて、割と痩せやすい体質です。そのため、もともとの体重や体型によっては、短期間での減量は難しいかもしれません。

おなか前面が少し引き締まった!

鏡でチェックすると、肋骨のラインがうっすらと見えるくらいにおなか前面が引き締りました。まだ2週間しかやっていないので周囲からは気付かれない程度ですが、これはこれで達成感があります。

ウエストが細くなったというよりは、胃にあたる部分とおへその下あたりの脂肪が落ちたような感じです。もっと続ければ、ほかの部位も引き締まる可能性があります。

冷え性が無くなった!

暑がりなのに足が冷えてしまう事の多い私ですが、このダイエットをしている間は、体がいつもポカポカしていました。体中の新陳代謝が良くなり、冷え性が改善された気がします。

肌にツヤが出てきた!

汗が体中から噴き出してくるので、顔ももちろん汗をかきます。その結果、肌の新陳代謝が良くなり、肌にツヤが出てきました。

ロングブレスダイエットを続けるコツ

一見、簡単そうなイメージがあるロングブレスダイエット。しかし、簡単そうという理由で始めると思わぬ壁にぶつかって挫折するかもしれません。

そこで、ロングブレスダイエット続けるために知っておきたいコツをご紹介します。

意外とハードだと心の準備をしておくこと

ロングブレスダイエットは、一見ただの呼吸法ですが、意外にハードです。私は終わった後に、必ず15分間くらい休んでいました。疲れがドッと出る感じです。

後になって分かったのですが、ロングブレスは2分という短い時間に、ハードなエクササイズを詰め込んでいるのだそうです。疲れてしまっても無理はないですよね。

ある程度気合を入れてから始めないと、運動不足の人には続けるのが難しいかもしれません。実は私も、気力が続かずなまけたことがあります。心の準備をしておきましょう。

場所を選ぶダイエットだと理解しておくこと

ロングブレスダイエットは呼吸法なので、いつでもできそうと思っていました。でも実際はそうではありませんでした。

体中に力を入れて真剣に呼吸しないと、汗が噴き出る呼吸法ができませんし、DVDを見ながらする必要があったので、場所を選びます。こういった理由から、私は続けることが難しくなり、2週間で終わらせてしまいました。

場所を選ぶダイエットだと理解しておき、1日のスケジュールにあらかじめ組み込んでおくことをおすすめします。習慣にできたら理想的ですね。

プログラムを完璧にやろうとしすぎないこと

意外にもハードであること、そして場所を選ぶことを踏まえると、プログラムを完璧にやろうとしすぎないことも大切です。

私の場合、その時々に応じてプログラム1と2のどちらかだけを行うようにしたり、2~3日に1回、どちらかのプログラムをやるようにしたりと、柔軟に内容を変えて継続させました。

自分に無理のない範囲で行うようにすると、効果が出るまで長続きさせられると思います。ロングブレスを減らすことを不安に思う場合は、軽い食事制限を並行しても良いでしょう。

また、ロングブレスをお休みする日は、ウォーキングのようなほかの運動を行って気分転換をしても良さそうですね。

ロングブレスダイエットの注意点

私がロングブレスダイエットをしたとき、以下のようなトラブルがありました。念のため注意しましょう。

首から頭にかけての違和感

息を吐き切った時、首から頭にかけて、違和感がありました。首の後ろ側の筋がジーンとする感じでしょうか…。「息を吐ききって酸素が足りなくなったからかな?」と思いながら、毎日続けていました。

しばらくすると自然と治まるのですが、原因が分からないため不安になります。血圧が過度に上昇している可能性もあるので、持病がある人は特に注意した方が良いでしょう。

肩こり

ロングブレスダイエットでは、腕を上から下に動かします。そのため、肩こりが解消されるかもしれないと思っていましたが、私の場合は肩こりがひどくなりました。

体に力が入りすぎていたのかとも思いますが、原因はわかりません。先述の首の違和感とともに出てきました。肩こりの悪化は日常生活にも影響しますので、あまりにひどい場合は中止するか、やり方を見直す必要があります。

そのほかの注意点

私に起こったトラブルのほかに、以下のようなトラブルが起こる可能性があります。

  • 体重のかけすぎによる転倒
  • 体を後ろ斜めにしすぎることによる腰痛
  • 両腕を動かすことによるケガや物の破損
  • 坐骨神経痛の再発

息を吐ききることや正しい姿勢を意識しすぎることで、体の一部に過度な負担を与えてしまうことが、トラブルの主な原因と考えられます。

違和感が生じたり、体に不調が起こったら、一度立ち止まって、ロングブレスダイエットを続けるかどうか検討しましょう。

思った以上にハードなロングブレスダイエットでしたが、私は2週間でも十分な効果が出ました!注意点に気を付けながらロングブレスダイエットを長く続ければ、更なる引き締め効果やダイエット効果も期待できると思います。

運動が苦手な人でもできる方法なので、興味のある方はぜひ一度挑戦してみてくださいね!

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事