Medium 35a0c9ccbb21ebf7

納豆で菌活ダイエット!1か月の効果は?おすすめレシピ3選

納豆の力で菌活ダイエット!今回は、1日1パック納豆を食べるだけの簡単なダイエットに挑戦しました。食事制限はなく、いつもの食事に納豆をプラスするだけです。ここでは納豆で菌活ダイエットの効果や、毎日納豆を食べても飽きないレシピをご紹介します!

ライター:おちゃこ  カテゴリー:食事  投稿日:2017/09/08

この体験談を書いた人

88bb01ee5ef6df57おちゃこ

運動が苦手な、下半身太り気味の20代女です。身長152cm/体重42〜44kg。20代後半に差し掛かり、気になる下半身と二の腕のお肉をなんとかしようと試行錯誤する毎日です。

納豆で菌活ダイエットを始めたきっかけ

Medium a456d69fabc775bd

夏に向けて痩せたいけれど、運動は苦手で続かない…。運動が続かないなら、食事を見直して痩せるしかない!そう思い、私でもできるダイエットを探していました。

ダイエット向けの食品としては、キャベツや豆腐、こんにゃくなどが代表的ですが、その中には納豆もありました。私は納豆が好きだったので、好きな食材でダイエット効果が期待できるなら、と1か月間試してみることにしたのです。

納豆に期待できるダイエット効果

納豆は、大豆から作られる発酵食品です。大豆には、タンパク質や食物繊維など、ダイエットには欠かせない栄養素がたっぷり含まれています。

大豆タンパクでエネルギーを消費しやすい体へ

納豆には「大豆タンパク」と呼ばれるタンパク質が含まれています。タンパク質には、筋肉量を増やして基礎代謝を向上させ、痩せやすく太りにくい体質へ変化させてくれる効果が期待できます。

コレステロール値低下作用も!

大豆には「サポニン」と呼ばれる成分が含まれており、強い抗酸化作用があります。そのためコレステロールや中性脂肪の酸化を防ぎ、代謝促進作用が期待できると考えられているのです。

また、コレステロールや中性脂肪が酸化すると血栓の元となり、動脈硬化や高脂血症、動脈硬化症、高血圧などの原因になると考えられています。納豆は健康面から見ても、おすすめの食材なんですね。

納豆を1日1パック食べるだけ!菌活ダイエットの方法

  1. 毎日1パック食べる
  2. 朝・昼の食事に取り入れる
  3. 加熱しない

以上、3つのポイントに気をつけてダイエットに挑戦しました。納豆は、1パック約40~45g入っているものです。

3種の納豆アレンジレシピ

ここでは、美味しく簡単にできた納豆のアレンジレシピを3つご紹介します。

①納豆と水菜の混ぜご飯

Medium fd167dc2e29793b4

by 88bb01ee5ef6df57 おちゃこ

材料(1人分)
納豆 1パック
水菜 2〜3本(お好み)
雑穀米 お茶碗1杯
鰹節 お好み
醤油 小さじ1
作り方
① 水菜を3〜5ミリ程度に刻む
② 納豆をパックのままで、たれ・からし・水菜を加えて混ぜる
③ 茶碗に入れた雑穀米(お好みで白米)と混ぜ合わせる
④ 醤油を加えて軽く混ぜる
⑤ 最後に鰹節をふりかけて完成

水菜の食感と苦味が、納豆とよく合います。塩分が気になる人は、醤油をやめて鰹節を多めに入れるようにしてください。刻みネギを加えても美味しく食べられますよ。

②豆腐とキャベツの納豆和え

Medium 9a45267bd771f865

by 88bb01ee5ef6df57 おちゃこ

材料(1人分)
納豆 1パック
キャベツ 2〜3枚
豆腐 1丁
生姜 1/4
だし粉 1/4袋
作り方
① キャベツをみじん切りにする
② 生姜を細く刻む
③ キャベツ・生姜・だし粉をビニール袋に入れて、10秒ほど揉んで30分ほど冷蔵庫へ
④ キャベツができたら、豆腐をお皿に移す
⑤ 納豆にたれ・からしを入れて混ぜる
⑥ 豆腐の上に、納豆・キャベツを乗せて完成

キャベツの食感がアクセントになります。スプーンで混ぜながら食べるのがおすすめです。刻んだ大葉を入れても、美味しく食べられます。

③納豆とクリームチーズトースト

Medium f78d69fde13a36c6

by 88bb01ee5ef6df57 おちゃこ

材料(1人分)
納豆 1パック
クリームチーズ お好み
トースト 1枚
バター 1かけ
粗挽き黒コショウ 少々
作り方
① 食パンをトースターで焼く
② 焼いている間に、納豆にたれ・からしを入れて混ぜておく
③ クリームチーズを耐熱容器に入れて、10秒ほどレンジで加熱する
④ トーストが焼けたら、バターを塗る
⑤ その上から、納豆→クリームチーズの順で乗せる
⑥ 粗挽き黒コショウをかけて完成

濃厚なクリームチーズと納豆の、意外な相性の良さが楽しめます。納豆とチーズは混ぜずに、そのままの状態で食べた方が味がはっきりして美味しく感じます。

納豆で菌活ダイエットを1か月続けた結果

体重の推移
   体重の実測値 初日からの差
初日 43.8kg -
1ヶ月後 43.3kg -0.5kg

0.5kgの減量に成功しました。ダイエットとしてはあまり効果はないように感じますが、毎日納豆を食べただけですので、成功と言えるのではないでしょうか。

また、納豆菌による整腸作用の効果なのか、ダイエット中は便秘に悩まされることはありませんでした。

納豆で菌活ダイエットのメリット

納豆は1パック100円前後で手に入るので、とても気軽にダイエットできます。このほか、納豆ダイエットのメリットを箇条書きでまとめました。

  • コスパが良い
  • 調理の手間がかからない
  • 量がちょうど良い
  • どこでも手に入る
  • 女性に嬉しい「大豆イソフラボン」が摂取できる

大豆イソフラボンを摂取できる

Medium c444a8e36f7a71ed

大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをする成分です。月経不順・月経痛の緩和、更年期障害や骨粗しょう症などの予防にも良いと言われています。

納豆1パックには、約36mgの大豆イソフラボンが含まれており、2パックで1日分の大豆イソフラボンを摂取できます。

納豆菌と食物繊維で便秘解消!

納豆ダイエットは、便秘体質の人に特におすすめです。便秘により体内に老廃物が溜まった状態が続くと、摂取した栄養は脂肪に蓄えられてしまうとも言われています。

納豆に含まれる納豆菌は、腸に届くと腸内の善玉菌の働きを助けてくれます。納豆菌の他にも、大豆には食物繊維が豊富に含まれているので、納豆は便秘解消にとても効果的です。

便秘が解消されると、それだけで体重が減ったりお腹周りもスッキリして、ダイエットのモチベーションアップにもつながりますよ。

納豆で菌活ダイエットのデメリット

Medium ea9f497180297130
  • 匂いがきつい
  • 味を変えるのが難しい
  • 調理法が少ない

納豆ダイエットのデメリットは、何よりも納豆そのものの臭いです。私は納豆好きなので、苦痛なくダイエットを試すことができましたが、あの独特の臭いが苦手な人は多いですよね。

今回は味を変えるために、温かい汁物や炒め物に納豆を入れましたが、加熱したせいで部屋中に納豆臭が充満しました。また、納豆を加熱すると、整腸作用のある納豆菌が熱で死んでしまいます。そのため、基本的に納豆は生のまま食べるようにしてください。

また、毎日食べるとそれだけ納豆パックのゴミが出ます。このパックも、しっかり袋で密閉して捨てないとかなり臭うため要注意です。

納豆で菌活ダイエットの反省点

  • 納豆を食べすぎる
  • 食材との相性を調べずに行った

納豆は用意が簡単でおかずの代わりにもなるので、ついつい1日1パック以上食べてしまう日がありました。納豆に含まれる大豆イソフラボンは、多く摂りすぎるのも良くありません。

1日1パックを守り、多くても2パックまでにしましょう。また、ダイエット効果を高めるには、一緒に食べる食材にも注目した方が良さそうです。

よくおすすめされている納豆+キムチは、キムチのカプサイシンにより脂肪燃焼効果がプラスされるので、より高いダイエット効果を期待するなら試してみても良いかもしれません。

納豆で菌活ダイエットは納豆好きにはぴったり!

今回、私は特に運動も食事制限も行わずに納豆で菌活ダイエットを行いました。そのため、1か月間での体重減少量は-0.5kgと微々たるものでした。もし運動も合わせて行っていれば、さらに効果的にダイエットできたのではと感じています。

納豆好きにはおすすめのダイエット法ですので、ぜひ試してみてくださいね。

この記事のトピック:

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事