Medium c34f3269b38e4252

野菜スープダイエットで飽きないレシピを考案→3kg減に成功!

お腹いっぱいになるまでスープを食べていい「野菜スープダイエット」。飽きないレシピを考案し、1か月で3キロ痩せることに成功しました!私が実践していた野菜スープダイエットの方法・結果・おすすめレシピをお伝えします。

カテゴリー:食事  投稿日:2017/08/22

野菜スープダイエットを始めたきっかけ

1546ea2d4b6a30fe

私は便秘症のためいつも太るのはお腹から。ボトムスが入らなくなり、まずいと思ってダイエットを始めると、ますますお通じが悪くなってしまうのが常でした。「便秘の解消」がダイエットの成功を左右するキーワードとなっていたのです。

そんな時、同じように便秘に悩んでいる知人から、野菜スープダイエットを教えてもらいました。調理が面倒だと思ったのですが、一度スープをごちそうになったら思ったよりおいしい!しかもすっきりたっぷりお通じがあって大感激!今までとは違う手ごたえを感じ、続けてみることにしました。

私が実践した野菜スープダイエットの方法

私が行った方法は、野菜スープを毎食お腹いっぱい食べるというものです。野菜スープダイエットは、ストイックに実行すると1週間で3~5キロの減量が可能!といわれていますが、私の目標は1か月で3キロなので食前にスープを食べ、その後に普通の食事をとることにしました。

脂肪燃焼効果の高い玉ねぎやキャベツがメインのスープなので、やせるだけでなく血液循環がよくなるそう。また、血糖値やコレステロール値が改善したり、免疫力を上げ病気にかかりにくい体になったりするらしいので、期待が高まりました。

私が実践したルールは以下の3つです。

①毎日欠かさず野菜スープをお腹いっぱい食べる

野菜スープは食前にお腹いっぱい食べます。

その後は普段通りの食事をしてもよいのですが、実際はお腹がいっぱいになってあまり食べられなくなりました。スープはたくさん食べても200kcal程度だったので、安心してたっぷり食べました。

②甘味料・アルコール・炭水化物をできるだけ減らす

Ae2e1fc292e25814

野菜スープダイエットは、脂肪を燃やしてエネルギーにしてやせるというのが目標です。

基本的に糖分は脂肪燃焼の邪魔になります。砂糖だけでなく、ジュースやアルコールに含まれる糖分にも気をつけました。炭水化物も同様に糖質からできているので、できるだけ減らすようにしました。

③脂肪燃焼効果の高い野菜を使う

私は野菜スープに脂肪燃焼効果の高い以下の野菜を入れるようにしました。効能と共に紹介します。

キャベツ

美容にいいビタミンC、胃腸を整えるビタミンU、イライラを解消するといわれるカルシウム、食物繊維などが豊富です。煮ると活性酸素を除去する力が生のキャベツの5倍になるので、スープに最適なんだそう。

玉ねぎ

ポリフェノールの一種のケルセチンが豊富に含まれ、抗酸化作用が高いだけでなく、血液をサラサラにして代謝をアップ。脂肪の吸収も妨げてくれます。

トマト

抗酸化で知られるリコピンが豊富なのはもちろん、脂肪燃焼効果がある13-OXO-ODAというリノール酸が含まれていて、肝臓で脂肪燃焼に働くたんぱく質を多く作ってくれます。

セロリ

442c0a512d2106f6

むくみやだるさを解消するカリウム、抗酸化作用の高いビタミンA、食物繊維が豊富です。ダイエット中にありがちなミネラル不足の予防に。

マイタケ

きのこ類は食物繊維が多く非常に低カロリー。しかもいいだしが出ておいしいので、積極的にスープに入れたい食材です。特にマイタケは「グリスリン」という脂肪燃焼に効果の高い成分を多く含んでいるのでおすすめです。

私が作った野菜スープのレシピ

基本の野菜スープ

983230615dadeacc

by 44800b6134923a0f とびら

材料
玉ねぎ 大3個
キャベツ 半玉個
トマト缶 1缶
ニンジン 1本
セロリ 1本
ピーマン 1個
マイタケ 1P
コンソメ 1個
作り方
①すべての材料を食べやすい大きさに切る。
②大きな鍋に切った野菜を入れひたひたに水を注ぎ、トマト缶とコンソメを加え火にかける。
③沸騰したら火を弱め、15分くらい煮る。

このレシピで作ると、だいたい3日で食べ終わりました。

和風みそ野菜スープ

材料
白菜 1/3個
ニンジン 1本
大根 1/4本
長ネギ 2本
昆布 10×10cm
和風だし 1袋
みそ お玉1/3
ごま・生姜すりおろし 適宜
作り方
①野菜は食べやすい大きさに切る。昆布も2cm角位に切る。
②大きな鍋に切った野菜と昆布を入れ、ひたひたの水と和風だしを加え火にかける。
③沸騰後15分煮たらみそを溶き入れる。食べる時にごまと生姜のすりおろしを添える。

キャベツの価格が高い時や、いつものトマト味に飽きた時におすすめです。

カレー風味野菜スープ

F123904ef349234f
材料
玉ねぎ 大3個
ニンジン 1本
セロリ 1本
マッシュルーム 10個
なす 3本
とりむね肉 300g
コンソメ 1個
カレー粉 大さじ3
作り方
①野菜ととりむね肉は食べやすい大きさに切る。
②大きな鍋に野菜類と肉を入れ、ひたひたの水とコンソメを加え火にかける。
③沸騰後15分煮たらカレー粉を入れる。

野菜スープが味気なく感じる時、カレー味なら食欲をそそってくれます。

野菜スープダイエットの効果

野菜スープダイエットを1か月間続けてみた結果を紹介します。

結果発表

1週目:1キロ減!便秘も解消

体重は1キロ減。スープでお腹がいっぱいになるのでひもじさはなかったのですが、空腹になるのも早いので、間食にも野菜スープを食べて過ごしました。便秘が解消され、すっきりどっさり感がうれしかったです。

ダイエットする時はいつも便秘に苦しめられてきたので、経験したことのないようないいお通じがありました。

2週目:合計2キロ減!甘いものを間食しなくなった

さらに体重1キロ減。ここまでですんなり2キロも落ちて驚きました。野菜スープを食前に食べるので通常の食事をたくさん食べられないのと、便秘解消のおかげだと思います。野菜スープでお腹は満たされているので、以前のように甘いものを間食しなくなりました。

3週目:体重変動なし。飽きたのでスープをアレンジ!

A84557575a9aa68e

体重は増減なし。野菜スープにちょっと飽きてきたので、1回に作る量を半分にしてウインナーやベーコンを入れたり、味を濃くしたり、牛乳や豆乳を加えたりしてみました。食べたいものは我慢せず、通常の食事でおいしくいただくようにしました。

4週目:合計3キロ減!ストレスなし◎

最後の1キロが減って目標達成です!朝すっきり目覚めることができるようになって、とても快調な4週目でした。野菜スープを食べないとお通じもなくなるかもと、半ば依存のようになってきました。お腹が減るというストレスがなく、3キロも減らすことができたのは驚きでした。

野菜スープダイエットのメリット&デメリット

野菜スープのメリット

お腹いっぱい食べられる

メリットとしては、お腹いっぱいになるまで食べていいということ。思い切り食べることができて、ストレスが溜まることはありませんでした。

体調よく健康的にダイエットができる

8df9b4c47e5e503b

朝の目覚めがよくなったのと、夕方になると感じていたむくみがなくなっていました。便秘の解消から肌荒れがなくなり、化粧のノリがよくなるという効果も。野菜パワーのおかげで疲れにくくなりました。

野菜スープのデメリット

コスパが悪い時期がある

野菜の時価によって高くつくことがあります。私が実践した時期はキャベツが高かったので、キャベツの量を減らして工夫しました。

おならが出る

繊維が多いためか、おならが出て困りました。また、お通じがゆるくなりすぎてしまうこともありました。

手間がかかる

作るのにやはり手間がかかります。たくさん作った時は、暑い時期だったので傷んでしまうこともありました。

塩分をとりすぎてしまう

1cfcb803c4f667ab

飽きてきた時に味を濃くしてみましたが、その時は塩分をとりすぎてしまったように思います。作り方によっては塩分過多が心配です。

相対的に見ると、野菜スープダイエットはノンストレスで健康的にやせられる、かなり優秀なダイエット法だと思います。作る手間はありますが、特に健康に痩せたい方にはメリットが多いはず。ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

この記事のトピック

人気記事