Medium a1c17a967ce50f2c

温活ダイエットで健康面にもメリットが!おすすめの食べ物は?

冷え性、むくみでぽっちゃり体型だった私が「温活ダイエット」に挑戦しました。温活ダイエットは食べ物にちょっと工夫をするだけなので、運動が苦手な人にもおすすめです。しかも健康面のメリットもあります。ここではダイエット方法や効果をご紹介します。

カテゴリー:生活習慣  投稿日:2017/09/19

温活ダイエットを始めたきっかけ

私が温活に興味を持ったのは、赤ちゃんを授かるため婦人科に通っていたとき「体を温めると良い」というアドバイスをもらったためです。

温活は妊娠に役立つだけでなく、ダイエットにも良いと知りました。体温を上げて基礎代謝を高めることが、痩せやすい体質につながるとされています。これがいわゆる「温活ダイエット」です。

温活ダイエットなら、食生活を少し工夫するだけで行うことができます。運動が苦手な私にピッタリなので、挑戦することにしました。

私の温活ダイエットのやり方

ここでは、私が実践した温活ダイエットのやり方をご紹介します。

体を冷やす食べ物を控える

F4ba8d40a639de1c

温活を意識していなかった頃の私は、体を冷やす食べ物をたくさん食べていました。

たとえば、キンキンに冷やしたビールや焼酎。アイスクリームのような冷たいスイーツ。健康のために積極的に食べていた野菜類も、どれもサラダのような生野菜ばかりでした。

これらの食べ物は、温活ダイエットという観点ではNGなので、控えるようにしました。

東洋医学で「陽」の食べ物を摂る

温活ダイエットで私が参考にしたのは、東洋医学における食事療法の考え方でした。東洋医学では、食べ物に「陰陽」があるそうです。そして、「陽」の食べ物には体を温める作用があるとのこと。

私は体を冷やす「陰」の食べ物を好んで摂っていたので、意識して「陽」の食べ物を摂るようにしました。

身体を温める「陽」の食べ物

Cdab9919b558c74b

温活ダイエットに役立つ「陽」の食べ物には、以下のようなものがあります。

  • 玄米や五穀米
  • そば
  • ライ麦パン
  • ゴボウやニンジンなどの根菜類
  • キノコ類
  • 味噌
  • 精白されていない砂糖(黒糖など)
  • 生姜
  • ナッツ類

これらの食べ物の中でも、体を温めるとして有名なのが、生姜ですよね。生姜紅茶ダイエットなど、いつもの食べ物に少し生姜を加えて体を温めるダイエットは、たびたび話題になります。

ご飯や麺類といった主食系は、真っ白なもの(白米など)は体を冷やすとされています。外食で主食を選ぶときには、色を目安にすると良さそうです。

このほか、地上で太陽の光を浴びて生育するものが「陰」土の中で育つものが「陽」という見分け方もあります。野菜なら、根菜類が「陽」の食べ物となるわけです。

温活ダイエットで作ったレシピ

【温活ごはん】かぼちゃ入りほくほく豚汁

09bb39ea2f287f4f

出典:cookpad.com

材料(4人分)
豚バラ肉 180g
豚汁用水煮(根菜類) 250g
かぼちゃ 100g
ねぎ 適量
油あげ 適量
しめじ、椎茸等 適量
生姜チューブ 5cm
ごま油 適量
800cc
粉末だし 大さじ1
味噌 大さじ2
作り方
①かぼちゃ、油あげ、きのこ、ねぎなどを切る(豚汁用水煮は水洗いすればOK)
②フライパンにごま油と生姜を入れて材料を炒める
③鍋に水と粉末だしを入れ、火が通りにくいものから順に煮ていく
④具材に火が通ったら豚バラ肉も炒めて鍋に投入し、あくをとりながら5分煮込む
⑤火を止めて、味噌を入れて味を調整する
⑥ネギをのせて完成

ネギは、九条ネギを同じようにごま油と生姜で炒めたものをのせるのがおすすめです。

かぼちゃや味噌は、体を温める「陽」の食べ物の代表格。根菜の水煮を使って時間を短縮すれば、夕飯時にもすぐ完成します。

私は、このレシピにサツマイモを皮ごとざく切りにして入れて、それだけで夕飯にすることもありました。ご飯をつけなくても満腹感があります。サツマイモやかぼちゃの甘みが絶妙です。

温活ダイエットに運動をプラス

温活ダイエットの効果を高めるため、手軽にできる運動をプラスしました。その名はずばり、「万歩計つけるだけ運動」です。

万歩計つけるだけ運動

73e6de6caa8aea17

運動が苦手な私には、ジョギングやウォーキング、水泳といった本格的なものは続きそうにありません。しかし、体を温めるためには適度に心拍数を上げて運動することが不可欠です。

そこで、まずは物の試しに万歩計を付けてみました。これが、「万歩計つけるだけ運動」が誕生したきっかけです。

最初は1日2000歩も歩いていなかった私ですが、「今日は3000歩だった!」「昨日より歩いてる!」と結果が目に見えることで、とくに意識しなくても少しずつ歩数が伸びていきました。

歩数を上げるコツ

歩数を上げるために、私は以下の点に気を付けました。

  • エレベーターやエスカレーターを使わず、なるべく階段
  • バス停一つ分歩く
  • スーパーでうろうろする
  • ウインドウショッピングを楽しむ
  • デスクや休憩室ではなくちょっと遠くの公園でお弁当を広げる
  • 一足伸ばしておいしいランチを食べに行く
  • 上の階や下の階のトイレを使う

毎日歩こう歩数計Maipo

Ad3cdeb91331dfb9

出典:itunes.apple.com

歩数を上げるには、無料アプリの万歩計を使うのがおすすめです。たとえば、こちらのアプリなら自分好みのデザインにカスタマイズできるほか、歩数をグラフにしたり、消費カロリーを計算したりすることもできます。

このほか、キャラクターつきのアプリも良いですね。歩数に応じてキャラクターが変化するので、ワクワクしますよ。

温活ダイエットの結果は?

2キロ痩せに成功

温活ダイエットで、体重は2キロ減りました!夫曰く、ぽっちゃりした印象から健康的で引き締まった印象に変わったとのことです。

健康面でのメリットも

私自身は、気になっていた青白い顔色が頬の血色が良くなったことで、改善されたと感じています。また、髪にもツヤが出てきました。体内循環が良くなったためか、便秘も減ってきたようです。

ダイエットだけでなく、健康面でのメリットも多い温活ダイエット。手軽にできるので、気になる方は、ぜひ試してみてくださいね。

この記事のトピック

人気記事