Medium 1009e44f54552521

糖質制限ダイエット2週間で体重に変化なし...実感したデメリット

太る原因になると言われている糖質を減らす「糖質制限ダイエット」に2週間チャレンジしてみました。しかし、糖質をしっかり制限したはずなのに、あまり体重に変化なし…。失敗の原因や、糖質制限ダイエットの方法を詳しく紹介します。

ライター:まかろん  カテゴリー:短期集中  投稿日:2017/11/01

糖質制限ダイエットに挑戦

産後太りでそろそろ体重を産前に戻したいけど、食べることが大好きなのでしんどい食事制限は嫌…と思っていた時に気になったのが、糖質制限ダイエットでした。

糖質にさえ気をつければ、食べる量にあまり制限がないことと、大好きなお肉や、スイーツも糖質オフのものなら食べられると知り、やってみようと決意しました!

これから、私が実際に行った糖質制限ダイエットの方法や結果を、具体的に紹介していきたいと思います。

糖質制限ダイエットって?

Medium f142c552ea627b12

糖質制限ダイエットは、「糖質」の摂取量を制限するダイエット法です。糖質は主食であるご飯、パン、麺類をはじめとする炭水化物や、フルーツ、お菓子などに多く含まれています。

人のエネルギー源である糖質は、生きていくために必ず必要なものですが、現代人は糖質を摂りすぎていて、糖質過多になると肥満や成人病になる可能性が上がってしまうんです。そのため、糖質の摂取を減らして、健康な身体になりましょうという専門家が近年増えています。

糖質を減らすと、溜まった脂肪が分解されてエネルギーになりますし、また血糖値も上がり過ぎないので、ダイエットにも非常に効果的だそうです。

糖質はどれくらい摂っていいの?

糖質制限ダイエットは、制限する量によって難易度と効果が変わります。自身の身体の状態や目指す体型によりますが、最初は難易度の低いものから始める方が無難です。

糖質制限ダイエットの種類
スーパー糖質制限 糖質量30〜60g(1日) 難易度★★★
スタンダード糖質制限 糖質量80〜120g(1日) 難易度★★☆
プチ糖質制限 糖質量120〜170g(1日) 難易度★☆☆

私は早く痩せたかったので、炭水化物を全面カットするスーパー糖質制限を行いました。しかし、身体のことを思うとあまりおすすめはできません。

主な食べられるものと糖質量

Medium 33f99a0cf03b3206
  • 豚肉・鶏肉(0〜0.1g)
  • 魚類(0〜0.1g)
  • 糖質の少ない野菜(ブロッコリー/0.8g・キャベツ/1.1g)
  • 乳製品(チーズ/1.3g・ヨーグルト/4.9g)
  • 大豆製品(厚揚げ/0.2g・豆腐/1.7g)

糖質制限中に食べられる主な食べ物と、100gあたりの糖質量です。食品の糖質量はネットや本などで調べて、食べる前に計算していました。

私が行った糖質制限ダイエットのルール

  • 3食しっかり食べる
  • 糖質を1日60gまでにとどめる
  • カロリーは減らさない

今まで朝食を抜くことが多かったのですが、しっかり朝から食事を摂りました。糖質は調味料にも含まれるので、サラダを食べる時は糖質が少ないマヨネーズやシーザードレッシングを使用。お肉やお魚は塩こしょうで焼くなど、シンプルな味付けで食べていました。

私が実際に食べていたもの

  • お肉&チーズ入りオムレツ、ゆで卵
  • ローストビーフ、ウインナーなどの肉加工品
  • 手作り鶏ハム
  • コンビニのサラダチキンを乗せたサラダ
  • プロセスチーズ、ギリシャヨーグルト
  • おぼろ豆腐
  • 糖質オフスイーツ、糖質オフパン

簡単に調理できるものや、加工品に頼っていました。甘いものが欲しいときは、糖質オフのスイーツをスーパーやコンビニで購入していました。

おすすめ糖質オフレシピ

厚揚げのとろけるチーズ乗せ

Medium b4f03061368faadf

by F067aef7a35a5ae9 まかろん

材料(1人分)
厚揚げ 1パック
とろけるチーズ 1枚
キムチ 適量
作り方
①厚揚げは油抜きして一口大に切る。チーズは厚揚げのサイズにちぎっておく。
②フライパンを熱し、厚揚げをこんがりするまで焼く。
③とろけるチーズを乗せて蓋をする。
④チーズがとろけたらお皿に盛り、キムチを乗せて出来上がり。

私が実際に作って食べていた糖質制限レシピです。レシピを工夫すると、飽きずに続けられますよ。

糖質制限ダイエットの効果

最初の1週間でマイナス1kg!

糖質制限ダイエットを始めて1週間で、体重はマイナス1kgと良いスタートが切れました!モチベーションが上がったことで、「とりあえず2週間頑張ろう!」と継続を決意。

食べられないものより、食べられるものが意外とあるということに意識を向けられたのが、継続できた秘訣だと思います。

しかしその後体重は減らず…

このまま良いペースで体重が減ってくれることを期待しましたが、変化はありませんでした。増えもせず減りもせず、面白いくらいに現状維持でした。

主食が摂れずにお腹が空いてしまい、糖質オフの食べ物を間食などで食べ過ぎてしまったため、カロリーオーバーしていたんだと思います。しっかりと糖質量は守っていても、それ以外の食べ物を食べ過ぎていたら減量効果が期待できないようです。

ただ、食べる量が増えてしまっても全く体重が増えなかったので、糖質制限自体はやはり効果はあったのだと思います。

糖質制限をダイエットを2週間続けて感じたデメリット

集中力がなくなり、フラつくことも

Medium 8726d68dfcb399cb

いきなり主食を全面カットしたので、フラつくことがありました。それもそのはず、糖質を減らすことで集中力がなくなり、ぼーっとすると言われているんです。

極端な糖質制限は、体調悪化やリバウンドにも繋がります。本当は少しずつ減らしていくのがベストなので、私のようなダイエットは避けてくださいね。

糖質以外の食品を食べ過ぎてしまう

主食とおかずという生活をずっと続けてきたので、主食がない分どれくらい糖質以外の食品を食べたらよいのか悩みました。とはいえ、糖質が摂れなくてお腹が空くので、食べたい時に好きなだけ食べてしまっていました。

間食にチーズやナッツ、糖質オフケーキなどをよく食べていたので、今考えると食べ過ぎだったと思います。いくら糖質を制限していても、普段の2倍3倍と食べていれば、カロリー過多となってしまい、痩せるのは難しいです。

糖質量の計算が大変

Medium cc8596f097af023a

スーパー糖質制限の場合、調味料などの糖質にも気を配る必要があります。私は糖質が表示されている商品のみ購入して、1日の糖質量を計算していました。

食費もかかる

安価でお腹がいっぱいになる米やパンと違って、肉や魚などは食費もかさみます。私はリーズナブルな豆腐や厚揚げ、卵を積極的に摂取するようにしていました。

ゆるく長く続けるのがポイント

糖質制限はゆるく長く続けるのがポイントです。きつい糖質制限を短期間行っても、リバウンドに繋がってしまう可能性が高くなります。1食だけ主食を抜いたり、甘いおやつを控えるなど、自分のペースでゆっくり行っていくのがおすすめです。

正しい知識をつけて行えば効果のあるダイエットだと思うので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事のトピック:

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事