Medium d73717e381ea97a5

腰回りの脂肪吸引をシリンジ法でやってみた。費用や痛みは?

シリンジ法で腰の脂肪吸引に挑戦した体験談を紹介します!体験談が少ないシリンジ法ですが、以前施術を受けたボディジェットと比較しながら、費用・効果・痛み・ダウンタイムなどについてまとめました。施術前の不安や本音も公開。

ライター:タコス  カテゴリー:部分痩せ  投稿日:2017/11/14

シリンジ法の脂肪吸引を選んだ理由

Medium 4dd784bba0a90a64

私は独身時代に、意を決して太ももの脂肪吸引をおこなったことがあります。その後結婚・出産を経て、自分に甘い生活を送るうちに、太もものサイズは元に戻り、妊婦さんのような体型になっていました。

そこで、女性としての魅力を取り戻すべく、数年ぶりに奮起して脂肪吸引を決意しました。

脂肪吸引にも色々な種類がある

以前おこなった脂肪吸引は、ボディジェットという機械を使用するものでした。一方、今回はシリンジ法を実施することにしました。

ボディジェットとシリンジ法には次のような特徴があります。

脂肪吸引法の特徴
ボディジェット 静脈麻酔を使用し、脂肪を機械で吸引する
シリンジ法 注射器を使用し、手動で直接脂肪細胞を吸い出す

静脈麻酔が私には合わず、術後の子育てや仕事との両立ができる方法がいいと考え、脱毛でお世話になっている医院のシリンジ法を試そうと考えたのです。

施術する部位の決め方

シリンジ法で脂肪吸引をおこなうにあたり、「条件」と「カウンセリング」から、施術する部位を決定しました。

私が脂肪吸引でこだわった条件

Medium 80fb3ddba5b8e0f0

私が脂肪吸引をおこなう前提条件として設定していたのは、次の3つです。

  1. 手術後すぐに1歳児の育児に復帰できる
  2. 翌日からのオフィスワークに支障がない
  3. 夫には「絶対に」内緒にできる

自分勝手でわがままな条件ではありますが、この条件を満たす部位を探すことにしました。

決め手はカウンセリングでの医師の一言

費用的な制限がなければ、1度にたくさんすることも可能です。ただ、私が通った医院では1日1か所しか手術はおこなわないという方針があり、吸引部位を1つに絞る必要がありました。

カウンセリング時の私の希望は、前回の脂肪吸引では手をつけていなかった「内太もも」の吸引でした。しかし体のバランスを見た医師から、「1番脂肪がついていてバランスを崩しているのは腰」と断言されてしまいました。

腰の脂肪吸引については想定外だったため、正直「腰?」と動揺しましたが、「脂肪吸引は吸引する脂肪の量だけではなく、見た目のボディバランスが大切」という医師の言葉に納得。腰の吸引を決意しました。

シリンジ法の脂肪吸引いろは

シリンジ法による脂肪吸引の特徴を、術前から術後までまとめてみました。気になる費用や痛みについてもご紹介します。

施術範囲は吸引法によって違いあり

Medium f641e1391eeac164

機械での吸引をおこなう場合、お腹と腰の2部位をまとめて吸引するコースが多いようです。しかし、私が施術を受けた医院では、うつ伏せ状態で手術がおこなわれるため、お尻の少し上の部分の両サイドが「腰」の範囲とされていました。

費用は院によってまちまち

脂肪吸引の費用は施術する医院によります。吸引の手法や使う麻酔によって、だいたい20~60万円と幅があるようです。一方、仕上がりについては手術をおこなう医師の「センス」と言われていて、費用が高ければいいというものではありません。

シリンジ法の場合、麻酔は局所麻酔というところが多く、大がかりな機材や難しい麻酔は一切使用しないため、費用については抑えめです。私が通った医院では、費用は腰のみ25万円ほどでした。ここに諸費用が上乗せされます。

アフターケアとして、インディバやエンダモロジーなどエステによくあるようなコースを受けると、費用は別途必要になります。

手術時間は2~3時間程度

シリンジ法は手動で脂肪を吸引するため、施術する医師の手腕が全てと言われ、短時間でおこなう医院が多いです。私の場合、腰だけの吸引手術で、麻酔スタート時から終了まで2時間ほどでした。事前の契約書へのサインや、吸引部位のマーキングなどを入れると、全体としては3時間くらいかかります。

機械を使って吸引するよりは、吸引時間は長くかかります。個人的に、1度に効率的にたくさんの部位を吸引したい方には、不向きな手法だと思います。

ダウンタイムはほとんどなし

ダウンタイムとは、日常生活をいつも通りに送れるようになるまでにかかる時間のこと。当初の前提条件通り、術後は驚くほどスムーズに日常生活が送れました。直後から1人で歩いて、そのまま息子の保育園にも迎えに行きました。夫に気づかれずにすみそうな、違和感のない状態でした。

痛み自体もほとんどなく、腰という部位だからか、むくみもありませんでした。術後2日目から、赤黒く内出血の跡が目立ちましたが、痛み自体は我慢できる程度です。

内出血は全てとれるまで2週間かかり、赤黒い痛々しい状態から黄色っぽくなり、皮膚が硬く硬直したものの、1か月で何もない状態に戻りました。術度3日目から2週間ほどは、吸引部を押すと筋肉痛のような痛みがありました。

シャワーは3日間NG

Medium 5491dabe39073edb

私が通った医院では、術後3日目からシャワーOK、1週間後の抜糸後から湯船もOKでした。他の医院でも基本的には吸引部、傷口が濡れることは絶対にタブーなので、そこは気をつけなければなりません。

しかし、3日もシャワーに入れないなんてとんでもない!と思った私は、傷を濡らさぬよう頭を洗い、腰を拭いて、下半身は普通にシャワーを浴びていました。2週間を超えたあたりから皮膚の硬直がはじまるため、かがんだりするときに若干皮膚が引っ張られて痛いですが、我慢できる程度です。

圧迫下着が必要

快適なダウンタイム生活を送るために、食料の買い置きや、楽な服装が必要だ、と体験談の書き込みを目にします。はじめてシリンジ法を体験して驚いたのですが、私の場合、正直に言うと何も困ることがなかったです。

しかし、これだけは全体に事前準備が必要だと思ったものがあります。それは、脂肪吸引後に必要な「圧迫」のための下着です。圧迫下着をつけないと、すきまができた脂肪の層の間に線維組織が入り込んでしまい、脂肪吸引の効果が薄まるのだとか。

洗い替えを含めて2~3着は用意しておくべきだと思いましたが、それ以外に必要なものは感じませんでした。

シリンジ法の脂肪吸引の結果と感想

Medium cf614e999638312c

今回は腰(背中のサイド部分)のみの吸引だったので、お腹全体の劇的な変化というのは、残念ながら感じませんでした。

しかし、背中側からみて、くびれはできていたので、寸胴体型からの脱出という意味では効果がありました。筋トレでもくびれは作れたのではないか・・・という思いもありますが、即効性と確実性では、シリンジ法の脂肪吸引がおすすめです。

ただ、私のように子育て・仕事・夫に秘密にするという制約がなければ、迷わず「お腹含めた全周」をおすすめします。腰回りの肉付きが、見た目に分かるほど変化するようです。

シリンジ法はこだわりが強い人におすすめ

麻酔後の恐怖や、ダウンタイム生活の億劫さなど、手術日が近づくにつれキャンセルしてしまいたい!という思いとの葛藤でした。しかし、いざ手術を終えてみると、術後直後から普段と変わりない生活を送ることができていたので、ダメージが少なかったのだと思います。

手作業でおこなわれるシリンジ法での脂肪吸引は、ダウンタイムも辛くなく、手早くきれいなボディラインが手に入れられる方法だと思います。機械式と異なり細かい修正もできるので、「ここをこうしたい」というこだわりが強い人にはおすすめです!

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事